【お知らせ】
11/26(月)より受付終了時間が19:00に変更になります
MENU MENU

ウルトラバイヤー

ウルトラバイヤー

お役立ちコラム 骨董買取

評価の高い加守田章二の陶器は高価買取のチャンス!

評価の高い加守田章二の陶器は高価買取のチャンス!

人間国宝の加守田章二の陶器は高価買取のチャンス!

加守田章二(かもだ しょうじ)の陶器は買取額が高くなる傾向が強くあります。

加守田章二の陶器は買取市場だけでなく、その芸術性の高さから彼の陶器自体への人気が高く、価値も高いので、加守田章二の陶器作品へのファンは多くいます。

加守田章二の陶器

このような加守田章二の陶器は買取市場でも強いのです。

買取面でも人気面でも強い加守田章二の陶器はその価値を、鑑定や査定でしっかり知っておくことをオススメします。

ここではそんな加守田章二の陶器や作品についてご紹介します!

加守田章二と陶器

有名陶芸

昭和後期に活躍した陶芸家の加守田章二は、大阪出身の陶芸家ですが、栃木県益子に昭和34年に移り、その後、岩手県遠野で陶房を開き作陶します。

加守田章二独自の陶器を完成するため、富本憲吉に師事し、宮本憲吉から陶芸の技術を学んで彼の才能は花開きます。

高村光太郎賞を昭和42年に、芸術選奨新人賞を昭和49年に受賞し、加守田章二の陶器は高い評価を受け、有名陶芸家としてその名が知れ渡ります。

加守田章二の陶器は

  • 益子時代(前期)
  • 遠野時代(後期)

の2つに分けて見られることが多くありますが、どの時代の作品も高い評価を受けています。

加守田章二の作風は、伝統的な模様を基調にしつつ、彼独自のデザインが特徴で、加守田章二のファンやコレクターは多くいます。

1976年に日本橋高島屋「加守田章二展」開催し、1977年には栃木県立美術館「栃木県美術の現代」に招待出品します。

1978年、45歳の時に東京のサントリー美術館開催「日本の壺100展」「曲線文壺、銀陶面取壺」を出品し、翌年1979に日本橋高島屋「第10回加守田章二展」を開催しました。

加守田章二の陶器の買取

陶器買取

芸術性が高く評価されている加守田章二の陶器の買取需要はもちろん高く、買取にだせば高価買取を狙えます。

加守田章二の陶器作品や加守田章二の陶器かもと思う作品ををおもちでしたら、骨董品買取業者に鑑定をしてもらい、慎重に売ることをオススメします。

いかがでしたでしょうか?

加守田章二の陶器の価値や買取についてご紹介してまいりましたが、もし加守田章二の陶器や他の骨董品をお持ちでしたらウルトラバイヤーの無料査定をご活用ください!

お手持ちの骨董品の価値を調べてみませんか?

お持ちの骨董品がいったいどのくらいの価値が現在あるのか、一度査定を受けて把握しておくとよいでしょう。

骨董品は、業者によって査定額に差が大きくでます。

買取業者ごとの基準価格の違いも理由の一つですが、もっとも大きな理由は、
「国内にしか販売ルートがない業者」「海外にも販売ルートがある業者」の違いにあります。

世界中の市場から骨董品を一番高く売れる市場に販売ルートをもつ「海外にも販売ルートがある業者」の方が仕入れである骨董品の買取価格を高く設定することができるのです。

複数の骨董品買取専門業者に査定を依頼し、その中から一番高い査定額をだす業者の価格を参考にするとよいです!

ウルトラバイヤーの骨董品買取

ウルトラバイヤーは、

・幅広い海外販路
・骨董品のプロの鑑定士が査定
・他店で断られた骨董品も幅広く買取

安心して骨董品の買取をお任せいただけます!

骨董品買取市場の相場価格より

平均10~30%高い価格

で、どこよりも高く買取させて頂きます!

「査定だけ」

でも大歓迎!

短時間でできる「簡単査定」を多くご準備してお待ちしています!

まずは、オンライン無料査定をどうぞ!!

ウルトラバイヤーにしかない3つのサービスウルトラバイヤーにしかない3つのサービス

新着コラム

失敗しない食器の選び方

食器ブランドで有名なものと買取について6つ厳選してご紹介!

京焼の種類と買取価格相場をご紹介!

備前焼の代表的な種類とその買取価格について

有名な美濃焼の種類や買取価格について

鍋島焼の種類や買取価格について知ろう!

伊万里焼の種類や買取価格情報を公開!

有田焼の種類や買取価格について

ミントンの食器の種類と買取についてプロがわかりやすく解説!

ヘレンドの種類と買取についてプロが解説!

ページTOPへ

Copyright © ウルトラバイヤー All Rights Reserved.