MENU MENU

ウルトラバイヤー

ウルトラバイヤー

お役立ちコラム 着物買取

着物を右前で着る理由と忘れない覚え方!

着物を右前にするのはなぜかプロがわかりやすく解説!!

着物を右前にするのはなぜかプロがわかりやすく解説!!

着物は右前で着るものですが、なぜ着物を右前で着るのか、また右前と左前をゴッチャにしない覚え方をここではご紹介いたします!

着物を右前で着る

右前で着る

着物を着るときは、地衿(じえり)や衿先(えりさき)をもって身体に合わせます。

着付ける際に、下になる右手に持っている身頃が「下前」になり、着付ける際に上になる左手に持っている身頃が「上前」となります。

地衿と衿先に続く、右手に持っている下前を先に合わせる着方が「右前」で、画像で見ると、着物を着用している人の身体側にある身頃が「下前」になります。

着物を左前で着る

「経帷子(きょうかたびら)」と仏教で呼ばれる着物(死装束)で、亡くなった方に着せる着物の着付けが「左前」で、一般の着物とは、仕立ても違う方法で制作されます。

経帷子(きょうかたびら)

ハサミで布を切らずに布を引きちぎることや、玉留めも返し縫いもなしで縫うなど決まりがあります。

経帷子の衿の合わせは左前ですし、もし、着物を間違えて左前に着ると、死者に着せる死装束になってしまうのです。

帯も、一般の着物は帯端が巻いた帯に横向きに並行になりますが、経帷子は結び目から出る帯端が縦結びに垂直になるように結びます。

着物は右前がマナー

前述の通り、左前は死装束になるので、左前で着物は着用できません

もし、間違うと恥をかきますので注意しましょう!

覚え方としては、「左は死装束」とだけ覚えておけば間違うことがありせん。

男性の着物の合わせは?

男性の着物

洋服が当たり前の現代で、洋服では女性の襟合わせと男性の襟合わせが違うのは多くの方が知っていると思います。

このことから、男性の着物も女性と着方が違うのではと思われるかもしれませんが、着物の場合、男性も女性と合わせは同じで、左右は変わりません。

女性は、洋服と着物で合わせが逆なので、混乱しやすいですが、男性は洋服も着物も「右側」と覚えるとよいです。

浴衣と着物の合わせは?

祭りや花火大会などで、今ではよく着られる浴衣ですが、浴衣はもともと風呂上がりに着るもので寝間着に違いものでした。

そんな浴衣ですが、これも和装の一部なので右前で着用します




いかがでしたか。
ウルトラバイヤーは取扱アイテムが多数ございますので、ご自宅にあるご不要品をまとめて査定いたします。
無料査定には、都合に合わせてまとめて送れる「宅配買取」がおすすめです。 買取はまとめて送るのが高価買取の秘訣です!

手軽で簡単一番人気!!ウルトラバイヤーの宅配買取

お手持ちの着物の価値を調べてみませんか?

お持ちの着物がいったいどのくらいの価値が現在あるのか、一度査定を受けて把握しておくとよいでしょう。買取業者によって査定額に差が大きくでます。

買取業者ごとの基準価格の違いも理由の一つですが、もっとも大きな理由は、「国内にしか販売ルートがない業者」「海外にも販売ルートがある業者」の違いにあります。

世界中の市場から着物を一番高く売れる市場に販売ルートをもつ「海外にも販売ルートがある業者」の方が仕入れである着物の買取価格を高く設定することができるのです。

複数の買取専門業者に査定を依頼し、その中から一番高い査定額をだす業者の価格を参考にするとよいでしょう!

ウルトラバイヤーの着物買取

ウルトラバイヤーは、
・幅広い海外販路
・業界トップクラスの取扱品目
・お客さま負担0円の無料査定
安心してさまざまな商材の買取をお任せいただけます!
「査定だけ」 でも大歓迎! 多様な査定方法をご用意しておりますので、ご都合に合わせて選んでいただけます。
取扱品目の多さが自慢のウルトラバイヤーなら、様々なアイテムをまとめてまるっと買取ます。 「湿気防止」「カビ防止」「虫防止」の徹底!「湿気防止」「カビ防止」「虫防止」の徹底!
ウルトラバイヤーにしかない3つのサービスウルトラバイヤーにしかない3つのサービス
・ウルトラバイヤーでは、浴衣・男性着物・和装小物の買取は行っておりません。

・ご依頼いただきました商品のトータル査定額が基準に満たない場合、持込買取のみの対応とさせて頂く場合がございます。大変申し訳ございませんがご了承ください。
新着コラム

グッチ・ホースビットの買取査定情報を公開!

プロが教えるグッチミスGGと買取査定!

グッチ・グッチニースの買取査定について知ろう!

知って得するエルメス・フールビと買取査定情報!

エルメス・マキシボックスと買取査定についてプロが解説!

ヴィンテージシャネルと買取査定のポイントを知ろう!

シャネル・スポーツと買取査定のコツを知る!

プロが教えるルイヴィトン・ヴェローナと買取査定のコツ

ルイヴィトン・マヒナとその買取のポイントをプロが解説!

ブルガリ・ペンダントの買取査定のポイントを伝授!

ページTOPへ

Copyright © ウルトラバイヤー All Rights Reserved.