MENU MENU

ウルトラバイヤー

ウルトラバイヤー

お役立ちコラム 古銭買取

旧500円玉は価値があるか

旧500円玉は価値について知っておきたい基礎知識

旧500円玉は価値について知っておきたい基礎知識

旧500円玉は、昭和57年から発行が開始された硬貨で、平成12年に発行が始まった今の2代目の500円硬貨より前のものを指します。

旧500円玉の価値

昭和57年~平成11年までの間に発行されたのが、旧500円玉となりますが、その側面には

◆ NIPPON ◆ 500 ◆

と刻印がされており、昭和62年からは、表面を鏡面仕上げしたプルーフ硬貨も発行されました。

ウルトラバイヤーでは、戦後の貨幣について「完全未使用品」以外の買取は行っておりません。ご了承ください。

キズや摩耗の進んだ「並品」や、キズや摩耗があっても元の状態の「美品」でも、額面以上の価値がつくのは、発行枚数の少ない昭和62年、64年のものです。

製造年 製造枚数
昭和62年 約277万枚
昭和64年 約1,604万枚

古銭を売るなら知っておくべきポイント

高温多湿の場所に置いておくと、劣化や変色の原因になります。

コレクション用のケース等にに入れるなどし、できるだけ素手で触れない、空気に触れさせないようにしましょう。

硬貨は洗う必要はありません。

素人が洗うと傷が入ったりして逆に価値を落としかねません。

そのままの状態を保てるようにしましょう!

紙幣は折れ目があったり、汚れていたりすると、買取の際に極端に価値が下がる場合があります。

額などに入れて、できるだけ綺麗に保管しましょう!




いかがでしたか。
ウルトラバイヤーは取扱アイテムが多数ございますので、ご自宅にあるご不要品をまとめて査定いたします。
無料査定には、都合に合わせてまとめて送れる「宅配買取」がおすすめです。 買取はまとめて送るのが高価買取の秘訣です!

手軽で簡単一番人気!!ウルトラバイヤーの宅配買取

お手持ちの古銭の価値を調べてみませんか?

お持ちの古銭がいったいどのくらいの価値が現在あるのか、一度査定を受けて把握しておくとよいでしょう。買取業者によって査定額に差が大きくでます。

買取業者ごとの基準価格の違いも理由の一つですが、もっとも大きな理由は、「国内にしか販売ルートがない業者」「海外にも販売ルートがある業者」の違いにあります。

世界中の市場から古銭を一番高く売れる市場に販売ルートをもつ「海外にも販売ルートがある業者」の方が仕入れである古銭の買取価格を高く設定することができるのです。

複数の買取専門業者に査定を依頼し、その中から一番高い査定額をだす業者の価格を参考にするとよいでしょう!

ウルトラバイヤーの古銭買取

ウルトラバイヤーは、
・幅広い海外販路
・業界トップクラスの取扱品目
・お客さま負担0円の無料査定
安心してさまざまな商材の買取をお任せいただけます!
「査定だけ」 でも大歓迎! 多様な査定方法をご用意しておりますので、ご都合に合わせて選んでいただけます。
取扱品目の多さが自慢のウルトラバイヤーなら、様々なアイテムをまとめてまるっと買取ます。 ウルトラバイヤーにしかない3つのサービスウルトラバイヤーにしかない3つのサービス
・額面通りの査定額となる硬貨や紙幣また使用済みの戦後貨幣(エラー貨幣を除く)の買取は行っておりません。

・江戸時代の古銭は、場合によっては鑑定書が必要となる場合がございますので、ご依頼前にお問い合わせください。

・ご依頼いただきました商品のトータル査定額が基準に満たない場合、持込買取のみの対応とさせて頂く場合がございます。大変申し訳ございませんがご了承ください。
新着コラム

グッチ・ホースビットの買取査定情報を公開!

プロが教えるグッチミスGGと買取査定!

グッチ・グッチニースの買取査定について知ろう!

知って得するエルメス・フールビと買取査定情報!

エルメス・マキシボックスと買取査定についてプロが解説!

ヴィンテージシャネルと買取査定のポイントを知ろう!

シャネル・スポーツと買取査定のコツを知る!

プロが教えるルイヴィトン・ヴェローナと買取査定のコツ

ルイヴィトン・マヒナとその買取のポイントをプロが解説!

ブルガリ・ペンダントの買取査定のポイントを伝授!

ページTOPへ

Copyright © ウルトラバイヤー All Rights Reserved.