【年末年始について】
12/29~1/3まで誠に勝手ながら年末年始休業とさせていただきます。新年は1/4より通常通り営業いたします。何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。
MENU MENU

ウルトラバイヤー

ウルトラバイヤー

お役立ちコラム 貴金属買取

プラチナコインのアクセサリーの買取について

人気のプラチナコインのアクセサリーの買取に関する基礎知識

人気のプラチナコインのアクセサリーの買取に関する基礎知識

プラチナコインのアクセサリーの買取が注目を集めています。

プラチナコインのアクセサリーと聞いてもピンとこないかもしれませんが、プラチナコインとは純度99.95%のプラチナで製造したコインのことです。

ここでは、人気急上昇中のプラチナコインと買取のコツをご紹介します。

プラチナコインはアクセサリーとして人気

プラチナコイン

プラチナコインはアメリカやカナダ、オーストラリアなどで製造され、基本的に純度99.95%のプラチナコインで製造されていて、その高い純度から資産として重宝されています。

プラチナは金融商品扱いで常に市場で取引され、日々価格が変動しますが、投資用に貴金属を購入する際に金よりプラチナの方が値段が安いことが多いので、敷居の低さからも人気です。

プラチナを投資用で購入する人の多くがインゴットをイメージされますが、インゴットよりプラチナコインのほうが保管が楽で、コインとしてコレクション要素も高くなります。

この点からアクセサリーでもプラチナコインは人気なのです。

プラチナとホワイトゴールドの見分け方

プラチナは漢字では白金ですが、そのまま英語にしてホワイトゴールドと勘違いしている人がいます。

しかし、プラチナとホワイトゴールドは完全に別物です。

ホワイトゴールドの特徴

ホワイトゴールドコイン

ホワイトゴールドは金で、純金は黄金色ですが、これにパラジウムや銀など白色の貴金属を混合させて色調を調整します。

また、これだけではさほど白くはならないので、金を加工してからロジウムという金属をメッキとして金に塗り、ホワイトゴールドの輝きを作り出します。

プラチナの特徴

プラチナ

プラチナはPtという金属で、ホワイトゴールドに色合いが似ていますが、純プラチナは完全な白でなく、少し黒みがかった色合いです。

それにパラジウムなど金属を混合して白くして、その上にロジウムを塗って光沢をだして美しくします。

どちらもメッキを塗っていて、色合いが似ていますが、別物なのです。

大きく違うプラチナとホワイトゴールド

もともとの色が黄金色と白金色で違うので、メッキがはがれるとその違いが大きく出ます。

メッキはいずれはがれますが、その際に金は元の色が黄色いので、はがれると、とても目立ちます。

プラチナは元色がメッキ色と同系色でそこまで目立たないという点で二つには大きな違いがでます。

プラチナコインの種類

世界の造幣局で製造されるプラチナコインは、その製造場所でデザインが違い、葉のマークや鳥のマーク、女王のマークなど色々あり、集めるのが楽しくなります。

プラチナイーグルコイン

プラチナイーグルコイン

アメリカで製造される法定通貨のプラチナイーグルコインは、表にアメリカのシンボルマークの自由の女神、裏に国鳥の白頭鷲が描かれています。

純度は99.95%で、貴重なので今は販売していないお店もあるようです。

プラチナメープルリーフコイン

プラチナメープルリーフコイン

カナダ王室造幣局が発行する白金貨がプラチナメープルリーフコインはです。

カナダはプラチナの産出量ベスト5を誇るほど、プラチナコインを製造しやすい環境で、デザインは表面に英国のエリザベス2世の横顔、裏面はかえでの葉が描かれています。

1/10トロイオンス、1/4トロイオンス、1/2トロイオンス、1トロイオンスの4種類があります。

プラチナコインの買取

プラチナコインは希少性の高さから投資的価値もあり、デザイン性も高いので高価買取してもらえる可能性が大です。

しかし、その際に注意する点があります。

タイミングを計る

プラチナは金融商品で、日々の取引で価格は常に変動しています。

また、産業用需要が高く相場価格は景気と密接に関係しているので、プラチナコインを売るのであれば景気の動向をよくチェックしましょう。

リサイクルショップで買取しない

プラチナの買取は、リサイクルショップではなく貴金属専門買取業者に依頼するのがベストです。

リサイクルショップは様々な不用品を一括して買取りしてくれますが、取扱商品が多すぎて、プラチナ買取の専門家はほとんどいません

またプラチナには他金属が混ざっていることが多く、合金でプラチナを買取に出す際は、混合されている金属も買取の対象になります。

混合金属が複数あるケースでは、何がどれ割合で混合されているか知る必要があり、この作業を正確に行えるのはプラチナ買取のプロだけです。

ですので、プラチナの買取りは貴金属専門買取業者が一番高く買取してもらいやすい、となるのです。

いかがでしたでしょうか?

プラチナの高価買取のコツをご紹介してまいりましたが、もしプラチナやジュエリー、他に貴金属をお持ちでしたら、今の価値を調べてみてはいかがですか?

お手持ちの貴金属の価値を調べてみませんか?

お持ちの貴金属がいったいどのくらいの価値が現在あるのか、一度査定を受けて把握しておくとよいでしょう。

貴金属は業者によって査定額に差が大きくでます。

買取業者ごとの基準価格の違いも理由の一つですが、もっとも大きな理由は、

「国内にしか販売ルートがない業者」「海外にも販売ルートがある業者」の違いにあります。

世界中の市場から貴金属を一番高く売れる市場に販売ルートをもつ「海外にも販売ルートがある業者」の方が仕入れである貴金属の買取価格を高く設定することができるのです。

複数の貴金属買取専門業者に査定を依頼し、その中からその中から一番高い査定額をだす業者の価格を参考にするとよいです!

ウルトラバイヤーの貴金属買取

ウルトラバイヤーは、

・幅広い海外販路
・貴金属のプロの鑑定士が査定
・他店で断られた貴金属もOK!

安心して貴金属の買取をお任せください!

貴金属の買取市場の相場価格より

平均10~30%高い価格

で、どこよりも高く買取させて頂きます!

「査定だけ」

でも大歓迎!

短時間でできる「簡単査定」を多くご準備してお待ちしています!

まずは、オンライン無料査定をどうぞ!!

ウルトラバイヤーにしかない3つのサービスウルトラバイヤーにしかない3つのサービス

新着コラム

1960年代の切手の買取価値

1970年代の切手の買取価値

A4サイズの封筒の切手の値段をご紹介!

上野街子の着物の買取価値

疋田絞り(ひったしぼり)の買取価値

大島紬の買取価値

蝶文庫の買取価値

ノーブランド着物の買取価値

着物の格の見分け方

山繭紬(やままゆつむぎ)の買取価値

ページTOPへ

Copyright © ウルトラバイヤー All Rights Reserved.