MENU MENU

ウルトラバイヤー

ウルトラバイヤー

買取アイテム ブルーダイヤモンド

ブルーダイヤモンド

買取にブラックダイヤモンドをだすなら任せて安心のウルトラバイヤー!

買取でブルーダイヤモンドは高くなりやすい!高価買取を狙えるブルーダイヤモンドはウルトラバイヤーまで!

ブルーダイヤモンドの買取ブルーダイヤモンドの買取

ブルーダイヤモンドの買取はその価値から買取額が高くなっています。

ブルーダイヤモンドの買取は、価値が高いもので1カラット1億円を超える価格で取引されたりもします。

ブルーダイヤモンドは、カラーダイヤモンドでもっとも買取額も価値も高いとされるレッドダイヤと並ぶほど貴重で、入手困難なダイヤです。

欧米で青色は幸運を呼ぶともされる背景からも、ブルーダイヤモンドの買取価格や価値はさらに高まっているのかもしれません。

ただ、買取価値が高いのは「天然」ブルーダイヤモンドで、人口処理で青味を加えたダイヤは、特別な価値はなく、通常のダイヤモンドと同程度の買取価格で取引されます。

ブルーダイヤモンドは、ダイヤに含まれるホウ素という成分による美しい青色が特徴ですが、ダイヤの結晶内に、偶然的にホウ素が含まれると天然の価値が高いブルーダイヤモンドになります。

ダイヤモンドは地中奥深くで結晶し、周囲にホウ素が存在するのは少なく、加工処理がない天然のブルーダイヤモンドは稀なのです。

ブルーダイヤモンドの持つ意味

ブルーダイヤモンドは、知性を高め、持つ人の心を浄化する働きがあり、ネガティブな気持ちや感情をクリアにし、物事を多方面から捕えることができるように、という願いが込められています。

ブルーダイヤモンドを、ネックレスやブレスレット、リングやピアスでつければ、知力をあげ、物事をスムーズに解決するようになるでしょう。

ブルーダイヤの意味

婚約指輪にもよく選ばれ、結婚指輪にブルーダイヤをペアリングで購入する方や年配の方が銀婚式や銀婚式にパートナーにプレゼントする宝石としても人気が高いダイヤモンドで買取額た高いのもうなずけます。

落ち着きがあり、ファッション性も高いブルーダイヤはペンダントでつけると、第二の人生を幸せに送れると信じられ、失敗があっても、再度歩んでいこうという活力とパワーを与えてくれます。

ブルーダイヤモンドを指輪としても、フォーマルなシーンでもプライベートの普段使いにも、その存在感がさりげないオシャレを演出してくれます。

ブルーダイヤモンドの買取相場

買取相場の高いブルーダイヤ

ブルーダイヤモンドは、カラーダイヤモンドの中でも大変特別な存在であるされ、歴史に名を刻むブルーダイヤモンドも多数発掘されてきました。

ブルーダイヤモンドは、生成される際に、ダイヤモンド内にホウ素が入り込むことでできるといわれていますが、ダイヤモンドが結晶化する地中奥深くには、ホウ素はほぼないと言われています。

その状況で、ホウ素を含んだブルーダイヤができるのは奇跡で、綺麗な色合いを持つブルーダイヤモンドは特別な価値があり買取額も高くなります。

そのため、ブルーダイヤモンドはカラーダイヤの中でも買取相場が高く、綺麗なものであれば1カラット数百万の買取価格にもなります。

市場にでると、すぐに高額で買取されるので、普通のショップでブルーダイヤモンドを見る機会は少ないといえます。

ブルーダイヤモンドでもっと高額なもので、1カラット2億円の値がついたものもあります。

希少価値や買取額も高く、輝きが類まれなる美しさのブルーダイヤモンドは、近年鉱山の発掘が進むオーストラリアでも注目されています。

ホープダイヤモンドの歴史

ホープダイヤモンドは、呪いの石と呼ばれる世界最大のブルーダイヤモンドで、映画タイタニックでも、ホープダイヤモンドを模様したものが登場しています。

しかし、ホープダイヤモンドを所有してきた所持者が、不運な死を遂げているので、呪いの石と呼ばれるようになりました。

ルイ14世もホープダイヤモンド所持者でしたが、ルイ14世がホープダイヤモンドを所有し始めてフランスが衰退し、フランス革命が起きました。

息子のルイ15世は天然痘で死亡したり、ホープダイヤモンドを受け継いだルイ16世、妻のマリーアントワネットは、フランス革命で処刑されています。

呪いの石

その後のホープダイヤモンド所持者も全員不幸にみまわれ、世界最大のブルーダイヤモンドは呪いの石とされたのです。

転売に何度もかけられましたが、アメリカの宝石商、ハリーウィンストンが所有したことは広く知られています。

多くの人を渡り歩いた後、1958年にスミソニアンの自然史博物館に寄贈され、今もホープダイヤモンドはそこで保管されています。

ターコイズ鉱山で採掘される天然ブルーダイヤモンド

アメリカのネバダ州にあるブルーダイヤモンドターコイズ鉱山(1950年代後半~1980年)は、とても硬く薄い色合いの青いターコイズから濃い色合いの青いターコイズを産出したことで知られています。

この鉱山のターコイズは、大きな塊で地層から発見され、これは、ターコイズとしては珍しく、鮮やかな発色を持つ青色に囲まれる曇った模様が特徴的でした。

ターコイズ

黒い模様が必ず入るブルーダイヤモンドターコイズは、ストーミーマウンテン ターコイズに類似する青と黒が渦を巻くようにマトリックスがあるのも特徴でした。

ブルーダイヤモンド原石のような美しさから、ここで採れるターコイズをブルーダイヤモンドターコイズと呼ぶようになり、天然のブルーダイヤモンドが採掘されるターコイズ鉱山のようだと注目を集めました。

この鉱山で採掘されるターコイズは、母岩が硬度にバラつきがあり、カットに非常に高い技術が必要で、産出量が少なかったことから、帽子に入るほどしか採掘されないという意味で、ハットマインと呼ばれたこともあります。

いかがでしたでしょうか?

ブルーダイヤモンドの買取や価値についてご紹介してまいりましたが、もしダイヤモンドをお持ちでしたら、今の価値を調べてみてはいかがですか?

お手持ちのダイヤモンドの価値を調べてみませんか?

お持ちのダイヤモンドがいったいどのくらいの価値が現在あるのか、一度査定を受けて把握しておくとよいでしょう。

ダイヤモンドは、業者によって査定額に差が大きくでます。

買取業者ごとの基準価格の違いも理由の一つですが、もっとも大きな理由は、

「国内にしか販売ルートがない業者」「海外にも販売ルートがある業者」の違いにあります。

世界中の市場から宝石を一番高く売れる市場に販売ルートをもつ「海外にも販売ルートがある業者」の方が仕入れであるダイヤモンドの買取価格を高く設定することができるのです。

複数の宝石買取専門業者に査定を依頼し、その中から一番高い査定額をだす業者の価格を参考にするとよいです!

ウルトラバイヤーのダイヤモンド買取

・幅広い海外販路
・ダイヤモンドのプロの鑑定士が査定
・他店で断られたダイヤモンドも幅広く買取

安心してダイヤモンドの買取をお任せいただけます!

ダイヤモンド買取市場の相場価格より

平均10~30%高い価格

で、どこよりも高く買取させて頂きます!

「査定だけ」

でも大歓迎!

短時間でできる「簡単査定」を多くご準備してお待ちしています!

まずは、オンライン無料査定をどうぞ!!

ウルトラバイヤーにしかない3つのサービスウルトラバイヤーにしかない3つのサービス

お客様の声

買取アイテム一覧

コラムランキング

ページTOPへ

Copyright © ウルトラバイヤー All Rights Reserved.