MENU MENU

ウルトラバイヤー

ウルトラバイヤー

買取アイテム ケシ真珠

ケシ真珠

ケシ真珠は買取が高い!ウルトラバイヤーの高価買取にお任せ!

ケシ真珠の買取ケシ真珠の買取

ケシ真珠の買取は高くなりやすく、品によってはかなりの買取額がケシ真珠につくこともあります。

ケシ真珠とは無核真珠の総称で、ケシの実に似ているところからケシ真珠と名前がつきました。

ケシは貝に砂など異物が偶然入り、偶然の産物でできる貴重なもので、貝の種類で、アコヤケシなどと呼びます。

淡水真珠と間違えられがちですが、海で養殖する真珠の副産物といえるケシ真珠の採集量は養殖真珠の1-2%位と希少価値が高いものです。

核がなく、大半が真珠層なので、形・色・サイズは一つ一つ違い、同じもの2つとはありません。

アコヤ本真珠(和珠)

アコヤ本真珠

もっとも代表的な真珠で古事記や日本書紀にも登場するほどです。

真珠と聞いて多くの人が頭に思い浮かべるのものは、アコヤ真珠でしょう。

日本で今、養殖される大半の真珠はアコヤ真珠で、母貝自体が手のひらくらいの大きさで、真珠も約2mm~約10mmと大きいとはいえません。

真珠の色は

  • ホワイトピンク系
  • ホワイトグリーン系
  • クリーム系
  • ゴールド系

などが中心となります。

形は貝の性格上、きめ細かい結晶を分泌して他の真珠より丸くなる率が高いとされています。

アコヤ真珠については下記で詳細を説明していますので、ご参考にされてください。

あこや本真珠の買取のことならウルトラバイヤーに任せて安心!

黒真珠

黒蝶真珠は、南太平洋のタヒチ島で生産される、クロチョウガイを母貝とした真珠です。

黒蝶真珠は、クロチョウガイと呼ばれる貝から産出されることから、クロチョウ真珠と呼ばれ、海水の温度が24~29度くらいの温暖な海域を好んで生息します。

ネックレス

4~5年で15cmくらいの大きさになり、中には30cmを超えることもある大きな二枚貝です。

世界に流通する95%以上の黒蝶真珠の生産はタヒチの養殖で、「黒真珠」「タヒチアンパール」として親しまれております。

*黒真珠と呼ばれるものには、アコヤ真珠を黒く染めたものを指すこともあります。

タヒチ産の黒蝶真珠は、母貝の黒蝶貝が活発な内蔵運動をすることで核が母貝内で動き色々な形になります。

このことから、活発な黒蝶貝から採れるラウンドの黒蝶真珠は買取価格も評価も高くなります。

また、バロックでも無核真珠のケシは唯一無二の形なので、不形成な形でも評価や買取価格が高いのも特徴です。

パールの形とその価値

バロック系

バロック系

★☆☆

不形成な形はバロック系と呼ばれ、評価は低いですが、無核真珠のケシは、高評価になる場合があります。

サークル系

サークル系

★★☆☆

同心円状に線模様が入った形状をサークル系と呼びます。

セミラウンド系

セミラウンド系

★★★☆

楕円に似た形や、少しつぶれたような形状はセミラウンド系と呼び、ラウンド系のつぐ評価になります。

ラウンド系

ラウンド系

★★★★

まん丸の形で、真円に近いほど、形の評価が高くなります。

パールの買取相場を決めるポイント

パールといっても、種類が豊富で、その種類で買取相場も違います。

買取相場の高くなるポイントの例をいくつか挙げると、

■サイズ

直系が9mmを超えるパールはなかなか採取されず、希少性も高く直径10mmオーバーのパールは買取相場が非常に高くなります。

■形

一般的にラウンド型のパールの需要がもっとも大きく、真円形に近いものほど買取相場は高くなる傾向にあります。

最近はドロップ型など、特徴的な形の真珠も人気があります。

■テリ

パール特有の光沢はテリと呼ばれ、真珠層の厚さ・均一性・透明度などでこのテリの評価は大きく違い、買取価格も変わります。

■カラー

多くのカラーがありますが、それぞれのカラーの需要は違います。

もっとも買取額が高い黒蝶真珠はピーコックカラーで、アコヤならピンクに近いホワイトが人気で、一般的にゴールドやピンクは希少価値も高く高価買取も期待できます。

いかがでしたでしょうか?

ケシ真珠の買取やその価値についてご紹介してまいりましたが、もしパールをお持ちでしたら今の価値を調べてみてはいかがですか?

ウルトラバイヤーの宝石買取

ウルトラバイヤーは、
・幅広い海外販路
・業界トップクラスの取扱品目
・お客さま負担0円の無料査定
安心してさまざまな商材の買取をお任せいただけます!
「査定だけ」 でも大歓迎! 多様な査定方法をご用意しておりますので、ご都合に合わせて選んでいただけます。
取扱品目の多さが自慢のウルトラバイヤーなら、まとめてまるっと買取ます。

■ 高価買取になるための、正しい「宝石」の保管方法!

1. 「着けたら拭く」を習慣にしましょう!
宝石は着けた後は必ず、シリコンクロス等の布でよく拭き、宝石箱にしまうように習慣づけましょう。

2.個別/仕切りがついたケースに保存しましょう!
宝石が貴金属や他の宝石など硬いものとぶつからないように、個別、または仕切りのある宝石箱か、個別にポーチに入れておきましょう。

3.お化粧が終わってから着けましょう!
香水やヘアスプレー、除光液が付くのを防ぎましょう。

4.不必要な時は外しましょう。
酢や果物の汁がつきそうな食事の際、温泉に入る際、塩素系洗剤を使用する際は外しておきましょう。

5.宝石箱やケースを保管する場所に注意しましょう!
直接日光が当る場所、湿度の高い場所、防虫剤が入っている場所には置かないようにし、通気性の良い場所に保管しましょう。

6.鑑別書をなくさないように保管しましょう。
買取の際に鑑別書のある/なしは違ってきますので、なくさないようにしましょう。

ウルトラバイヤーにしかない3つのサービスウルトラバイヤーにしかない3つのサービス

お客様の声

買取アイテム一覧

コラムランキング

ページTOPへ

Copyright © ウルトラバイヤー All Rights Reserved.