古銭・古紙幣買取なら
まとめるほどお得な
「うるココ」へ

選べる4つの無料査定 選べる4つの買取
コラム

旧千円札(夏目漱石のお札)には価値がある?高く売るコツも解説

旧千円札 夏目漱石 お札

「旧千円札を見つけたけれど、交換できるの?」

「もしかしたら価値があって売れるかもしれない」

旧千円札を見つけたはいいけれど、紙幣に関する知識がなく、価値があるのかわからない人も多いのではないでしょうか。

結論からお伝えすると、旧千円札などの古いお札を見つけたときは、買取業者で査定してもらうことをおすすめします。

銀行で交換してもらったり、ネットオークションやフリマサイトを利用したりするした買取もできますが、正確な価値で買取してもらえず損をしてしまうかもしれません。

この記事では、

  • 旧千円札で高い価値が付くもの
  • 旧千円札を交換するにはどこがいいのか
  • 旧千円札の価値を高めるコツ

を紹介しています。

最後までこの記事を読むと「旧千円札とは何か」「どんな旧千円札に高い価値が付くか」「旧千円札を交換するにはどこがお得なのか」がわかります。

そして、あなたが見つけた旧千円札が、思った以上の高額な買取金額になるかもしれません。この機会に一緒に確認していきましょう。

目次

夏目漱石の旧千円札とは

夏目漱石の旧千円札とは昭和59年11月から発行されていた、日本銀行券の千円札「D号券」のことをいいます。特徴は以下の通りです。

  • 視覚障害用の識別マークがある
  • 発行枚数が多い

初期の記番号は「黒色」で印刷されていましたが、発行枚数が129億6千万枚を超え発行し、記番号が一巡します。その後、平成2年の11月発行分からは、記番号の色が「黒色」から「青色」に変わりました。

さらに「褐色」「暗緑色(大蔵省銘)」「暗緑色(財務省銘)」「暗緑色(国立銘)」と記番号の色を変えています。

夏目漱石とは

夏目漱石は日本の教師、小説家や俳人として、明治末期から大正初期まで活躍した人物のこと。現代の書き言葉を作った、日本が誇る作家のひとり1人です。

代表作は「吾輩は猫である」「坊ちゃん」「こころ」などで、教科書に掲載される作品もあり、現代にも浸透しています。

夏目漱石は49歳という若さで亡くなりましたが、原因は胃潰瘍が再発し、内出血を起こしたからといわれています。数々の名作を世に送り出し、今でも子どもから大人まで愛されています。

夏目漱石のお札はいつまで発行されていたのか

夏目漱石の旧千円札は、昭和59年から平成19年の4月までの長い間、発行されていました。

129億6千枚と数多くの紙幣が発行されたため「千円札といえば夏目漱石」というイメージを持つ方も多いのではないでしょうか。

なお、古いお札は金融機関を介して日本銀行で廃棄されます。新デザインのお札が発行されると、新札に入れ替えるべく政府が各機関に働きかけるのです。そのため、夏目漱石の千円札は流通量が年々減っていき、価値が高くなる可能性があります。

夏目漱石のお札は今も使える?

夏目漱石の旧千円札は法令上、問題なく今でも使えます。

しかし、一部コンビニエンスストアの店舗では、セルフレジや自動釣銭機、マルチコピーなどでは識別されずエラーで返ってきてしまいます。

もし、使いたい場合は自動釣銭機ではなく、手動レジを利用するといいでしょう。自動釣銭機のみの店舗だった場合は、旧千円札が使えるかどうか、事前にお店の人に聞いてみましょう。

夏目漱石の旧千円札で高い価値がつくもの

夏目漱石の千円札は法令上、今でも使える「現行紙幣」です。発行停止から10年以上経っているものの、紙幣の歴史からすると比較的最近の出来事のため、高い価値がつく可能性は低いです。

しかし、中には高い価値と判断される紙幣も存在します。高い価値がつくものは、以下の3つです。

  • エラー紙幣
  • 帯付きの紙幣
  • 珍番号の紙幣

旧千円札は基本的に付加価値はつかないものの、ごく稀に希少価値の高いものもあります。自宅にある旧千円札が該当するか、一緒にみていきましょう。

エラー紙幣

エラー紙幣とは、製造の過程でミスが起こったけれど、検査を通過して発行されてしまった紙幣のことです。大きく分けて以下4つの事例があります。

印刷ミス絵柄の一部が空白だったり、欠けていたりしている状態
印刷ズレ裁断ミスにより絵柄がズレていたり、重なって印刷されている状態
裏写り紙幣の裏側に印刷されるはずのデザインが、表側に印刷されてしまった状態
耳付き紙幣の角が綺麗にカットされず、余分な紙が残っている状態

エラー紙幣は、今の紙幣でも額面の100倍以上の価値があるといわれています。また、エラーの程度によっては希少価値と判断され、より高価買取が実現するかもしれません。

帯付き

帯付きは、100枚の束が番号順になっているので、それだけで未使用の証明になり、高い価値がつくといわれています。帯から外し1枚ずつ買取に出してしまうと、価値は低くなるため自宅に帯付き100枚束を見つけた場合は、自身で判断せずに専門業者にみてもらいましょう。

また100枚の束の中に、後ほど説明する「ゾロ目」や「階段」などの珍番号の紙幣が入っていると、さらに高額で買取してもらえます。

珍番号

紙幣には6桁の数字とアルファベットの製造番号があります。縁起がよさそうな製造番号ばかりで見つけてみたくなりますね。珍番号とは、以下4つのことを指します。

ゾロ目「111111」「222222」の6桁の数字がすべて同じ
サンドイッチ「122221」「300003」の最初と最後が同じ数字
キリのいい番号「100000」「200000」の区切りのよい数字
123456の階段「123456」の順番に並んでいる数字

この他にも、その紙幣の最初の記番号で、

「A-A券(トップ番号)」といわれる「A000001A」。

また、最後の記番号の

「ZZ-Z券(ラスト番号)」という「ZZ900000Z」は、価値が高いそうです。

夏目漱石の旧千円札を交換するには

では、夏目漱石の旧千円札はどんな場所で交換できるのでしょう。

主な交換場所は以下の4つです。

  • 銀行
  • リサイクルショップ
  • フリマ・ネットオークション
  • 買取業者

その中でも一番のおすすめは、プロの鑑定士がいる買取業者を利用することです。

銀行

日本銀行では、旧紙幣を現在流通している紙幣に交換できます。

しかし、価格は額面通りです。

旧紙幣には額面以上の価値が付いていることがほとんどです。

中には、千円が数万円にもなることもあるでしょう。

あわてて銀行で交換するよりも、どこで交換したらお得かを調べてからでも遅くはありません。

リサイクルショップ

街中で見かけるリサイクルショップは、気軽に買取を行ってもらえるため便利です。しかし、紙幣の買取となると、専門外のため取り扱いがなく買取してもらえない場合がほとんどです。

仮に買取をしてもらえる場合でも、専門の鑑定士がいないため、高額買取はむずかしいといわれています。そのため、紙幣の場合はリサイクルショップ以外の、査定士がいる専門店で買取を検討することがおすすめです。

ネットオークション・フリマサイト

ネットオークションやフリマサイトでも旧紙幣の取引は可能です。

手数料や送料がかかることはデメリットですが、スマートフォンから、いつでも手軽に出品できるという点はメリットですよね。

ただ、旧紙幣の価値をよくわからずに出品してしまうと、安く買われてしまうこともあるので、注意が必要です。

買取業者

旧紙幣の交換で一番おすすめの方法は、買取業者を利用することです。

プロの鑑定士が査定してくれるため、旧紙幣の価値を正確に見極めてくれます。

よって、高額買取が期待できるのです。

また、スマホ一つで査定ができたり、宅配買取や出張買取ができたり、手間をかけずに買取できるのもおすすめの理由です。

どこの買取業者を利用したらいいかわからない人は、「うるココ」をご利用ください。がおすすめです。

まとめて売ることで、買取金額がアップする可能性があります。

旧紙幣の価値を高めるコツ

旧紙幣を売るときには、少しでも高い金額で買取してもらいたいですよね。

旧紙幣の価値を高めるコツは以下の4つです。

  • そのままの状態にしておく
  • ケースや鑑定書を付ける
  • 早い段階で売る
  • 実績のある買取業者を利用する

それぞれ詳しくみていきましょう。

そのままの状態にしておく

旧紙幣の価値を高めるコツは、「何もしない」ことです。

旧紙幣はその古さに価値があり、キレイにしてしまうと買取金額が下がってしまう可能性があります。

綺麗にふき取ろうとせず、そのままの状態で査定してもらいましょう。

ケースや鑑定書を付ける

ケースや鑑定書がある場合は一緒に鑑定に出すと、旧紙幣の価値があがる可能性があります。

なぜなら、旧紙幣は価値を見極めるのがむずかしいため、ケースや鑑定書の付属品を一緒に出すことで価値の証明になるからです。

もし手元にない場合は、買取に出す前に自宅の中を探してみるといいかもしれません。

早い段階で売る

旧紙幣は、できるだけ早めに売りましょう。

旧紙幣の価値を高めるために、「もう少し手元に置いておこう」と思う人もいるかもしれません。

しかし「旧紙幣は傷みやすい」「コレクターが年々減っている」「古いと劣化も早い」という理由で価値が下がってしまう可能性があります。

そのため、「売りたいと思ったときに売る」ことをおすすめします。

実績のある買取業者を利用する

旧紙幣を買取するなら、専門知識があり査定経験が豊富な買取業者を利用しましょう。

なぜなら旧紙幣の買取は、プロの鑑定士でも価値を見極めることがむずかしいからです。

実績のない買取業者を利用するよりも、経験豊富な買取業者のほうが安心して取引できますよね。

経験豊富かわからないという人は、買取業者の実績をチェックしたり、問い合わせをしたりしてから、査定依頼しましょう。

夏目漱石の旧千円札の高価買取ならうるココへ

旧千円札(夏目漱石のお札)について解説しました。

本記事のポイントをまとめると以下の通りです。

  • 夏目漱石の旧千円札は額面以上の金額で売れる可能性がある
  • 買取を希望の方は買取業者への依頼がおすすめ
  • 紙幣が劣化しないよう、早い段階での買取が価値を高めるポイント

夏目漱石の旧千円札の高額買取なら、買取業者「うるココ」がおすすめです。

うるココでは「2点以上」まとめて売ることで査定額がアップします。

ジャンルやブランドが違っていても、どんな組み合わせでもまとめて査定に出すことで、金額が上がります。うるココに買取に出す際は家の中で売れそうなものがないか探してみてくださいね。

また、オンライン査定にも力を入れています。以下のツールで査定が可能です。

  • 電話査定
  • LINEで査定
  • ビデオ査定
  • Web査定

最短5分で簡単に査定が終了するためとても便利です。

もちろん査定後買取金額に納得いかない場合は、商品の送料や査定料は無料です。

まずは旧札など、売りたいものがある場合は「うるココ」の無料査定を試してみてくださいね。

関連カテゴリー

うるココ鑑定団

関連するコラム