ブランド買取なら
まとめるほどお得な
「うるココ」へ

選べる4つの無料査定 選べる4つの買取
コラム

サファイア買取はうるココへ|ランク別買取相場と高価買取のコツも解説

サファイヤ

「家に眠ってるサファイアがあるけど、いくらになるのか知りたい」

「昔プレゼントでもらったサファイアのピアス、売れるのかな」

プレゼントや自分へのご褒美で購入したサファイア。「最近は全然身に付けなくなったので売りたいけど、買取相場や査定料金が発生するか気になる」と考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。

本記事では、サファイアの買取相場と高価買取のコツなど、以下のような内容で解説していきます。

  • サファイアはどんな宝石?
  • サファイアの買取査定の基準
  • サファイアの鑑別書の見方

この記事を読めば、サファイアの買取相場や買取査定の基準が分かり、買取依頼をするときの参考にできるでしょう。せひ、本記事を参考にして、より高額でサファイアを売るコツを身につけてください。

目次

サファイアはどんな宝石?

サファイアとはどのような宝石なのか知りたい方もいることでしょう。

ここでは、以下の3つのことについてまとめました。

  • サファイアの歴史
  • サファイアのブルーは何によるもの?
  • ファンシー・サファイアとは?

サファイアについて詳しく解説しますので、参考にしてください。

サファイアの歴史

サファイアはその美しさと耐久性から、古代より人々に愛されてきた宝石です。

紀元前7世紀以降、古代エジプトや古代ギリシャ、ローマでジュエリーとして使われていました。中世ヨーロッパでは、サファイアは王侯貴族の象徴とされ、広くヨーロッパの王たちに好まれた宝石です。

サファイアは近年の宝飾品市場においても、人気の高い宝石として評価され続けています。

サファイアのブルーは何によるもの?

サファイアのブルーの色は、鉄とチタンの微量の不純物によって生じます。不純物が存在することで、光の吸収や反射の特性が変わり、ブルーサファイアの色が表れます。純粋な青色のサファイアは非常にまれであり、ほとんどのサファイアは、幾分かの不純物を含んでいます。

また、全てのサファイアが同じブルーの色を持つわけではありません。不純物の種類や濃度、その他の要素によって、サファイアの色合いや濃淡が異なります。これにより、サファイアの色のバリエーションが生まれます。

サファイアのブルーは、その鮮やかさと美しさから、世界中で最も評価される宝石のひとつです。

ファンシー・サファイアとは?

ファンシー・サファイアは、青色以外の色を持つサファイアのことで、ピンク・イエロー・グリーン・オレンジ・パープル・ホワイトなど、多様な色があります。

ファンシー・サファイアの色は、鉱物中の不純物の種類と濃度によって異なります。特に、ピンクやイエローのファンシー・サファイアは、エンゲージリングやカラフルな宝石のアクセントとして人気を博しているようです。

なお、ファンシーサファイアの評価は、色の種類や濃度、色の鮮やかさ、透明度、カットの品質などが重要な要素となります。つまり、ブルーサファイアとは違った色の魅力を楽しむことができる、個性的で魅力的な宝石のひとつといえます。

サファイアの買取相場

サファイアの買取相場を、以下の表にまとめました。

サイズ(カラット)SABCD
1カラット30,00015,00010,0002,100
2カラット120,000100,00040,0007,0002,000
3カラット250,000170,00090,00021,0003,000
5カラット550,000270,500175,00042,0005,000
10カラット1,700,000800,000525,000105,00010,000

実際の買取価格はサファイアの品質や状態、市場の需要と供給によって異なる場合があります。

正確な買取価格を知りたい場合は、専門店で査定を受けることをおすすめします。

サファイアの買取査定の基準

この記事では、サファイアの買取査定の基準について詳しくまとめています。

大切なサファイアを適正価格で売却するために、査定のポイントを理解しておきましょう。

カラット数

カラットは重さの単位で、2グラムを1カラットと数えます。

一般的に市場に出回っているサファイアは、5カラット未満が多く、5カラット以上のサファイアは高値がつきます。カラット数が高ければ高いほど希少価値が上がり、高価になります。

カット

サファイアのカットは、宝石の形状や研磨の品質を指します。緻密なカットによって光の反射や屈折が最大限に引き出され、美しい輝きを生み出すのです。

カットの精度や均一性が高いほど評価が高まります。

輝き

サファイアの輝きは内包物の多さや入り方、カットの種類などに大きく左右されます。

輝きが美しいほど価値は上がり、輝きがよいサファイアでもカラーが悪いとそれほど高値はつきません。カラーとクラリティ(透明度)が優れているサファイアは、美しく輝きます。

内包物(クラリティや透明度)

サファイアの内包物やクラリティは、宝石内部に含まれる不純物や内部結晶の影響を受けています。

内包物が少なく透明度が高いほど、高い評価がつく傾向にあります。色が濃くて透明度も高く、内包物がほとんどないサファイアは、さらに評価も高く、高い値段がつくでしょう。

デザイン性

ジュエリーの種類や宝石の種類、カットには流行があります。

宝石が独自の形やデザインを持っている場合、希少性や美しさが評価されるでしょう。

処理方法

サファイアには熱処理などの加工が施される場合があります。

熱を加えるとサファイアの色味が深くなるため、加熱処理は、色味を整えるために使われる処理方法です。無処理で自然な状態に近いほど、査定価格が高くなります。

また、「拡散加熱処理」と呼ばれる着色のための加工処理が施されたサファイアは低く評価される傾向があります。

カラー

サファイアの買取基準において、サファイアの色合いは非常に重要な要素です。

一般的に、鮮明で鮮やかな色合いが求められます。カラーは色が濃く鮮やかなものが、買取価格が高くなります。

ブルーサファイア

ブルーサファイアの買取査定では、色合いの深さや濃度、透明度が重要な要素となります。つまり、鮮明なブルーカラーであるほど、評価が高くなります。

また、内包物や傷などのクラリティ(透明度)も考慮されるでしょう。

ブルーサファイアのなかでも「コーンフラワーブルー」と呼ばれるカラーが最も高く評価され「ロイヤルブルー」はその次に高く評価されています。

パパラチャ・サファイア

パパラチャ・サファイアは、サファイアの一種であり、ピンキッシュでオレンジな色合いをもっています。

最初に発見したスリランカの人々が、水面に静かで鮮やかに浮かぶ睡蓮の花に例えて「パパラチャ・サファイア」と名づけました。

買取基準は以下の通りです。

〈パパラチャ・サファイアの買取基準〉

  • 色合いが濃く、一貫性があり、鮮度があるか
  • 光が美しく反射して宝石全体の輝きが引き出されているカットか
  • 大きさ
  • 産地(スリランカ産が、品質と価値が高い)

パパラチャ・サファイアは、その希少性から、非常に価値が高くなることがあります。

ピンクサファイア/パープルサファイア

ピンクサファイアは明るく鮮やかなピンク色が特徴で、色の鮮度や深さが評価されます。

赤い発色を示すクロムの含有量がルビーほど多く含まれず、ピンクまたは紫の色合いとなったサファイアです。ルビーやブルーサファイアと比べると買取額は低めですが、ファンシーサファイアの中では人気が高く高額で取引されやすいです。

イエローサファイア/オレンジサファイア

イエローサファイアとオレンジサファイアは、産出量が比較的多いので、価格は他のサファイアよりも安値で取引されています。ただし、イエローサファイアの中でも、鮮やかな黄金色を放つ「ゴールデンサファイア」は希少価値があるため、高価買取されます。

イエローサファイアは明るく陽気な印象を与え、オレンジサファイアは暖かみや活力を感じさせるため、人気があります。

カラーチェンジサファイア

カラーチェンジサファイアは、自然光や白熱灯、蛍光灯の下で見ると色が紫やグリーン、イエローなどに変化するサファイアです。

太陽光の下ではブルーからバイオレットへ、白熱灯の下ではバイオレットから紫へと色が変化します。

カラーチェンジサファイアは、希少価値があり、高値で取引されることもあります。より広い範囲で色が変化し、明確で鮮やかな宝石ほど評価が高くなります。

産出地

サファイアの産出地として、世界中にはいくつかの重要な地域が存在します。

その中でも、以下の6つの地域が特に有名です。

  • スリランカ
  • マダガスカル
  • インドのカシミール
  • ミャンマー
  • タイ
  • オーストラリア

産出地別にサファイアの特徴を紹介します。

スリランカ

スリランカは宝石の宝庫とよばれています。スリランカ産のサファイアは出荷が多く色が淡めで、ミャンマー産に比べると価値が低いものもあります。

無処理のサファイアの中で上質のものは透明度が高く、やや紫色を帯びた青色が特徴です。

スリランカ産のサファイアは、原石となっているギウダに加熱処理をして青色にしているものがあり、近年ではギウダもブルーサファイアとして認定されました。また、星の形をした内包物が入った石は、スターサファイアとして知られています。

マダガスカル

マダガスカルは、サファイアの主産国です。マダガスカル産サファイアの多くが、色を改良するために高温で加熱処理されており、天然のものは限られています。

スリランカ産サファイアとよく似ていて、価値も同程度です。また、上質なサファイアは、カシミール産のAクラスによく似た特徴を持ち、スリランカをしのぐ特級品も産出されています。

インドのカシミール

インドのカシミール地域で産出されるサファイアは、その深い青色とシルクのような光沢が特徴で、非常に貴重とされています。

カシミール地域のサファイアは、希少性と品質の高さから、宝石コレクターや宝飾業界の間で高い需要を維持しています。

その中でも特に有名なのが「コーンフラワーブルー」「ベルベティブルー」と言われるサファイアです。コーンフラワーブルーは和名で矢車菊といい、その名の通り、彩度が高く上品で落ち着いた青色のサファイアです。サファイアの中でも最高級な評価を得ています。

ミャンマー

ミャンマーは、世界で最も有名なサファイアの産地のひとつです。

ミャンマー産サファイアは産出量が少なく、中でも大粒で深い青色の「ロイヤルブルー」はとても美しく希少価値があります。ロイヤルブルーはやや紫がかった青色で、微細なシルク(内包物)でさえ存在せず透明度が非常に高いことが特徴的です。

英国では王室を代表する宝石として定着しており、婚約指輪にロイヤルブルーを選ぶカップルも激増しているようです。

タイ

タイは、鮮やなカラーストーンの産地としても知られています。タイ産のサファイアは、その多様な色合いと品質の高さが特徴です。

タイの鉱山から採掘されるサファイアは、ブルーやピンク、イエロー、グリーンなどのバラエティに富んだ色合いを持ち、宝石市場で幅広く取引されています。タイの職人たちは、これらのサファイアを熟練した技術でカットし、美しい宝石として仕立てる技術を持っています。

タイのサファイアは、1980年から大規模に採掘され、世界的な産地となりました。

オーストラリア

オーストラリアは、ゴールドラッシュの流れに伴い、1985年から本格的にサファイアの採掘を開始しました。以前は、世界の半分以上のサファイアはオーストラリア産といわれるほど産出量は多かったようです。

オーストラリア産サファイアは、色味において黒すぎるブルーが特徴で、美しさという点で他の原産地に劣っています。大きさも小粒なものが多く、カラットあたりの価格も安価なことが多い傾向です。

サファイアの鑑別書の見方

宝石鑑別書には、宝石の産地やカラー、処理方法など、宝石の品質や価値が記載されています。

この項で紹介する、鑑別書の各項目は以下のとおりです。

  • Shape(カットの形状)
  • Tranceparency(透明度)
  • Color(色)
  • Species(鉱物名・素材名)
  • Variety(宝石名・変種名)
  • Geographic Origin(産地)
  • Item Description(品目)
  • Weight(重量)
  • Measurements(寸法)
  • Carved Seal(刻印)

鑑別書は、サファイアの価値を証明する大切な書類となりますので、買取業者に行く際は忘れずに持っていきましょう。

Shape(カットの形状)

宝石のカットの種類が記載されています。

一般的な形状には、ラウンド(円形)・オーバル(楕円形)・エメラルドカット(長方形)などがあります。

Transparency(透明度)

透明度は、サファイアの宝石がどれだけ光を通すかを示します。

透明度の評価には、透明(Transparent)・半透明(Translucent)・不透明(Opaque)などの表記が記載されます。

Color(色)

この項目では、サファイアの色が記載されます。

一般的な色はブルー(Blue)が最も一般的ですが、「Purplish Blue(紫がかっている青)」など詳細に色が記載されます。

遊色などの外観の特徴が入ることがあります。

Species(鉱物名・素材名)

サファイアの鉱物名や素材名が記載されています。

鉱物学上の名称が記載され、自然に生成されたものは「Natural Corundum(天然コランドム)」のように記載されます。

Variety(宝石名・変種名)

宝石学上の名称が記載され、鉱物名と同じ場合もあれば、異なる場合もあります。

天然石には「Natural」と入ります。

Geographic Origin(産地)

サファイアの産地が記載されています。

例えば「Myanmar(ミャンマー)」、「Kashmir(カシミール)」など、サファイアの品質や特徴に影響を与える産地が示されることがあります。

Item Description(品目)

品目は、鑑別書に記載されている宝石の具体的な説明や特徴を示します。

鑑別した宝石がルース(裸石)の場合は、「One loose stone」と記載されます。

Weight(重量)

重量は、ジュエリーの場合はgrams(グラム)と記載され、ルース(裸石)の場合はcarats(キャラット)と記載されます。

重量は価値にかかわる重要な情報なので、鑑別書では正確な重さが示されます。

Measurements(寸法)

寸法は、ルース(裸石)のサイズや寸法が記載されます。

一般的には、長さ、横、高さなどの寸法が示され、ミリメートル単位で表記されます。

これにより、宝石のサイズや寸法を正確に把握することができるでしょう。

Carved seal (刻印)

重量の項目で「刻印」と記載がある場合は、製品に印字してあるカラット数値を意味しています。

中石と脇石がある場合は、先に中石、次に脇石の順番でカラット数が記載される傾向があります。

買取可能なサファイア

ここでは、買取可能なサファイアについて、以下にまとめました。

  • 保証書、鑑定書、鑑別書がない
  • キズや欠け
  • 経年
  • ルース
  • イニシャル・刻印
  • パーツ破損

当てはまる項目があると、サファイアを買い取ってもらえるのか不安になる人がいるかもしれません。詳しく解説していきますので、参考にしてください。

保証書、鑑定書、鑑別所がない

サファイアなどの宝石を買取する際には、保証書、鑑定書、鑑別書の有無は重要な要素です。

これらの書類がない場合でも、専門の鑑定士が宝石を査定し、その品質や価値を評価することは可能ですが、正確な査定が難しくなることがあります。

キズや欠け

サファイアにキズや欠けがある場合、査定に影響するケースがあります。

小さなキズや軽微な欠けであれば、査定価格への影響は比較的少ない場合もありますが、大きなダメージや目立つ欠けがある場合は、査定価格が低くなることがあります。

経年

サファイアは経年によって劣化することがあります。

経年による変色や表面の劣化がある場合、査定価格に影響を与えることがあるでしょう。

しかし、経年によって希少な味わいや特別な魅力が生まれることもあるため、個別の査定が行われることが一般的です。

ルース

ルース(裸石)の状態でサファイアを買取することも可能です。

ルースはジュエリーに加工される前の未加工の宝石であり、査定時には、その品質や重量に基づいて価値が評価されます。

イニシャル・刻印

サファイアを使った製品にイニシャルや刻印が入っている場合は、その特定のデザインや個人的な要素は査定価格に影響を与えることがあります。

デザインや刻印によっては、希少性や需要が高まり、査定価格が上昇する場合もあります。

パーツ破損

サファイアがジュエリー製品などの一部として使用されている場合、そのジュエリーのパーツに破損や欠損があったとしても、買取は可能です。

ただし、破損や欠損の度合いによっては、査定に影響を与える場合もあります。

破損したパーツを修理や交換によって費用がかかる場合は、査定費用が減額することもあります。

サファイアを高価買取できる店舗を探すコツ

サファイアを高価買取してもらうためには、信頼できる店舗を見つけることが重要です。

以下に、高価買取が期待できる店舗を見つけるためのコツを紹介します。

  • 専門知識、資格取得している鑑定士が在籍
  • 豊富な直営店
  • 国内外の価格相場を把握
  • 自社系列機関にてリメイク
  • 国内外での販売ルートの確保
  • 買取方法が豊富
  • 豊富な買取ジャンル
  • 査定、買取手数料無料

上記のポイントを考慮しながら、口コミやレビューを調べたり、複数の業者に相談して比較したりすることで、信頼性の高い買取業者を選びましょう。

専門知識、資格取得している鑑定士が在籍

優れた鑑定士が在籍している店舗は、サファイアの品質や価値を正確に評価することができます。

専門知識と経験を持つ鑑定士がいることで、適切な買取価格を提示してもらえるでしょう。

豊富な直営店

店舗数が多い買取業者は、その分だけ多くのサファイアを取り扱っています。

直営店が多い業者は買取実績も多く、需要と供給のバランスを取りやすいため、高価買取が期待できるでしょう。

国内外の価格相場を把握

質の高い買取業者は、市場価格を常に把握しています。

国内外の価格相場を把握している業者は、公正な評価と競争力のある買取価格を提供することができます。

自社系列機関にてリメイク

サファイアはリメイクやリフォームに適した宝石です。

自社系列の機関を持っている業者は、サファイアを再加工して魅力的なジュエリーに仕立て直すことができます。

そのため、買取価格が高くなる可能性があります。

国内外での販売ルートの確保

広範な販売ルートを持っている業者は、サファイアを高値で売却する機会が多くあります。

需要の高い地域や市場へのアクセスを豊富に持つ業者は、高価買取につながるでしょう。

買取方法が豊富

買取方法が多岐に渡る業者は、柔軟な対応が可能です。

店舗に持ち込むだけでなく、郵送やオンラインでの査定・買取も行っている業者を選ぶと便利です。

豊富な買取ジャンル

サファイアの他にも、宝石やダイヤモンド、その他の貴金属など、さまざまなジャンルの買取も行っている業者は、幅広い知識と経験を持っています。

複数の買取ジャンルを扱う業者は、総合的な査定能力を持ち、サファイアの価値を正確に評価することができます。

査定、買取手数料無料

買取業者の多くは査定や買取手数料を無料で行っています。査定にかかる費用がかからないことで、気軽な相談や査定を依頼できます。

また、手数料がかからないことで、買取価格の透明性も高まります。しかし、中には、宝石の鑑定料を請求する買取業者もいるので、事前に確認しましょう。

サファイアを高価買取してもらうコツ

サファイアを売る際には、できるだけ高く売りたいと思うのは当たり前のことでしょう。

ここでは、サファイアを高価買取してもらうためのコツを、以下にまとめました。

  • メンテナンス
  • 鑑別所や付属品
  • 複数店舗で査定を受けて比較
  • ブランド物など他の商品も一緒に査定依頼
  • できるだけ早めに買取

サファイアだけでなく他の宝石の場合でも試してほしいコツばかりなので、参考にしてください。

メンテナンス

サファイアの美しさを保つために、定期的なメンテナンスが重要です。サファイアはきれいにメンテナンスするだけで、見違えるように美しさを取り戻すことができます。

キズや汚れがない状態で買取査定を受けることで、買取価格がアップする可能性があります。定期的にクリーニングやメンテナンスを行いましょう。

鑑別書や付属品

サファイアに関する鑑別書や付属品は、あるほうが買取価格は高くなります。

正確な情報が記載された鑑別書やオリジナルの付属品は保管しておくことをおすすめします。

鑑別書や付属品は、商品への信頼性をより高めるために重要ですので、サファイアの買取時には忘れないように持参しましょう。

複数店舗で査定を受けて比較

複数の買取店舗で査定を受け、比較してみましょう。異なる店舗の査定結果を比較することで、適正な買取価格を見極めることができます。

複数店舗で査定を受けたら詳細をよく比較して、最もよい条件の買取業者を選びましょう。

ブランド物など他の商品も一緒に査定依頼

複数の商品を一緒に査定することで、トータルの買取価格を上げることができる場合かあります。

ブランド品や他の宝石など、多数の商品を同時査定してもらうことで、より高額な買取が期待できるでしょう。

一度にたくさんの商品を査定することで、10〜20%の特典がつくなどの、お得なサービスを受けられる可能性があります。

できるだけ早めに買取

時間が経つにつれてサファイアの価値は変動することがあります。市場の需要やトレンドによって価格が変動するため、できるだけ早めに買取を依頼することがおすすめです。

価値が高いうちに買取を行うことで、より高額な買取価格を期待できます。よりよいタイミングで買取に出すことをおすすめします。

サファイアの買取についてよくある質問

ここでは、サファイアの買取についてよくある質問を紹介していきます。

質問に対する回答もまとめましたので、参考にしてください。

サファイアを売りたいのですが、ひとつからでも買取可能ですか?

はい、ひとつのサファイアからでも買取は可能です。数量に制限はなく、ひとつだけでの買取も受付できます。

個々の商品に対して査定を行い、適切な買取価格を提示可能です。

随分前に購入したサファイアでも買取できますか?

はい、購入から時間が経っているサファイアでも買取が可能です。

商品の状態や市場価値などを考慮して査定を行います。表面に傷や汚れがあるサファイアも査定依頼時に相談しましょう。

サファイアの買取見積もりだけを取ることは出来ますか?

はい、買取見積もりだけを依頼することができます。

査定の結果や提示された買取価格を知ることで、売却の判断材料とすることができます。遠方の場合、宅配(無料)での査定も可能です。

鑑別書が無いサファイアは、買取してもらえますか?

鑑別書がないサファイアでも買取可能な場合があります。

査定の際には、専門の鑑定士が宝石を評価し、鑑別書以外の要素(品質、カット、カラー、重量など)を考慮して買取価格を決定します。

鑑別書があるとより正確な査定が行われる可能性が高いですが、鑑別書がなくても高価買取の実績がありますので、査定時に相談しましょう。

サファイアの大きさや種類によって買取金額は変わりますか?

サファイアの大きさは買取金額に影響します。 同じグレードのサファイアが大小ふたつある場合、大きい宝石の方が高値の買取が期待できます。

また、買取金額は種類によっても変わります。サファイアでは「ロイヤルブルー」や「コーンフラワーブルーサファイア」という種類が希少性が高く、高値がつく可能性があります。

サファイアの高価買取はうるココへ

サファイアの高価買取について解説しました。

ポイントを簡単にまとめておきます。

  • サファイアは大きさや種類によって買取金額が異なる
  • サファイアの査定の際は、鑑別書が合った方がよい
  • 無料でひとつ単位から査定してもらえる

サファイアには、カラーや産出地によってさまざまな種類があります。

中でも特に価値が高いのは、ミャンマー産の「ロイヤルブルーサファイア」とカシミール産の「コーンフラワーブルーサファイア」です。

また、一般的には青色のサファイアが有名ですが、ファンシーサファイアとよばれる、ピンクやイエローなどの色鮮やかなサファイアも人気があります。

もし、サファイアをどこに売ろうか迷っているなら、「うるココ」がおすすめです。うるココの鑑定士はトップクラスの鑑定力、誰が査定しても同じ査定額の提示ができるように徹底しています。

また、うるココは独自の市場を開拓しているため、国外バイヤーからの買い付けが多い点も特徴です。国外バイヤーは高値での買い付けが期待できるため、査定額も上がる仕組みになっています。

うるココではLINEでの査定なども行っているので、お気軽にご相談ください。

関連カテゴリー

うるココ鑑定団

関連するコラム