ブランド買取なら
まとめるほどお得な
「うるココ」へ

選べる4つの無料査定 選べる4つの買取
コラム

レア10円玉の一覧を紹介!買取相場や高く売るポイントを知っておこう

10円玉 レア 一覧

「レアな10円玉の価値を知りたい」「硬貨を高く売る方法が知りたい」と思っている方は多いのではないでしょうか。

掃除中に偶然昔の10円玉を見つけると、硬貨の価値が気になりますよね。レアな10円玉であれば、買取業者が高価格で買い取ってくれる可能性があります。

レアな10円玉の代表格である「ギザ十」を集めていた方も多いでしょう。

そこで、この記事では以下について説明しています。

  • レアな10円玉一覧
  • レアな10円玉になる条件
  • レアな10円玉の買取価格を上げる方法

この記事を見れば、お手持ちの10円玉がレアな10円玉か自分で判断できるようになります。レアな10円玉など古銭買取の価格を上げる方法を参考にして、レア硬貨を高く売りましょう。

ギザ十については「ギザ10のレア度は年代によって異なる」もご覧ください。

目次

レアな10円玉の発行年号を一覧でご紹介

レアな10円玉が発行された年号の一覧は、こちらです。

発行年号レアな理由
昭和26年(1951)平等院鳳凰堂が国宝になった年に発行
昭和27年(1952)ギザ十
昭和33年(1958)発行枚数が少ない年のギザ十
昭和61年後期(1986)デザインのミス

珍しい10円玉の1つである「ギザ十」は、1951年から製造され、1958年で発行されなくなりました。ギザ十は誰が見ても判別しやすいデザインで、ギザギザの凹凸が側面にあるのが特徴です。

昭和26年(1951)

昭和26年(1951)に発行された10円玉は、流通枚数が少なくレア度が高いといわれています。

10円玉のモチーフである平等院鳳凰堂は、昭和26年に国宝に指定されました。昭和26年から現在まで、平等院鳳凰堂の絵柄の10円玉が流通しています。

10円玉のデザインとなった平等院鳳凰堂が国宝になった年に発行されたので、プレミア硬貨として集めている人が多くいます。

昭和27年(1952)

昭和27年(1952)に発行された10円玉は「ギザ十」で、珍しいデザインです。しかし、他の年と比較すると、発行枚数が多く、ギザ十のなかではレア度が低いとされています。

側面がギザギザしているギザ十は、昭和26年からの8年間しか発行されていません。現在製造されている10円玉は、側面がなめらかなデザインです。

一般的な10円玉より、ギザ十の方が価値が高いと言われているので、気になる方は買取価格を調べるのがおすすめです。

昭和33年(1958)

昭和33年(1958)は、10円硬貨があまり発行されなかったので、レアな10円玉とされています。ギザ十が発行された8年間のうち、10円玉が発行されていない昭和31年(1956)を除くと、最も発行枚数が少ない年です。

発行枚数が少ない硬貨は、流通している割合も小さく、レア度が高くなります。昭和33年の10円玉が手元にまわってきたら、買取価格を調べるとよいでしょう。

昭和61年後期(1986)

昭和61年後期(1986)の10円玉は、本来昭和62年に発行する予定だった貨幣が手違いで発行されたというレア硬貨です。さらに、コレクション用(プルーフ硬貨)として発行されたため、流通数が少なく希少価値があります。

昭和61年前期と後期の10円玉を見比べてみると、平等院鳳凰堂のデザインが違うことがわかるでしょう。レアな10円玉である昭和61年後期のデザインは、平等院鳳凰堂の屋根や階段部分に違いがあります。

家に昭和61年の10円玉がある方は、発行された時期を調べてみましょう。昭和61年後期に発行された10円玉であれば、高く買い取ってもらえるかもしれません。

レアな10円玉の代表格はギザ十!

レアな10円玉の代表格に、「ギザ十」と呼ばれる硬貨があります。ギザ十とは、側面にギザギザとした凹凸がある10円玉です。

ギザ十は、昭和26年からの8年間しか製造されなかったので、希少価値が高いといわれています。レア度が高い10円玉は、買取業者が高価格で買い取る可能性があります。

しかし、ギザ十のようにレアな10円玉でも、多くの人に使用され状態が悪い場合は、買取価格に期待はできません。

未使用品のように綺麗な状態のギザ十を見つけたら使わずに、他の硬貨とは別にしておきましょう。

新10円硬貨と金貨の買取相場

新10円硬貨と金貨の買取相場は、5,000円から300万円と幅広く設定されています。新10円硬貨とは、明治30年(1897)に発行された金貨です。現在使われている10円玉は銅で作られていますが、新10円硬貨は、金でできているのが特徴です。

発行年号によって買取相場は異なりますが、使用されていた新10円硬貨は数千円で買取されている場合もあります。未使用の新10円硬貨の場合は、3万円前後と高値で売れる可能性があり、買取をしてもらうと得をするでしょう。

特に明治34年に発行された新10円硬貨は、300万円前後で買い取られることもあり、希少価値が高い硬貨です。

レアな10円玉の買取相場

レアな10円玉の買取相場は、硬貨の状態によって大きく異なります。美品や並品は、10円から30円で買い取ってもらえます。一方で、未使用のレアな10円玉の買取相場は、1,000円から20,000円です。

昭和26年と昭和33年の10円玉は、高値で取引されるので、安易に使用せず買取業者に相談するのがおすすめです。

レアな10円玉の買取相場を予測するには、発行年号と硬貨の状態を確認することがポイントです。一般人には、正確な買取相場を確認するのは難しいので、査定のプロの力を借りるとよいでしょう。

レアな10円玉になる3つの条件

レアな10円玉には、以下の3つの条件があります。

  • 発行枚数が少ない
  • エラー硬貨
  • 記念硬貨

流通している枚数が少ないほど、レアな10円玉の可能性があります。3つの条件を満たしているか調べるには、手元にある10円玉が何年度に発行された硬貨か確認しましょう。

発行枚数が少ない

レアな10円玉は、発行枚数が少ないという特徴があります。発行枚数が少なければ、流通している硬貨もあまりないためです。

例として、ギザ十が発行されていた期間の発行枚数を以下に記載します。

年号10円玉発行枚数
昭和26年1億106万8,000枚
昭和27年4億8663万2,000枚
昭和28年4億6,630万枚
昭和29年5億2,090万枚
昭和30年1億2,310万枚
昭和31年0枚(未発行)
昭和32年5,000万枚
昭和33年2,500万枚

参考:独立行政法人造幣局「年銘別貨幣製造枚数」

それぞれの年を比較すると、昭和33年の10円玉が最も発行枚数が少ないとわかるでしょう。

エラー硬貨

エラー硬貨は、印字のミスやくぼみがあるレアな10円玉で、以下の5つの種類があります。

エラー硬貨の名称状態買取価格
影打ち硬貨10円玉に別の硬貨が重なった状態でプレスされ、絵が反対になってしまったもの1万円~3万円
角度ズレ硬貨印刷時に、裏表の絵柄の角度がずれてしまった硬貨1,000円~20万円
印刷ズレ硬貨絵柄がずれて印刷された10円玉1,000円~10万円
ヘゲエラー硬貨表面の銅がめくれている10円玉100円~1万円
くぼみ・へこみ硬貨製造中にくぼみやへこみができてしまった硬貨100円~10万円

10円玉の製造過程で偶然できた硬貨なので、希少価値はありますが、エラーの種類や度合によっては買取値がつかない場合もあります。

記念硬貨

記念硬貨は、製造期間や発行時期が限られている、レアな硬貨です。日本でオリンピックが開催された年や天皇陛下の御在位何周年のときなどに、記念として貨幣が発行されます。

硬貨のデザインは、イベントに合わせた特別な絵柄になっており、コレクションとして楽しめます。財務省のホームページには、記念貨幣一覧がありますので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

10円玉の記念硬貨はありませんが、さまざまな絵柄のコインが製造されています。記念硬貨は「期間限定」「数量限定」であり、多くの硬貨コレクターが求めているのが特徴です。

購入希望者が多くいれば、買取業者は高値で買い取ってくれるので、不要になった記念硬貨は査定してもらいましょう。

旧10円玉はレア硬貨?

旧10円玉は、明治時代に発行されていた金貨で、レア硬貨といわれます。発行時期が、明治4年(1871)から明治13年(1880)までの4年間と短いので、旧10円玉は買取価値が高くなる傾向があります。

明治10年と明治13年の旧10円玉の発行枚数が少なく、買取業者が高額買取する可能性があるでしょう。旧10円玉を発見したら、綺麗な状態で保管し、買取業者に査定してもらうのがおすすめです。

レアな10円玉の3つの特徴

レアな10円玉の特徴は、以下の3つです。

  • プルーフ硬貨
  • 未使用品
  • 美品と並品

発行年号が同じ10円玉でも、硬貨の状態によってレア度や買取価格が異なります。レアな10円玉の特徴を確認し、当てはまるものがあれば、買取業者に買い取ってもらうことを検討しましょう。

プルーフ硬貨

プルーフ硬貨とは、プルーフ加工が施された10円玉のことです。プルーフ加工とは、表面を鏡のように磨く加工です。硬貨コレクター向けに作られており、綺麗な見た目のまま保存ができます。

昭和62年からコレクション用の貨幣として製造されていますが、一般的な硬貨と同じデザインであり、支払いにも利用できます。

プルーフ加工がされた10円玉は、枚数が限られているレアな硬貨です。

参考:独立行政法人造幣局「プルーフ貨幣とは」

未使用品

未使用の10円玉は、美品と並品に比べてレア度が高く、高価買取も期待できるでしょう。10円玉の未使用品とは、製造直後の綺麗な状態を保った硬貨のことです。

硬貨は、日常的に使用するものであり、未使用の状態で保存されている10円玉は少ないでしょう。人の手に渡ったことがある10円玉でも、キズや汚れがなく綺麗な状態の場合は、ごく稀に未使用品に分類されることがあります。

しかし反対に、未使用品でも美品や並品に分類されることがあり、買取業者によっても判断が異なる場合があります。

美品と並品

10円玉の美品と並品は、レアな硬貨の可能性もあります。美品と並品にはキズや汚れがあり、未使用品と比べると、収集家が少ないのが特徴です。

綺麗な状態でも、よく見るとキズがある硬貨を美品、使用感のある10円玉を並品と呼びます。美品と並品は、状態で判断すると珍しさがないですが、発行年号によってはレアな10円玉の可能性があります。

レアな10円玉の買取価格を上げる方法3選

レアな10円玉の買取価格を上げる方法は、以下の3つです。

  • 直射日光を避ける
  • 素手で触らない
  • 磨かない

硬貨の保存状態により、10円玉の買取価格は大きく変化します。レアな10円玉を高額買取してもらえるように、適切な方法で硬貨を管理しましょう。

直射日光を避ける

レアな10円玉の買取価格を上げるには、直射日光を避けて硬貨を保存することが重要です。銅で作られた10円玉は、直射日光に当たると劣化しやすいという特徴があります。

硬貨が錆びてしまったり、変色してしまったりすると、レアな10円玉の価値が下がります。直射日光だけでなく、湿気も避けられる場所に保管するのがおすすめです。

素手で触らない

レアな10円玉は、素手で触らないようにすれば、買取価格を上げられる可能性があります。素手で10円玉に触ってしまうと、硬貨が変性するリスクがあるからです。

「レアな10円玉かもしれない」と思ったら、直接硬貨を触らないように注意し、手袋やタオルを使用して確認しましょう。

磨かない

レアな10円玉の買取価格を上げるために、硬貨を磨かないことが大切です。硬貨を磨くとキズが付いてしまうためです。

10円玉を磨くと、綺麗な見た目になると思っている方は多くいるでしょう。しかし、買取価格を調べるときは「製造当時の状態が綺麗に保存されているか」を重要視します。

レアな10円玉を高価格で売りたい場合は、硬貨を磨いたり、水で洗ったりしないように注意しましょう。

10円玉以外のレアで価値のある硬貨一覧

1円玉から500円玉まで、10円玉以外にもレアな硬貨は存在します。ギザ十のように簡単に珍しいと判断できる硬貨もありますが、10円玉以外はレアか判別するのが困難な場合が多いでしょう。

価値があるかを見た目で判断できない硬貨は、発行年号を確認するとレアなものかわかる場合があります。

1円玉

10円玉以外のレアで価値のある硬貨には、1円玉があります。1円玉は、発行年号によって買取価格が大きく異なります。

下記は、レアな1円玉が発行された年と発行枚数の表です。

年号1円玉発行枚数
昭和30年3億8,170万枚
昭和64年1億1,610万枚
平成13年802万4,000枚
平成23年45万6,000枚

参考:独立行政法人造幣局「年銘別貨幣製造枚数」

昭和30年は、現在の1円玉が製造され始めた年なので、レアな硬貨といわれます。昭和64年は、年号が平成に変わることに伴い、7日間しか存在しない年であり、貴重な1円玉です。

平成23年以降は硬貨の製造枚数が少なく、1円玉でも高く買い取ってもらえる可能性があります。

5円玉

5円玉も、10円玉のようなレアな硬貨が存在します。レアな5円玉は、以下の6つです。

  • 穴がない5円硬貨
  • 新5円金貨
  • 旧5円金貨
  • 平成22年から平成25年に発行された5円玉
  • アルミフデ5
  • 楷書体の5円玉(フデ5)

アルミフデ5とは、見本として作られたアルミニウム製の5円玉です。 見本なので発行枚数が少なく、現在残っている硬貨は数枚とされています。

フデ5は「筆で書いたような文字」が使われた5円玉です。現在の5円玉はゴシック体で「日本国」と表記されていますが、フデ5は楷書体で「日本國」と書いてあるのが特徴です。昭和24年から昭和33年に発行され、 レアな5円玉の1つとして取引されています。

参考:日本銀行「銀行券/国庫・国債 5円貨(黄銅)」

50円玉

レアな50円玉は、以下の3つです。

  • 穴がない五十円ニッケル貨
  • 穴がある五十円ニッケル貨
  • 昭和62年発行の五十円白銅貨

現在の50円玉は白銅貨であり、ニッケルが使用された硬貨は珍しく買取価格も高いのが特徴です。昭和62年の50円玉は現在と同じデザインですが、コレクション用のみ発行されたので、希少価値があります。

100円玉

10円玉以外で価値が高い硬貨には、100円玉があります。レアな100円玉は、以下の2つです。

  • 昭和39年発行の100円玉
  • 平成13年発行の100円玉

現在の100円玉は白銅貨幣ですが、昭和39年に発行された100円硬貨は、銀が使用されているので、高価買取が期待できます。

平成13年は100円玉があまり発行されず、流通している枚数が多くないため、希少価値があります。

500円玉

500円玉にも、ギザ十のようにレアなコインが存在します。レアな500円玉の発行年号は、以下の2つです。

  • 昭和62年
  • 昭和64年

昭和62年と昭和64年は、500円玉の発行枚数が少なかったので、貴重な硬貨として取引されています。他にも500円の記念硬貨は、価値があります。記念硬貨には、500円が多く存在するので、コインを収集している方は確認してみるとよいでしょう。

令和3年からバイカラーの500円玉が登場しました。新しい500円玉の前に、主に使用されていたニッケル黄銅で作られた500円硬貨は、今後価値が上がるかもしれませんね。

レアな10円玉に関するQ&A

レアな10円玉に関する質問に多いのは、以下の3つです。

  • 汚れていても売れる?
  • 他の硬貨と一緒に買取できる?
  • 使用済みでも売れる?

「珍しい硬貨が家にあるけれど、買取してもらえるか不安」という方は多いのではないでしょうか。よくある質問の答えを参考に、買取業者への査定依頼を検討しましょう。

汚れていても売れる?

レアな10円玉は、汚れていても売れます。硬貨を査定する際は「製造当時の状態が保存されているか」を確認します。

「見た目が綺麗な方が高く売れる」というのは間違いです。汚れを落とすために、無理に硬貨を磨いたり洗ったりしないようにしましょう。

汚れているレアな10円玉は、買取業者が正しい方法で綺麗にします。プロがとれる汚れは、買取価格に影響しません。現状を維持して、買取業者に査定依頼するのがおすすめです。

他の硬貨と一緒に買取できる?

レアな10円玉は、他の硬貨と一緒に買取できます。買取業者によって、まとめて売った方が高く買い取ってもらえる可能性があります。

レアな10円玉以外にも珍しい硬貨を持っている方は、まとめ売りを検討するのが得策です。素材が異なる硬貨を売る場合は、買い取ってもらうまでの保存方法に注意が必要です。

汚れや錆などが他の硬貨に移るのを防ぐために、1枚ずつ別の袋やケースで収納しましょう。

使用済みでも売れる?

使用済みでも価値があるレアな10円玉は、高く売れる場合があります。使用済みのレアな10円玉は、未使用品と比較すると価値が下がりますが、10円より高い値段で買い取ってもらえることがあります。

「使用済みだから売れないかもしれない」と売るのを躊躇している方は、一度買取業者に見てもらうのがおすすめです。

レアな10円玉を買取してもらう方法3選

レアな10円玉を買取してもらう方法は、以下の3つです。

  • ネットオークションに出品する
  • フリマアプリを利用する
  • 買取業者に依頼する

珍しい10円玉を買い取ってもらう方法は、手軽さと買取価格を考慮して検討するのがおすすめです。自分に合った方法で、レアな10円玉の買取をしてもらいましょう。

ネットオークションに出品する

レアな10円玉を買い取ってもらう方法の1つに、ネットオークションへの出品があります。ネットオークションは、レアな10円玉の買取価格を自分で決定したい方におすすめです。

ネットオークションを利用すると、買取の最低価格を自分で設定できるメリットがあります。しかし、硬貨の知識が不十分な方は一般的な買取価格がわからず、出品時に妥当な金額を設定するのが困難でしょう。

フリマアプリを利用する

レアな10円玉を買い取ってもらうには、フリマアプリを利用する方法もあります。フリマアプリを利用して硬貨を売る方法は、まめな作業が好きな方に向いています。

フリマアプリで硬貨を売るには、相手とのやり取りや梱包作業を自分で行う必要があります。まめな作業だけでなく、梱包資材の準備もしなくてはならないので、手間がかかるのがデメリットです。

ネットオークションで買い取ってもらう場合と同様に、フリマアプリで売却するときも、出品価格は自分で決められます。フリマアプリを利用してレアな10円玉を買い取ってもらうには、取引に手間がかかることが大前提であるため、注意が必要です。

買取業者に依頼する

レアな10円玉の買取をしてもらうのに、おすすめなのは買取業者に依頼する方法です。買取業者は、レアな10円玉を査定し、適切な価格で買い取ってくれるからです。

一般の方がオークションやフリマアプリを利用して硬貨を売ると、レアな10円玉を安く売ってしまう可能性があります。通常の取引価格より安くならないように、多くの10円玉を査定してきた買取業者に依頼しましょう。

レアな10円玉を売るなら「うるココ」へ

レアな10円玉を売るなら「うるココ」へご相談ください。うるココは、レアな硬貨の買取実績が豊富です。

古銭や記念硬貨は、希少価値が高いのが特徴です。硬貨の価値がわからず悩んでいる方は、うるココの無料査定にお気軽にご相談ください。

レアな硬貨は、査定後にまとめて買取させていただきます。うるココの強みは「まとめ買い力」です。硬貨はもちろん、貴金属やブランド品を同時に買い取らせていただくことで、買取額がアップします。

レアな10円玉をお得に売りたい方は、まとめ売りで買取額が上がる、うるココにお任せください。

>> 古銭・古紙幣買取について詳しく見る

関連カテゴリー

うるココ鑑定団

関連するコラム