古銭・古紙幣買取なら
まとめるほどお得な
「うるココ」へ

選べる4つの無料査定 選べる4つの買取
コラム

旧札の価値・買取相場について解説!旧紙幣・古紙幣を持っていたら要チェック

旧札 価値

「旧札の価値はどれくらい?」
「旧札にはどんな種類があるか知りたい」

実家の引き出しや戸棚から旧札が出てきて、もしかするとそれなりの価値がついているのではと淡い期待を寄せた経験はないでしょうか?

旧札は額面通りに交換ができるほか、希少価値があるものについては高額で取引される可能性もあります。

そこで、本記事では主な旧札がどんな価値になるのかの一覧を紹介します。

主要な旧札一覧で手っ取り早く価値を調べたい人は、参考にしてください。

旧札を交換できる機関や、交換可能な古紙幣については「旧札はどこで交換できる?交換可能な古紙幣の種類が分かる」に記載しています。

「大量」「大きい不要品」「運ぶのが面倒」なら出張買取!
全国無料出張買取の詳細はこちら
古銭・古紙幣を高く売るならうるココで!
古銭・古紙幣買取の詳細はこちら
目次

旧札(旧紙幣・古紙幣)がもつ価値と買取相場を知る!

旧札(旧紙幣・古紙幣)がもつ価値と買取相場を知る!

旧札(旧紙幣・古紙幣)の買取相場や価値は、種類や保存状態によっても大きく左右されますが、想定外の買取価格になるかもしれません。

では、それぞれの旧札について簡単に解説します。

100円札(聖徳太子)の買取価値

発行年により、乙号券、い号券、ろ号券、A号券の4種類が聖徳太子100円札にはあります。

ろ号券の三次100円札は、買取額がもっとも高く期待できる種類で、一万円以上になることもあります。

聖徳太子を含む100円札の種類や買取価格については「100円札には価値がある?種類や買取価格のコツを解説」をご覧ください。

100円札(板垣退助)の買取価値

板垣退助100円札は最初期、前期、後期の3種類に分けられます。それぞれの価値の大きさは、以下の通りです。

最初期>前期>後期

紙幣ナンバーのアルファベットが一桁の最初期のものありで、未使用でピン札なら価値がかなり高くなることもあります。

板垣退助100円札の種類や買取価格については「100円札(板垣退助)の価値は?買取相場と高く売るコツも解説」を参照ください。

500円札(岩倉具視)の買取価値

発行年代で、B号券、C号券に分けられる岩倉具視の500円札は、現在も使えるお札なので、買取は額面ベースが基本です。

ただ、エラープリントやミスプリントの紙幣は買取額が上がるので、買取業者に査定を依頼しましょう。

岩倉具視500円札の価値や買取価格については「500円札(岩倉具視)の価値は?買取相場や高く売るポイントも解説」を参照ください。

1000円札(聖徳太子)の買取価値

1000円札では、B号券と呼ばれるのが聖徳太子1000円札で、現行紙幣なので買取額は額面ベースが基本です。

未使用品や紙幣ナンバーに記載のアルファベットが一桁のものは高価買取を期待できます。

聖徳太子1000円札を含む歴代の1000円札については「旧千円札(伊藤博文のお札)の価値とは?歴代の千円札も紹介」を参考にしてください。

1000円札(伊藤博文)の買取価値

今も有効なお札で、C号券が伊藤博文の1000円札です。現行紙幣なのでこちらも買取は一般的に額面ベースでり、未使用やピン札でなければ高価買取は期待できません。

ただエラーやミスプリント、また希少な紙幣ナンバーはプレミア品になります。

伊藤博文1000円札については「旧千円札(伊藤博文のお札)の価値とは?歴代の千円札も紹介」をご覧ください。

5000円札(聖徳太子)の買取価値

日本初の5000円札が聖徳太子の5000円札ですが、今も有効な紙幣なので、買取額は額面ベースです。

エラーや、ぞろ目・連番ナンバーなどは、高価買取を期待できる場合もあります。

旧5000円札の価値や買取価格については「旧5000円札(新渡戸稲造)の価値は?買取相場と高く買取ってもらうコツも解説」をご確認ください。

10000円紙幣(聖徳太子)の買取相場

アルファベット一桁や未使用、エラーなど希少価値があれば、高価買取が期待できます。

「大量」「大きい不要品」「運ぶのが面倒」なら出張買取!
全国無料出張買取の詳細はこちら
古銭・古紙幣を高く売るならうるココで!
古銭・古紙幣買取の詳細はこちら

明治通宝の買取

明治通宝には以下の9種類あります。

  • 十銭
  • 二十銭
  • 半円
  • 壹円
  • 二円
  • 五円
  • 拾円
  • 五拾円
  • 百円

それぞれ買取価格は異なります。

どの種類も現存している数が少ないので、額面以上の買取価格を期待できます。

旧国立銀行券の買取価値

日本の旧紙幣・古紙幣で価値がもっとも高いといわれている旧国立銀行券は、額面で5種類の旧国立銀行券が発行されています。

  • 1円
  • 2円
  • 5円
  • 10円
  • 20円

額面が大きいほど製造枚数が少なく買取価格も上がります。

旧兌換銀行券(日本銀行券)の買取価値

中央銀行が始めて発行した紙幣が日本銀行券で、図案に大黒点が描かれ、デザイン面でも人気の紙幣です。

  • 1円
  • 5円
  • 10円
  • 100円

旧1円券だけ今も有効ですが、状態が良ければ高価買取も可能です。

価値ある旧札の買取ならうるココへご相談ください

旧札の価値について簡潔にご紹介しました。

それぞれ旧札の詳細については関連記事をご覧ください。種類や買取価格、高価買取のコツなどを紹介しています。

旧札を所持していてもその価値は専門知識を持った査定士でなければ、適切に分からないものです。

「うるココ」では、専門の査定士による無料査定をご利用いただけますので、必要とあらばご利用ください。

もしかすると、思いもよらない査定額になる可能性も秘めていますし、査定・買取のお手軽さやお得さを知り、他にもどんどん売りたいとなるかもしれません。

それでは、お待ちしております。

「大量」「大きい不要品」「運ぶのが面倒」なら出張買取!
全国無料出張買取の詳細はこちら
古銭・古紙幣を高く売るならうるココで!
古銭・古紙幣買取の詳細はこちら

関連カテゴリー

うるココ鑑定団

関連するコラム