金買取なら
まとめるほどお得な
「うるココ」へ

選べる4つの無料査定 選べる4つの買取
コラム

今後、金の価値がなくなることはあるのか?

金の価値がなくなる

金の価格は上昇を続け、2024年5月17日には史上最高額13,028円(/g)を更新しました。好調に伸び続ける金価格ですが、今後もこの傾向は続き、金の価値がなくなることはないのでしょうか。

本記事では、金の価値がなくなることは考えにくいことや、金の価値が下がる局面、また今度どうなるのかの見通しについて解説しました。

「大量」「大きい不要品」「運ぶのが面倒」なら出張買取!
全国無料出張買取の詳細はこちら
目次

金の価値がなくなることはあるのか?

金の価値が完全になくなる可能性については、いくつかの観点から検討する必要があります。金は長い歴史を持ち、多くの文化や経済システムにおいて価値の保存手段と見なされてきました。

後述するように、金にはさまざまな分野で需要があり、多くの電子機器や宝飾品に使用されています。また、資産としての価値もあるため、経済不安が高まると金を手にしようとする人が増えます。

そのため、金の価値がなくなることは容易に想像することはできません。しかし、金の価値がなくなるという事態を、完全に否定することもできません。

例えば、技術的な進歩が金の代替品を生み出し、それが広く受け入れられた場合、金への需要は大幅に減少するかもしれません。また、世界的な経済構造が大きく変化し、金が価値保存手段としての役割を失うようなシナリオも考えられます。

ただし、これらの状況は極めて非現実的であり、歴史的に見ても金がその価値を完全に失った例はありません。

総じて、金の価値が「ゼロ」になる可能性は低いと考えられます。しかし、金価格は市場の供給と需要のバランスによって変動し、経済状況、政治的な出来事、金利の変動など様々な外部要因に影響されることを認識しておく必要があるのです。

「大量」「大きい不要品」「運ぶのが面倒」なら出張買取!
全国無料出張買取の詳細はこちら

金の価値がなくなることは考えにくい理由

将来的に金の価値がなくなる可能性は、低いと考えられます。

  • 希少価値が高い
  • あらゆる分野での需要がある
  • 劣化しない金属である

これらについて説明します。

「大量」「大きい不要品」「運ぶのが面倒」なら出張買取!
全国無料出張買取の詳細はこちら

希少価値が高い

地球上に存在する金の埋蔵量を考えると、金の希少性が分かります。

世界の主要鉱山会社40社で設立されたワールドゴールドカウンシルによると、以下のようなデータが出ています(2023年末時点)。

  • 採掘された金の総量:約21万トン
  • 金の埋蔵量:約59,000トン

参考:World Gold Council「Above-ground stocks」

金の年間採掘ペースは約3,000トンであるといわれており、このペースで採掘が進めば20年もかからない間に採掘が完了し、金が枯渇する可能性があります。

新たに金の採掘ができないとなると、希少価値は高まり、金価格の上昇に拍車をかけることが予想されるため、金価格は今後も下がらない見通しが持てるのです。

あらゆる分野での需要がある

金という素材は、柔らかくて加工しやすい展延性、優れた導電性、そしてアレルギーを引き起こしにくいといった性質から、装飾品、工業製品、医療機器など多方面で利用されています。

ジュエリー業界では金の柔軟性と輝きが高く評価され、美しい装飾品の材料として古来から利用されてきました。また、金は電子機器の製造において重要な素材となっており、優れた電気伝導性から、スマートフォンやパソコンといった現代の必需品に欠かせない存在です。

医療分野でも、金はその生体適合性の高さから金歯として使われるなど、人々の健康と深く結びついています。さらに、文化的また宗教的な側面では、金は神聖な物として仏具などに使用され、精神的な価値を持つこともこの金属の需要を支えています。

このような幅広い用途から、金が単に投機の対象ではなく、人々の生活や産業に深く根ざしていることが分かるでしょう。金の価値が完全になくなるというのは、これらすべての分野において金に代わる他の素材が取って代わるということであり、現在のところ、それは現実的に想定できません。

このように多方面での需要が金の価値を支えており、それが金の価値が容易には失われない重要な理由となっています。

劣化しない金属である

金は耐久性があり、水や空気による酸化や腐食がほとんど起こらないという化学的性質があります。そのため、長期間にわたってその輝きや美しさを保つことができ、これは、特にジュエリー業界で高く評価される理由のひとつです。

人の肌に直接触れても酸化しにくいという特性は、金がアクセサリーとして適した素材であることを意味します。年代物のジュエリーや装飾品であっても、その純度が高ければ元の美しさを保ちながら、後世に受け継がれる価値ある遺産となるのです。

さらに、金は加工がしやすくさまざまな形状やデザインに変えることができます。この加工のしやすさも金の価値を高める要素です。そのため、多様な分野での需要が持続し、それが価値を下がらない重要な要因となっています。

「大量」「大きい不要品」「運ぶのが面倒」なら出張買取!
全国無料出張買取の詳細はこちら

金の価値が下がる局面

金の価値は、主に以下のような局面で、下がると考えられます。

  • 経済不安が緩和する
  • 政策金利が上がる
  • 中国・インドの経済成長が鈍化する

それぞれについて説明します。必要に応じて、金価格が暴落する理由についてもご覧ください。

「大量」「大きい不要品」「運ぶのが面倒」なら出張買取!
全国無料出張買取の詳細はこちら

経済不安が緩和する

金は伝統的に「安全な避難先」と見なされており、経済的な不安定さや政治的な混乱が生じると、多くの投資家がリスクを避けるために金に投資します。そのような時期には、金の価格が上昇する傾向にあります。

しかし、世界経済が安定化し、経済不安が緩和すると、投資家はよりリスクを取ろうとします。より高いリターンを求め、株式や他の投資商品に目を向けるのです。このような時期には、金への需要が減少し、金の価格は下落します。

例えば、地政学的な緊張が緩和される、または大規模な経済的な危機が解決される場合、投資家は安全な資産である金から、より収益性の高い他の投資へとシフトします。これは、金の価値が下がる典型的な例です。

経済が安定すると、金価格が下落する可能性があるため、金の価格予想を行う際には世界経済の動向を注意深く観察することが求められます。

政策金利が上がる

金の価値が下がる局面のもうひとつとして挙げられるのは、政策金利が上昇する時期です。

金は配当や利息を生み出さない資産であるため、その価値は利益を生む他の金融商品と比較されがちです。政策金利が上昇すると、銀行預金や債券など金利が付く金融商品の魅力が増すでしょう。これらの商品は、より高い収益を投資家に提供するため、金よりも魅力的な投資先となるのです。

このように政策金利の上昇は、金から、預貯金や債券など他の金融資産へと資金が流れる傾向を強めるため、結果として、金の需要が減少し、価格が下落することにつながります。投資家が高いリターンを求めて金から他の資産に移行することで、金の価値が下がるわけです。

ただし、金の価格は政策金利だけでなく、政治的な不安定さや経済の全体的な見通しなど、多くの要因によって影響を受けます。政策金利の上昇が必ずしも直ちに金価格の下落を意味するわけではないため、総合的な観点から捉えることが重要です。

中国・インドの経済成長が鈍化する

中国とインドは世界で最も金に対する需要が高い国であり、これらの国の消費行動は金価格に大きな影響を与えます。

中国は世界最大の金生産国であり消費国ですが、金に対する需要のほうが供給を上回っているため、大量に金を輸入している状況です。また、インドでは金は文化的に重要な役割を果たし、多くの人が金を資産保有の形態として利用しています。

これら2つの国の経済が鈍化すると、その影響は金の需要に直接的に反映されるでしょう。経済成長の低下は、家計の収入減少や投資能力の低下を意味し、これにより金への投資が減少します。その結果、世界的な金価格が下落する可能性があります。

「大量」「大きい不要品」「運ぶのが面倒」なら出張買取!
全国無料出張買取の詳細はこちら

金の価格は今後どうなるのか

金の価格の今後については、複数の要因が影響するため、一概には予測できません。しかし、いくつかの長期的な傾向と短期的な変動要因を考慮すれば、今後の展望を概観することができます。

まず、金の埋蔵量には限りがあり、現在の採掘ペースが続けば約20年で枯渇するという試算があります。このような金の希少性の高さは、長期的な観点から金の価値を支える要因のひとつになるでしょう。また、宝飾品や工業製品としての需要が高いことも金の価格を維持する要因として考えられます。

このように、長期的に見れば金価格は上昇していくと予想できます。実際に、金は高騰を続けている状況です。

一方で、短期的には金価格は経済状況、金融政策などにより大きく変動する可能性があります。

先述している通り、経済不安は安全資産としての金への需要を高めます。逆に、経済が安定し、リスク資産への投資が増えると、金への需要が減少し、価格が下がるかもしれません。

中央銀行の金融政策も金価格を変動させます。金利の上昇は、金に投資する代わりに高金利の金融商品に資金が流れることを意味するため、結果として金価格を抑制する傾向が強くなります。

今後の金の価格を正確に予測するには、これらの要因を総合的に考慮することが欠かせません。また、金価格に影響を与える可能性のある新たな動向や政策変更にも敏感である必要があります。したがって、金の将来価格については、定期的な情報収集と分析が不可欠であるといえるでしょう。

「大量」「大きい不要品」「運ぶのが面倒」なら出張買取!
全国無料出張買取の詳細はこちら

まとめ

将来的に金の価値がなくなることは、考えにくいことを解説しました。金は希少価値が高いことやさまざまな産業からの需要があるため、すぐに価値が激減することはないでしょう。しかし、価値が下がらないという保証もありません。また、下がらずとも近年のような比較的大きな上昇幅が続くかも分かりません。

現在、金を売却するなら、悪いタイミングではない状態が続いているといえます。うるココでは、金買取が可能です。金の売却を検討されているなら、ぜひお声がけください。

「大量」「大きい不要品」「運ぶのが面倒」なら出張買取!
全国無料出張買取の詳細はこちら

関連カテゴリー

うるココ鑑定団

関連するコラム