金買取なら
まとめるほどお得な
「うるココ」へ

選べる4つの無料査定 選べる4つの買取

10金は価値がない?見分け方や高く売るコツを紹介

10金 アクセサリー

「10金は24金や18金のようには、価値がないのでは?」

「10金はマイナーだから売れないだろう」

10金製品について、このような印象を持っている人も少なくないかもしれません。最近、金価格は上昇しているものの、10金では大した買取額にならないだろうと思いこんでいるのです。

そこで、本記事では10金の概要やその価値、10金を見分ける方法について説明します。記事の後半では10金などの金を高く売る方法についても言及しているので、参考にしてください。

「大量」「大きい不要品」「運ぶのが面倒」なら出張買取!
全国無料出張買取の詳細はこちら
金を高く売るならうるココで!
金買取の詳細はこちら
目次

10金とは

10金(K10)は、純金である24金を基準とした場合の金の含有量を表し、約41.7%(10/24の割合)の金を含んでいます。

残りの58.3%は他の金属、つまり割金が含まれており、割金には銀や銅、亜鉛、ニッケルなどが使用されています。割金によって金の強度と色の調整が可能です。

10金の主な特徴として、以下のものがあります。

  • 耐久性に優れる
  • 豊富なカラーゴールドがある
  • 純金より安価に購入できる

これらについて説明します。

耐久性に優れる

10金は24金や18金と比べて耐久性があります。純金は柔らかく、傷つきやすいため、割金によって強度を増すことで日常使用に適した耐久性を持たせています。このため、10金はジュエリーとして非常に実用的なものとなるのです。

また、10金は比較的加工しやすく、複雑なデザインのジュエリーを作ることができますが、24金ほど柔らかくはないため、繊細な細工には限界があります。

豊富なカラーゴールドがある

10金は割金を活用することで、イエローゴールド、ホワイトゴールド、ローズゴールドなど、さまざまなカラーゴールドを作りやすいという特長があります。これにより、デザインのバリエーションが豊富になり、消費者の好みに応じた製品が提供できます。

10金の用途は主にジュエリーですが、その耐久性と加工のしやすさから日常使いのアクセサリーに多く用いられます。特にリング、ブレスレット、ペンダントなどで広く利用されています。

純金より安価に購入できる

買取市場での需要についてですが、10金は18金や24金に比べて純度が低いため、買取価格はこれらよりも低いことが一般的です。

しかし、ジュエリーとしてのデザインやブランド価値がある場合には、それに応じた価格で取引されることがあります。日常的に使用できる耐久性やデザインの多様性から、10金には一定の需要があります。

「大量」「大きい不要品」「運ぶのが面倒」なら出張買取!
全国無料出張買取の詳細はこちら
金を高く売るならうるココで!
金買取の詳細はこちら

10金は価値がない?買取相場は?

10金は、24金や18金と比べると金の含有量が少ないため、価値がないのではないかと見なされることがあります。しかし、10金にも価値があり、買取市場では相応の価格で取引されています。

10金の価値を決めるのは、主にその金の含有量です。市場では、金の価格が上昇すると10金の価値もそれに応じて上昇します。また、金製品の需要と供給も価格に影響を与える要因です。

また、10金のジュエリーや工業用途が高まると、その買取価格も上昇します。さらに、10金製品のデザインやブランド価値も買取価格に影響を与えます。その結果、有名ブランドや高品質なデザインの10金製品は、より高い価格で取引されることがあります。

10金の買取価格を調べるには、「本日の買取価格相場(1g当り/税込)」の買取相場価格計算ツールで調べてください。

10金の買取価格は金の国際相場に基づいて計算され、買取業者は通常、1グラムあたりの金の価格をもとにして、10金の含有量に応じて価格を提示します。買取業者によっては、手数料やその他の費用がかかる場合もありますが、基本的にはこのような計算方法が用いられます。

「大量」「大きい不要品」「運ぶのが面倒」なら出張買取!
全国無料出張買取の詳細はこちら
金を高く売るならうるココで!
金買取の詳細はこちら

10金の見分け方

10金を見分けるには、刻印の情報を確認しましょう。10金のジュエリーには「10K」、「417」または「10KT」といった刻印があります。「417」という刻印は、金の含有率を示しており、10金が41.7%の金を含んでいることを表しています。

10金のジュエリーには通常、目立たない場所に刻印がされています。リングの場合は内側、ネックレスやブレスレットの場合はクラスプ(留め具)付近にあることが多いです。

ただし、刻印があっても、偽物の可能性が完全に否定できるわけではありません。特に刻印が不明瞭であったり、ジュエリーの全体的な質感や重量が不自然な場合は、専門家に鑑定してもらうことをおすすめします。

また、10金を見分ける際に色味もヒントになることがあります。 10金は、他の金属(銅、銀、亜鉛など)との合金であり、純金の含有率が低いため、18金や24金に比べて色味が薄いです。一般的には、10金は淡い黄色または少しグレーがかった黄色をしています。

「大量」「大きい不要品」「運ぶのが面倒」なら出張買取!
全国無料出張買取の詳細はこちら
金を高く売るならうるココで!
金買取の詳細はこちら

10金を高く売る方法

お手持ちの10金製品を少しでも高く売るには、以下の点に気をつけてください。

相場をチェックする

金の価格は日々変動しているため、市場価格が高いときに売却することでより高い利益を見込めます。日頃から金相場を確認する習慣をつけましょう。

金相場はインターネットを使えば簡単に確かめられます。金の買取業者の公式サイトにも金相場を示すチャートが掲載されていることが多いです。

また、世界経済や社会情勢のニュースにも目を向けましょう。金価格は金融政策や世界情勢などの影響を大きく受けるからです。

将来的に金価格は2倍になるとの予想もありますが、そのように金価格が上がったタイミングで売却するには、日頃から金相場を確認することが必要です。

付属品を揃えておく

10金など金製品を売却する際には、購入時についていた付属品を一緒にしておくと買取額がアップする可能性が高くなります。付属品とは鑑定書や保証書、箱、レシートなどが該当します。

鑑定書は、その金製品が正規品であることを証明するための重要です。これらが揃っていると買取業者に対して信頼性を示すことができ、評価が高まります。特に高価な金製品の場合、鑑定書があることで偽物のリスクを減らすことができます。

また、保証書や箱などが揃っていると、商品の状態が良いと判断されやすく、コレクター価値が高まるため、買取業者はより高い価格を提示することが多いです。

付属品が揃っていると、買取業者は商品の真偽を迅速に確認できるため、取引がスムーズに進みます。このような手続きの簡略化により、査定にかかる時間も短縮されるため、売主にとってもメリットがあります。

金の買取業者に査定を依頼する

金を売る際には、金の買取業者に依頼するのがおすすめです。買取業者には、金の価値を正確に評価できる専門知識を持った査定士がいます。そのため、金の純度や重量、市場価格を考慮して適正な価値を判断でき、適正な価格での取引が期待できるのです。

反対に、リサイクルショップやネットオークション、フリマアプリでは専門知識が不足している場合が多く、金の価値が過小評価される可能性があります。また、このような方法では個人間取引が中心となるため、10金アクセサリーなど売りたいものの適正な評価が難しくなることがあります。

また、買取業者を利用することの大きなメリットのひとつが即金性の高さです。ネットオークションやフリマアプリでは、買い手が見つかるまでに時間がかかることがあり、現金化が遅れる可能性がありますが、買取業者では買取が成立すると即日現金払いで支払いが行われることがほとんどです。緊急で資金が必要になった場合などに適しているでしょう。

「大量」「大きい不要品」「運ぶのが面倒」なら出張買取!
全国無料出張買取の詳細はこちら
金を高く売るならうるココで!
金買取の詳細はこちら

まとめ

本記事では、10金にも価値があるということや、10金の見分け方、高く売る方法について説明しました。

10金の買取価格は純金(24金あるいはK24)に連動して上下します。そのため、より金価格が高くなっているタイミングで手放すには金相場をチェックしておくことが欠かせません。

価格上昇を続ける金を売るなら、うるココにご相談ください。うるココでは金買取を承っています。無料査定だけでもご利用ください。LINEから簡単にご利用いただけます。

「大量」「大きい不要品」「運ぶのが面倒」なら出張買取!
全国無料出張買取の詳細はこちら
金を高く売るならうるココで!
金買取の詳細はこちら

関連カテゴリー

うるココ鑑定団

関連するコラム