ブランド買取なら
まとめるほどお得な
「うるココ」へ

選べる4つの無料査定 選べる4つの買取
コラム

プラチナの価値がなくなる?価格を左右する要因について解説

プラチナ 価値 なくなる

プラチナは金より希少価値が高い貴金属ですが、金とはまた異なる値動きをします。

近年、プラチナはやや価格が低迷しているため、今後プラチナの価値がなくなるのではと心配になる人も見られるようです。

そこで、本記事では、プラチナの価値の下落理由や、価値を決める要因について説明します。

目次

プラチナの価値がなくなる?

長期的に、プラチナの価値がなくなることは考えにくいでしょう。理由はいくつかあります。

まず、プラチナは金や銀と同じく貴金属であり、「実物資産」として固有の価値を持っています。

実物資産は、企業や国家の経済破綻のような事態が発生しても、株や債券のように価値が完全に失われることはありません。

これは実物資産としての側面はプラチナが持つ基本的な特性であり、市場の状況が変化してもその価値を維持します。

また、プラチナは非常に希少な金属であり、その年間生産量は金の約1/15に過ぎません。

この希少性がプラチナの価値を支えています。市場におけるプラチナの需要と供給のバランスは、プラチナの価値を決定する重要な要素です。

また、プラチナは多くが工業用途に使用されており、特に自動車産業での利用が大きいです。

自動車の排気ガスを浄化する触媒として使用されるなど、産業分野で不可欠な素材となっています。

これらの点を総合すると、プラチナの価値が完全になくなるというシナリオは非常に考えにくいといえるでしょう。

プラチナの価値が下がった理由

プラチナの価値が下がった主な理由として、次の2つが考えられます。

  • 自動車産業の需要が減少した
  • 南アフリカのランドが下落した

これらについて説明します。

自動車産業の需要が減少した

プラチナの価値が下落している理由のひとつとして、自動車産業における需要の減少が挙げられます。

プラチナは、特にディーゼル車の排気ガスを浄化するための触媒として広く利用されています。

このような用途はプラチナ需要の大きな部分を占めており、自動車産業の動向がプラチナの市場価格に直接的な影響を与える要因となっています。

ここで注目すべきは、ヨーロッパを中心とした脱ディーゼル車の動きです。

環境保護や排気ガス規制の強化に伴い、ディーゼル車から電気自動車(EV)やハイブリッド車への移行が進み、その結果、ディーゼル車用のプラチナ触媒の需要減少に繋がり、プラチナの市場価格に影響を与えています。

さらに、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う経済活動の停滞は、自動車産業にも大きな影響を与えました。

自動車生産の落ち込みは、プラチナ需要の減少に直結し、自動車産業における需要減少は、プラチナ価格の下落に大きく寄与していると考えられます。

これらの要因により、プラチナの主要な用途の一つである自動車産業での需要が減少し、それがプラチナ価格の下落につながっているのです。

南アフリカのランドが下落した

南アフリカの通貨であるランドの価値下落も、プラチナの価値が下がった理由のひとつです。

南アフリカは世界のプラチナ産出の約70%を占めており、その経済はプラチナ市場と密接に連動しています。

ランドの価値は、通常、南アフリカの景気や世界情勢によって変動します。

ランドは金利が比較的高いため、投資家にとって魅力的な通貨である一方で、世界情勢の悪化や地政学的なリスクに敏感です。

例えば、2008年のリーマンショックによる金融危機や、近年の自動車産業における需要減少などの影響により、リスク回避の動きが強まると、資金が流出しランドの価値が下落しました。

このようなランドの価値の低下は、プラチナの価格にも影響を与えます。

プラチナの取引はランドで行われることが多いため、ランドが下落すると、プラチナの価格も下落する可能性があるのです。

プラチナは南アフリカの重要な輸出品であり、ランドの価値とプラチナ価格は連動しやすい傾向があります。

なぜプラチナは金より価値が低いのか

プラチナが金よりも価値が低い理由は、主にその用途と需要の違いに起因します。

金とプラチナはどちらも貴金属ですが、市場での役割と需要の構造が異なっているのです。

プラチナはその主な用途が工業分野にあり、特に自動車産業においては、触媒としての用途で大量に使用されています。

プラチナの全需要の大半が自動車産業によるもので、このためプラチナの価格は景気や自動車産業の動向に大きく影響されます。

一方で金の主な用途は、宝飾品や投資向けです。

金は「安全資産」としての特性を持ち、経済危機や政治的不安時にはその需要が高まります。

景気が悪化すると、投資家や消費者はリスクを避けて安全な資産へと資金を移動させるため、金の価格は上昇傾向となります。

リーマンショック時や新型コロナウイルスの流行、ウクライナ侵攻のような不透明な状況下では、金の価格は高騰し、プラチナとの価格差が広がりました。

以上のように、プラチナの価値が金よりも低いのは、その主要な使用用途が景気の波に強く影響される産業分野にあること、そして、金が持つ「安全資産」としての特性とそれに伴う安定した投資需要によるものといえます。

プラチナと金の違いについては「金とプラチナの違いとは?知っておきたい2大金属について」もご覧ください。

プラチナの価値が決まる要因

プラチナの価値に影響を与えるのが、以下のような要因です。

  • 自動車産業の動向
  • 水素社会へのシフト
  • 消費国の景気
  • 南アフリカの情勢

これらについて、ひとつずつ解説します。

プラチナ価格のこれからを考えるための参考にしてください。

自動車産業の動向

自動車産業の動向は、プラチナ価値を決定する重要な要因のひとつです。

先述の通り、プラチナは主に自動車の排気ガス浄化触媒として利用されており、この用途が全体の大きな割合を占めています。

そのため自動車産業の変化は、プラチナの需要と価格に直接的な影響を与え、プラチナの市場価格の変動を理解するのに欠かせません。

現在、環境規制の強化や、代替エネルギー車へのシフトによるディーゼル車からの移行が、欧州を中心に進んでいます。

このような動向は、ディーゼル車用のプラチナ触媒の需要を減少させ、プラチナ価格に下落圧力を与えています。

一方で、プラチナの需要は新たな方向で増加する可能性もあります。注目されるのが、パラジウムの代替としてのプラチナの使用です。

パラジウムはガソリン車の触媒に広く使われていますが、その供給の大半がロシアに依存しており、地政学的なリスクが高まる中でプラチナへの代替が進む可能性があります。

この代替が進めば、プラチナの需要が増加し、価格も上昇するでしょう。

エコカーのひとつである燃料電池車(FCV)の普及も、プラチナ価格に影響を与える要因となります。

燃料電池車は水素と酸素の化学反応を利用して電気を発生させ、このプロセスでプラチナが触媒として使用されるからです。

ディーゼル車よりも多くのプラチナを必要とするため、燃料電池車の普及はプラチナの需要を増加させ、価格上昇に繋がる可能性があります。

これらの自動車産業の動向によって、プラチナの価値は大きく左右されるのです。

水素社会へのシフト

水素社会とは、水素を主要なエネルギー源として使用する社会のことで、この動きは環境に優しい持続可能なエネルギーを実現するために注目されています。

水素エネルギーのメリットは、発電過程で二酸化炭素(CO2)や排気ガスが出ないことです。

水素は地球温暖化の抑制や空気質の改善に寄与すると期待され、日本や欧州を中心に水素エネルギーの活用が進んでいます。

このような動きが、プラチナの需要を拡大する可能性を秘めています。

特に注目されるのが「燃料電池車」です。燃料電池車は水素と酸素の化学反応を利用して電力を生成し、この過程でプラチナが触媒として使用されます。

水素社会へのシフトに伴い、燃料電池車の普及が進めば、プラチナの需要は大幅に増加することが予想されるのです。

消費国の景気

プラチナの消費は、欧州、北米、日本、中国といった地域に集中しており、これらの国々の経済状況がプラチナの市場価値に大きな影響を与えます。

プラチナの多くが工業分野、特に自動車産業で使用されているため、上記の国々による自動車生産の動向は、プラチナの需要に影響を及ぼします。

例えば、新型コロナウイルスの感染拡大によって世界的に自動車生産が落ち込んだ際、プラチナの価格も大きく下落しました。

このように、主要消費国の経済活動の減速は、プラチナの需要減少と価格低下を引き起こします。

逆に、景気が回復し消費が活発になると、プラチナの需要が増加し、価格も上昇する可能性があります。

経済が拡大すると、自動車産業をはじめとするプラチナの主要な用途分野での活動が増加し、それに伴いプラチナの需要が高まるからです。

南アフリカの情勢

南アフリカは世界のプラチナ供給量の大部分を占めており、同国内の事情はプラチナ市場に影響を与える可能性が高いです。

2008年のリーマンショック直前に見られたプラチナ価格の急騰は、南アフリカの鉱山会社が直面した電力不足による生産停止が一因とされています。

このような生産上の問題は、プラチナの供給を制限し、結果として価格を押し上げる要因となります。

また、南アフリカの鉱山労働者によるストライキも、プラチナ価格に影響を与える要素です。

ストライキが発生すると生産が停滞し、供給不足に陥ることがあります。このような供給不足は、価格上昇を引き起こす原因となり得ます。

さらに、既に説明した、南アフリカの通貨であるランドの動向も、プラチナ価格に影響を及ぼします。

ロシアも重要なプラチナ産出国ですが、南アフリカが供給する量が圧倒的に多いため、南アフリカの情勢はプラチナ市場により大きな影響を与えると考えられます。

まとめ

プラチナの価値は、主に自動車産業に大きな影響を受けます。

自動車産業の需要が低下すると、プラチナの価格は下がることが予想されますが、プラチナの価値がなくなることは、想定しづらいでしょう。

むしろ、燃料電池自動車の需要など、将来的にプラチナ価格に追い風となるような要素は、複数あります。

ただし、プラチナは金とは異なる値動きをし、変動しやすい側面があるため、日々相場をチェックし、今後プラチナ価格がどうなるのかを、ウォッチする必要があります。

良い価格となったタイミングで売却するのがおすすめです。

うるココでは、プラチナ買取も行っているので、ぜひお気軽にご利用ください。

関連カテゴリー

うるココ鑑定団

関連するコラム