金買取なら
まとめるほどお得な
「うるココ」へ

選べる4つの無料査定 選べる4つの買取
コラム

万年筆のペン先の金は売れるの?金の買取相場を紹介

万年筆のペン先の金は売れるの?|金の買取相場を紹介

万年筆のペン先は金でできていることがあり、思わぬ高価買取の対象となることがあります。

万年筆で使用するインクは強い酸性・アルカリ性を示すため、腐食しないように金が使われているのです。

本記事では万年筆のペン先に使用される金素材の買取について、解説しています。

万年筆にあしらわれている金の買取希望に興味がある人は、ぜひご覧くださいね。

「大量」「大きい不要品」「運ぶのが面倒」なら出張買取!
全国無料出張買取の詳細はこちら
金を高く売るならうるココで!
金買取の詳細はこちら
目次

万年筆のペン先は高く売れる

万年筆のペン先は高く売れる

万年筆のペン先に金が使用されている場合、高価買取が期待できます。貴金属である金は需要が高く、希少性があるため、高値で売れるからです。

金の相場によって買取価格は異なりますが、21K、18K、14Kの順に高く買い取ってもらえるでしょう。

万年筆は本体だけでなくペン先単体でも買取可能です。ノーブランドの万年筆であっても、ペン先のみを売却できます。

家に万年筆がある場合は、ブランドにこだわらず、ペン先に本物の金が使用されているかを確認して、高価買取を狙うとよいでしょう。

ただし、万年筆のペン先は見た目が金色でも、コーティングされた金メッキのものがあります。逆にくすんで金色でなくなっていても、実際には金が使われているものもあるので注意が必要です。

適正な買取価格で売却するためには、信頼できる買取業者に査定を依頼することが重要になります。

専門知識のある買取業者なら、万年筆のペン先に使われている金の種類や量を正確に判断し、適正価格で買い取ってくれるでしょう。

「大量」「大きい不要品」「運ぶのが面倒」なら出張買取!
全国無料出張買取の詳細はこちら
金を高く売るならうるココで!
金買取の詳細はこちら

万年筆のペン先は金の買取相場を参照するとよい

万年筆のペン先は、14K、18K、21Kなどの金が使用されています。金を使用しているペン先は、金の相場によって買取価格が変動するので、注意が必要です。

金の相場は世界情勢や為替変動に左右されるので、時期によっては買取価格が大きく変わってしまいます。

そのため相場を調べるときは、最新情報の確認が大切です。ペン先を売却する前に金の買取相場を参照しておけば、正確な買取価格がわかります。

ペン先を高く買い取ってもらいたい場合は、金の買取相場を調べること、信頼できる買取業者に依頼することが大切なポイントとなります。

金の相場

金には多くの種類があり、種類によって買取相場が違います。そのため、以下で金の種類別で買取相場を紹介します。

金の種類査定額
インゴット(金)8,593円
K248,585円
K227,873円
K21.67,730円
K207,194円
K186,613円
K144,915円
K103,480円
K93,068円
K18WG6,820円
K14WG5,048円

上記が、2022年12月11日の金の買取相場ですが、査定額はどれも1g当たりとなっています。

金の相場は、常に変化しているため、買取時期を考えることで、高値の買取を期待することができます。

過去の金の買取価格図

ここでは、過去5年分の金の買取価格をグラフと表にしました。買取時期を考える参考にしてください。

2023年4月と2018年4月における金1gあたりの買取価格を比べると、金の価値は倍近く上がっています。

グラフは右肩上がりで、金の買取価格は上昇傾向といえるでしょう。金価格の相場予想については「金価格が2倍に上昇する?」もご覧ください。

日付1gあたりの金の買取価格(円)
2018年4月4,974
2018年9月4,639
2019年4月4,924
2019年9月5,593
2020年4月6,380
2020年9月7,031
2021年4月6,792
2021年9月6,792
2022年4月8,511
2022年9月8,477
2023年4月9,347
「大量」「大きい不要品」「運ぶのが面倒」なら出張買取!
全国無料出張買取の詳細はこちら
金を高く売るならうるココで!
金買取の詳細はこちら

万年筆本体の買取相場

万年筆本体の買取相場は、ブランド、モデル、年代、状態、付属品の有無などによって異なります。

一般的に、高級ブランドの万年筆や限定品、希少なヴィンテージ品は高い買取価格がつくでしょう。

また、使用感が少なく美品であることも買取価格に影響します。

購入時に付属する箱や説明書、ギャランティーカードなどがある場合は、一緒に査定に出すと買取価格が上がるので探してみてください。

その一方、付属品などがない場合は買取価格が下がる可能性があるでしょう。

基本的な買取相場は、以下のようにいわれています。

  • 定価が10,000円以上の商品で新品価格の4分の1
  • 定価が数千円クラスの商品で新品価格の10分の1

以上の万年筆の買取相場は、あくまで目安として考えてください。

市場の需要と供給のバランス、買取業者の方針などさまざまな要因によって買取価格は変動します。

「大量」「大きい不要品」「運ぶのが面倒」なら出張買取!
全国無料出張買取の詳細はこちら
金を高く売るならうるココで!
金買取の詳細はこちら

分解しない方が高く付くこともある

万年筆は分解せずに売った方が高値がつきます。

先ほども紹介したように、万年筆のペン先の先端の金を売ろうとすると、消費税など手数料がかかり手元に残るお金が少なくなるので、分解をせずに万年筆として買取に出した方が利益は大きくなりやすいです。

万年筆として買取に出すことで物によっては、数万円の価値がある万年筆もあります。

したがって、万年筆を買取に出す時は、分解せずにそのまま買取に出しましょう。

ブランド物の万年筆であれば高く売れる

ブランド物の万年筆であれば高く売れる

ブランド物の万年筆はファンやコレクターが多く、コレクションアイテムとして価値が高くなります。

特にブランドの初期モデルや限定品の万年筆は、入手困難で希少性があり人気です。

こちらでは、世界でも有名なブランドを4つ紹介します。

  • モンブラン
  • ウォーターマン
  • ペリカン
  • シェーファー

万年筆に詳しくなくても、これらの名前だけは知っている人もいるのではないでしょうか。では、それぞれ紹介します。

モンブラン

モンブランは1906年にドイツで創業され、質の高い万年筆を世界中に提供しています。

代表的な作品である「マイスターシュテュック」は、品質を感じさせる金のペン先が特徴です。

華美になりすぎない外見も魅力的で、万年筆の愛好家からも高い人気を誇っています。三島由紀夫や松本清張といった著名な作家にも愛された逸品です。

1924年の発売以来、芸術品とまで称される高い品質とデザイン性により、今もなお変わらぬ人気を保ち続けています。

モンブランはそのほかにも、人気シリーズを幅広く展開するブランドです。

たとえば、スタイリッシュな「スターウォーカー」、女性からの人気が高い「ミューズエディション」などがあげられます。

ウォーターマン

ウォーターマンは1883年に創業され、世界で初めて万年筆を製造した筆記具メーカーであり「万年筆の元祖」と呼ばれています。

毛細管現象を応用して現代の万年筆の原点を築きました。クリップ付きのペンキャップや取り替えが便利なカートリッジの開発も、ウォーターマンの功績です。

「カレン」「エキスパート」といった有名なシリーズを展開しており、シリーズによっては上位モデルが用意されています。選択の幅が広く、自分にあった万年筆を選びやすいのも魅力的です。

ウォーターマンは、技術とデザインを融合させ、持つ人に表現する喜びを与えることを理念に掲げています。だからこそ万年筆の愛好家を魅了し続けているのでしょう。

ペリカン

ペリカンは、スイスに本社を置く筆記具メーカーで、高級な万年筆ブランドとして知られています。

ペリカンの万年筆は、ペン先から直接インクを吸い上げる独自のピストン吸引式を採用しているのが特徴です。現代でもその画期的なスタイルは継承され、業界を牽引しています。

ペリカンの代表シリーズである「スーベレーン」は、バランス設計にこだわりを持ち、柔らかくなめらかな書き心地を実現しました。

「スーベレーンM800」はシリーズの中でも特に人気があり、幅広い世代から支持を集める名品です。

そのほかにも、高い芸術性がある「トレド」、機能的かつシンプルさに重点をおいた「クラシック」といった人気シリーズがあります。

世界中の愛好家から賞賛されるブランドといえるでしょう。

シェーファー

シェーファーは、1913年にアメリカ・アイオワ州の小さな万年筆店としてスタートしました。その後、革新的なレバー充填式の万年筆を発明したことにより、アメリカを代表する筆記具メーカーに成長したブランドです。

シェーファーの定番「VLR」シリーズは、なめらかな書き心地が特徴。初めて万年筆を使う方からも使いやすいと評判を得ています。

また「レガシーヘリテイジ」は流線型のスタイリッシュなデザインが魅力で、持ちやすく疲れにくいと人気です。

シェーファーは、歴代のアメリカ大統領に愛用されるほど品質が高く評価されています。国際会議や首脳会談など、重要な書類に署名するための筆記具としても使われました。

「大量」「大きい不要品」「運ぶのが面倒」なら出張買取!
全国無料出張買取の詳細はこちら
金を高く売るならうるココで!
金買取の詳細はこちら

万年筆のペン先を売るときに見るべきポイント

万年筆のペン先を売るときに見るべきポイント

万年筆のペン先を売るときには、以下2つのポイントに注意しましょう。

  • 刻印を確認する
  • 本体のロゴを確認する

このポイントを押さえることで、自分が持っている万年筆が高値で買い取ってもらえるかどうかの目安がわかるでしょう。ここでは2つのポイントについて解説します。

刻印を確認する

万年筆のペン先の多くは、素材に応じた刻印が施されています。

14金や18金などの金が使用されている場合は「14K」「585」や「18K」「750」といった刻印が確認可能です。

ペン先の素材に金が使われていなくても、金色の場合は金メッキが加工されており、「22KGP」や「18KGP」と刻印されているでしょう。「KGP」とはKarat Gold Platedの略で金メッキという意味です。

またブランドによっては、特別な刻印が施されています。

モンブラン「マイスターシュテュック」のペン先には、アルプス山脈モンブラン山の標高である「4810」の刻印が確認できるでしょう。

このように、万年筆のペン先には、素材に応じた刻印やブランドロゴが施されている場合があります。

合わせて「刻印なしの金でも買取ってもらえる?刻印がある理由や意味も解説」も参照ください。

本体のロゴを確認

ペン先の刻印だけでなく、万年筆本体のロゴを確認することも大切です。

ブランドのロゴが刻印されている場合、万年筆本体をそのまま査定に出すとよいでしょう。

ペン先だけの場合より、高い買取価格が期待できます。

また、本物であると確認しやすくなるため、偽物や模倣品と間違えて低価格で買い取られてしまうリスクを減らせます。

万年筆本体を見ると、ロゴ以外にも自分のネームやイニシャル、日付などの刻印加工が施されている場合があります。加工がない場合と比べて買取価格が下がっていますが、ブランド物であれば買取可能です。

以上のように、本体のロゴはブランド物かどうか見極める指標となります。

万年筆そのものを査定に出した方が買取価格は上がる可能性があるので、ペン先の刻印と合わせて確認しておくとよいでしょう。

「大量」「大きい不要品」「運ぶのが面倒」なら出張買取!
全国無料出張買取の詳細はこちら
金を高く売るならうるココで!
金買取の詳細はこちら

万年筆の歴史について

万年筆の歴史について

万年筆の起源は、古代エジプトから存在していたといわれています。ヨーロッパでは、7世紀頃から羽根ペンが使われ始め、18世紀まで1000年以上にわたり使われていました。

1781年にフランスの科学者ニコラス・バイオンは「永遠に尽きないペン」の研究を開始。軸の内部にインクを貯蔵する仕組みを持ったペンを開発しました。

しかし、実用的ではなかったため、万年筆の原型とはなりませんでした。

1884年に、ウォーターマンが毛細管現象の原理を利用したペン芯の特許を取得しました。これが現在の万年筆の基本型になります。

ウォーターマンは、契約書にペンのインクをこぼして契約を逃すという苦い経験から、インク漏れをしないペンを開発したそうです。

その後、くぼみをつけたペン先やクリップ付きのキャップ、カートリッジなど次々と改良が重ねられ、現代の万年筆が完成しました。

日本での万年筆の歴史は、1895年に丸善がウォーターマンの万年筆を輸入販売したことから始まります。

1911年に坂田久五郎が坂田製作所(現・セーラー万年筆)を創業し、国内で初めて万年筆の製造を開始。

その後、戦争により金属の使用が規制され、万年筆の製造ができなくなりました。

しかし、1963年に海外からの輸入が自由化されると、再び高品質な製品が開発されるようになります。

現代においても、万年筆の機能性や利便性は向上し続けており、高品質な筆記具としての地位を確立しています。

「大量」「大きい不要品」「運ぶのが面倒」なら出張買取!
全国無料出張買取の詳細はこちら
金を高く売るならうるココで!
金買取の詳細はこちら

万年筆は価値あるものなのか

万年筆は価値あるものなのか

万年筆はコレクターアイテム・貴金属としての価値があります。

以下は、万年筆の価値を高める条件です。

  • 有名ブランドであること
  • 状態がよいこと
  • ペン先に金が使われていること
  • アンティーク品や限定品であること

有名ブランドの中でもモンブラン「マイスターシュテュック」やペリカン「スーベレーン」は価値が高い万年筆として知られています。

また、ノーブランドであってもペン先に金が使われていれば、貴金属として価値があるといえるでしょう。

万年筆は単なる筆記用具ではなく、コレクターアイテム、貴金属としての価値があり「ステータスシンボル」として認知されています。

「大量」「大きい不要品」「運ぶのが面倒」なら出張買取!
全国無料出張買取の詳細はこちら
金を高く売るならうるココで!
金買取の詳細はこちら

万年筆のペン先の金買取に関するQ&A

万年筆のペン先の金買取に関するQ&A

ここでは「万年筆のペン先」に関する質問と回答をまとめました。ぜひ参考にしてください。

万年筆のペン先は何でできているの?

万年筆のペン先は金、ステンレス、チタン、セラミックスなどさまざまな素材です。

ただし、高級な万年筆のペン先の多くは金で作られています。

その理由は、金は非常に柔軟で曲がりやすく、書き味がなめらかで独特の風合いがあるからです。また、酸化や腐食に強いためペン先の劣化が少なく、長い期間使用できるといった理由もあります。

ブランド物の万年筆はどんなものがある?

万年筆の有名ブランドと代表的なシリーズを以下にまとめました。

(海外ブランド)

ブランド名代表的なシリーズ
モンブランマイスターシュテュック、スターウォーカー
ウォーターマンカレン、エキスパート、チャールストン
ペリカンスーベレーン、トレド、クラシック
シェーファーVLR、レガシーヘリテイジ
パーカーソネット、デュオフォールド、アーバン
ラミーサファリ、ラミー2000

(国内ブランド)

ブランド名代表的なシリーズ
セーラープロフェッショナルギア、プロフィット
パイロットエラボー、プレラ、エリート95s
プラチナ万年筆プレジデント、プレジール、プレピー
中屋万年筆シガー、ライター、ブライヤー
ぺんてるランスロット、エクスキャリバー
「大量」「大きい不要品」「運ぶのが面倒」なら出張買取!
全国無料出張買取の詳細はこちら
金を高く売るならうるココで!
金買取の詳細はこちら

万年筆のペン先の金買取ならうるココへ

万年筆のペン先の金買取ならうるココへ

店舗によって査定額が変わる金の買取。

先述したように、金を買取をする際には気をつけないことがたくさんあります。

うるココでは、宅配買取や出張買取、LINE査定など5種類から買取方法を選ぶことができます。また、HPに金の店頭買取価格が常に表示されているので、査定額の目安になるでしょう。

無料で査定もしているので、まずは気軽に査定依頼をしてみてください。

「大量」「大きい不要品」「運ぶのが面倒」なら出張買取!
全国無料出張買取の詳細はこちら
金を高く売るならうるココで!
金買取の詳細はこちら

関連カテゴリー

うるココ鑑定団

関連するコラム