ブランド買取なら
まとめるほどお得な
「うるココ」へ

選べる4つの無料査定 選べる4つの買取
コラム

買取できないお酒の特徴とは?買取できるものも紹介

買取可能なお酒と買取できないお酒を解説!

「開封しているお酒は売れないの?」

「昔に買った高級な酒があるけど、売れるのか知りたい」

お酒は、ワインなど長年の熟成により価値が上がるものや、通常の飲食物と同じように、賞味期限がきて口にするのがはばかられるようになるものまで、さまざまです。

それだけに、買取できるのかと迷うことも多くなるかもしれません。

そこで、本記事では買取できないお酒について説明するとともに、その後には高価買取できるお酒について紹介します。

お酒の買取を検討している人は、ぜひ参考にしてください。

「大量」「大きい不要品」「運ぶのが面倒」なら出張買取!
全国無料出張買取の詳細はこちら
お酒を高く売るならうるココで!
お酒買取の詳細はこちら
目次

買取できないお酒の特徴

お酒は口にするものなので適切に管理され、味わいの変化や衛生上の問題がない状態でなければ買取ができません。

ここでは買取不可となるお酒について紹介します。

  • ラベルが劣化している
  • 開封済みである
  • ボトル・コルクが劣化している
  • 賞味期限が近いお酒
  • 液面低下を起こしている
  • 腐敗・変色している
  • 名前が印字されている
  • 価格が低いもの

お酒の買取を希望している人は、これらのパターンに当てはまっていないか確認してください。

ラベルが劣化している

お酒の買取において、ラベルは重要な要素です。ワインセラーに保管しているワインなどでも、定期的な点検をせずに何年も放置していると、ラベルにカビやシミが発生してしまうことがあります。

ラベル汚れが多いお酒は減額対象となるほか、場合によっては買取不能となることもあります。そのため、お酒のラベルは慎重に扱い、良好に保つことが必要です。

開封済みである

開封済のお酒は、買取ができません。開封したお酒は、空気に触れることで品質が劣化してしまうからです。そのため、お酒の買取では未開封であることが前提となります。

しかし、例外も存在します。例えば、クリスタルボトルのような希少性の高いお酒や美しいデザインのボトルは、コレクターの間で需要があり、開封済みであっても買取を受け入れてもらえる可能性があります。

また、キャップ部分のフィルムが剥がれている程度の場合なら、通常の買取価格よりも低いかもしれませんが、「訳あり」として買取されることもあるでしょう。

ボトル・コルクが劣化している

ワインなどのボトルやコルクが劣化していると、お酒の中身に目立った異常が見つからなくても買取不可となることが多いです。

ボトルやコルクが破損していると、お酒が揮発し、それにともなって味わいが変わったり、風味が損なわれたりすることがあるからです。

また、適切に密閉ができていないと不純物が混入してしまっている可能性も排除できなくなります。

賞味期限が近いお酒

買取業者によって査定基準は異なりますが、賞味期限が1〜2か月を切っているお酒は買取できないところが多いです。

賞味期限が短いお酒の代表として、ビールが挙げられます。保管状況にもよりますが、9か月ほどが一般的なビールの賞味期限です。ちなみに、賞味期限が過ぎていても密閉されているなら衛生的な問題はありません。

ビールに次いで賞味期限が短いお酒が、日本酒です。中には10年など長期熟成できるものもありますが、一般的には6〜10か月ほどと短く、賞味期限が迫っている日本酒も減額対象となります。

「大量」「大きい不要品」「運ぶのが面倒」なら出張買取!
全国無料出張買取の詳細はこちら
お酒を高く売るならうるココで!
お酒買取の詳細はこちら

液面低下を起こしている

液面低下とは、未開封のお酒であっても、時間の経過と共に内部の液体の量が目に見えて減少している状態を指します。

液面低下の原因は、ボトルの劣化やひび割れによって、お酒が蒸発したり、微細な隙間から漏れ出してしまうことにあります。

コルク栓を使用しているお酒では、コルクの劣化が進むとひび割れや縮小が起こり、それが液面低下を引き起こす原因になるため、定期的な点検が必要です。

未開封であっても液面が低下してしまうと、そのお酒は品質が保証されず、買取対象外となることがあります。

腐敗・変色している

お酒が腐敗しているかどうかを未開封の状態で判断することは難しいですが、変色が激しい場合は劣化がかなり進んでいると見なされます。

このような変色はお酒の品質が低下し、本来の風味が損なわれていることを示すため、買取不可となってしまいます。

また、お酒の中に浮遊物が見られる場合も腐敗の兆候であると考えられ、品質保証ができないため、買取が拒否されることがほとんどです。

腐敗・変色した状態のお酒は、買取業者にとっても再販のリスクが高いため、買取ができません。

名前が印字されている

ボトルあるいはラベルに個人の名前が入っているようなお酒は、買取不可となる可能性が高いです。

結婚・記念日などのお祝いでお酒をプレゼントされる場合に、このような個人名が入っているケースが想定されます。

ただし、名前が印字・刻印されている場合でも、会社名なら買取できる場合もあるため、一度買取業者に問い合わせてみましょう。

価格が低いもの

流通数が多く、低価格なお酒は買取できないことがあります。希少性や独自性が低いため、買取業者も高価での買取には消極的です。

単品や数本のみでの売却の場合ならなおさら、買取を断られる可能性が高いでしょう。一方で、100点単位など大量にまとめて売却する際には、買取価格が数千円になることもあり、買取が成立することもあるでしょう。

「大量」「大きい不要品」「運ぶのが面倒」なら出張買取!
全国無料出張買取の詳細はこちら
お酒を高く売るならうるココで!
お酒買取の詳細はこちら

買取できるお酒とは

買取可能なお酒の基本!

原則、買取できるお酒は未開封のものです。

お酒は1本から買取可能ですが、まとめ売りすると査定額がプラスになるお店もあります。

賞味期限まで少ししかなかったり、過ぎたりしているお酒は買取不可になるか、買取額がかなり下がります。そのため賞味期限があるビールや日本酒を買取可能なお店は少ないのが現状です。

ここでは、高く売れるお酒の銘柄について、をジャンル別に紹介します。

  • ブランデー
  • ウイスキー
  • シャンパン
  • ワイン
  • 日本酒
  • 焼酎
  • ビール

それでは、ひとつずつ説明します。

高価買取されやすいブランデー

高価買取可能になりやすいブランデー

ブランデーは品質が落ちにくいお酒で、長期間保管していたものでも高く売れやすいです。

特に、バカラボトルに入った以下のような銘柄は高価買取されやすいでしょう。

  • レミーマルタン
  • ヘネシー
  • カミュ
  • クルボアジェ
  • マーテル
  • ハイン

高価買取されやすいウイスキー

高価買取可能になりやすいウイスキー

ウイスキーは銘柄にもよりますが、全体的に年代物が高値になりやすい傾向があります。

産地は、以下のものが有名です。

  • スコッチウイスキー
  • アメリカンウイスキー
  • アイルランドウイスキー
  • カナディアンウイスキー

人気が高いのはスコッチウイスキーで、その中でも下記のものは高価となりやすいです。

  • マッカラン
  • ボウモア
  • ダルモア
  • スプリングバンク
  • グレンフィディック
  • アードベッグ

日本のウイスキーで高値がつきやすいのは以下のものです。

  • サントリーウイスキー山崎・響・白州
  • ニッカウイスキー竹鶴・余市・宮城峡
  • イチローズモルト
「大量」「大きい不要品」「運ぶのが面倒」なら出張買取!
全国無料出張買取の詳細はこちら
お酒を高く売るならうるココで!
お酒買取の詳細はこちら

高価買取されやすいシャンパン

高価買取可能になりやすいシャンパン

シャンパンにはグレードがあり「ノンヴィンテージ」「ヴィンテージ」「プレスティージュ」の3つに分かれます。最上級ランクである「プレスティージュ」、良質なブドウがとれた年にのみ造られる「ヴィンテージ」は、価格も高めです。

プレスティージュで有名な銘柄は下記の通りで、これらのお酒は高価買取の対象になりやすいでしょう。

  • クリュッグ
  • ドン・ペリニヨン
  • ポメリー
  • ボランジェ
  • クリスタル
  • サロン

高価買取されやすいワイン

高価買取可能になりやすいワイン

ワインで有名なものはフランスのブルゴーニュワインやボルドーワインなどみなさんご存知だと思います。

ワインといえば、フランス産のワインがすぐ思い浮かびますが、イタリア産やアメリカのカリフォルニアワイン、またドイツ産のワインにも有名銘柄が多くあります。

産地銘柄
ブルゴーニュワインロマネコンティモンラッシェラ・ターシュ
ボルドーワインシャトー・ペトリュスシャト・ーラフィットシャトー・マルゴー
カリフォルニアワインスクリーミング・イーグルオーパス・ワンボンド

高価買取されやすい日本酒

高価買取可能になりやすい日本酒

日本酒の銘柄は、以下のものが高い買取価格になりやすいです。

  • 十四代
  • 黒龍しずく
  • 磯自慢
  • 獺祭磨きその先へ
  • 菊姫菊理媛
  • 田酒
  • 賀茂鶴
  • 飛露喜
  • 蓬莱泉
  • 〆張鶴
  • 久保田萬寿
  • 而今
  • 北雪
  • 越乃寒梅
  • 勝駒
  • 鍋島
  • 醸し人九平次
  • 龍力
  • くどき上手
  • 客人
  • 天狗舞
  • 洗心
  • 八海山
  • 山川草木
  • 筑波歳寿
  • 花薫光

高価買取されやすい焼酎

焼酎の種類は原材料の違いにより、下記のように分類されます。

  • 芋焼酎
  • 麦焼酎
  • 米焼酎
  • そば焼酎
  • 黒糖焼酎
  • ごま焼酎
  • 栗焼酎

買取額が高くなる銘柄は、次の通りです。

  • 森伊蔵
  • 魔王
  • 萬膳
  • 古酒櫻井
  • 八幡
  • 伊佐美
  • 真鶴
  • 耶馬美人
  • 村尾
  • 越乃寒梅
「大量」「大きい不要品」「運ぶのが面倒」なら出張買取!
全国無料出張買取の詳細はこちら
お酒を高く売るならうるココで!
お酒買取の詳細はこちら

お酒の高価買取ポイント

査定前に少しの手間をかけるだけで買取額アップに繋がるため、最後にこれらの項目を押さえておきましょう。

付属品を揃えておく

多くの場合、お酒には外箱や替え栓、ギャランティカードなどの付属品が同梱されています。付属品は、お酒が新品に近い状態であることを示し、コレクション価値をも高める役割を果たします。

付属品が揃っているお酒は再販しやすく、価値が高く評価されるのです。

特に高級なお酒では、付属品の有無が査定額に大きく影響し、付属品が完備されていることで査定額が倍以上に跳ね上がることもあります。

簡単に掃除をする

お酒のボトルやラベルについた指紋やホコリは、綺麗に拭き取っておくことが望ましいです。付属品も同様に、ホコリや汚れがあれば取り除いておきましょう。

ただし、取れない汚れを無理に落とそうとして強くこすると、瓶やラベルに傷がつくことがあり、逆に買取価格の減額に繋がる恐れがあるため注意が必要です。

落ちにくい汚れについては、無理に取り除くのではなく、査定前にその旨を申告することが望ましいでしょう。

まとめ売りをする

飲まないお酒が複数ある場合、単品よりも、まとめて売るほうが買取価格アップに繋がりやすいです。

買取業者側にとっても、多くのお酒を一度に査定できることで、手間や時間が節約されるため、買取金額に反映させやすくなります。

まとめ

買取できないお酒について解説しましたが、もう一度まとめておきます。

  • ラベルが劣化している
  • 開封済みである
  • ボトル・コルクが劣化している
  • 賞味期限が近いお酒
  • 液面低下を起こしている
  • 腐敗・変色している
  • 名前が印字されている
  • 価格が低いもの

これらのお酒は、減額対象となるか、場合によって買取不可になります。

しかし、買取業者によって対応が異なることがあり、まとめ売りできるなら例外的に買取できるような場合も考えられます。そのため、売れるか分からない場合は問い合わせるのが確実でしょう。

査定は無料で利用できることがほとんどなので、ぜひ依頼すると良いでしょう。

「大量」「大きい不要品」「運ぶのが面倒」なら出張買取!
全国無料出張買取の詳細はこちら
お酒を高く売るならうるココで!
お酒買取の詳細はこちら

うるココでも、お酒買取を承っています。ぜひお気軽にご相談ください。

関連カテゴリー

関連キーワード

うるココ鑑定団

関連するコラム