ブランド買取なら
まとめるほどお得な
「うるココ」へ

選べる4つの無料査定 選べる4つの買取
コラム

赤珊瑚の見分け方やお手入れについて

知って得する赤珊瑚の見分け方やお手入れ方法を知ろう!

赤珊瑚は珊瑚の種類の1つですが、珊瑚は大別して

  • 血赤珊瑚
  • 赤珊瑚
  • 桃色珊瑚
  • 白珊瑚

4つが種類あります。

それぞれ産地や見た目、また希少性が違いますが、日本産の珊瑚は世界から美しいと認められ、その中でも特に血赤珊瑚は最高級と言われています。

日本産の血赤珊瑚や赤珊瑚には、「フ」といわれる筋があり、これは加工の際に出る白い模様なのですが、地中海産の珊瑚にはないので、日本産の珊瑚と見分けるポイントとなります。

日本産の赤珊瑚は、色調が深いほど稀少価値が高くなります。

リングやネックレス、ブローチなどに使われる赤珊瑚では、丸玉のカットが人気で、10ミリを越える丸玉は特に高額になります。

赤珊瑚の見分け方

赤珊瑚は偽物も多く、ガラスやプラスチックなどの表面に塗料加工したものを販売する業者もいます。

ネット通販で安易に買ったり、相場よりあまにり安い価格で買った場合は、偽物の可能性があります。

鑑別所を必ずもらい、本物か偽物かを確かめましょう。

偽物は、表面を塗料でコーティングしているので、割ると中央が白くなっていますが、珊瑚を割ることはできないので、触ってみて冷たいのであれば本物の赤珊瑚という見分け方もあります。

本物の赤珊瑚は、熱で熱くなることはほぼないので、白熱灯の下で長い時間放置してみて判断する手もあります。

赤珊瑚のお手入れ

赤珊瑚は希少価値が高いですが、キズや汚れがあるとその価値は下がります。

天然の珊瑚は変色すると元に戻らないので、日墓のお手入れが大事です。

珊瑚は、酸に溶けやすい性質があり、汗や酢に弱いので、使ったら柔らかい布で汗を優しく拭きとるようにしましょう。

また、珊瑚は衝撃に弱い宝石なので丁寧に扱い、お風呂や温では外すようにしましょう。

買取価格が上がる赤珊瑚

赤珊瑚でも、日本産の赤珊瑚は世界で認められるほど人気が高く、赤珊瑚の価格が上がっています。

赤珊瑚の価値を知ろうと査定を受けたら、予想以上の買取価格にびっくりする人も多くいます。

赤珊瑚をお持ちでしたら、一度査定に出してみるとよいでしょう。

いかがでしたでしょうか?

赤珊瑚についてご紹介してまいりましたが、もし赤珊瑚や他の宝石をお持ちでしたら今の価値を調べてみてはいかがですか?

お手持ちの宝石の価値を調べてみませんか?

お持ちの宝石がいったいどのくらいの価値が現在あるのか、一度査定を受けて把握しておくとよいでしょう。

宝石は、業者によって査定額に差が大きくでます。

買取業者ごとの基準価格の違いも理由の一つですが、もっとも大きな理由は、

「国内にしか販売ルートがない業者」「海外にも販売ルートがある業者」の違いにあります。

世界中の市場から宝石を一番高く売れる市場に販売ルートをもつ「海外にも販売ルートがある業者」の方が仕入れである宝石の買取価格を高く設定することができるのです。

宝石の買取専門業者に査定を依頼し、その中から一番高い査定額をだす業者の価格を参考にするとよいです!

関連カテゴリー

関連キーワード

関連するコラム

コレいくら? 電話で聞いてみる

写真を送るだけ! LINEで無料査定