ブランド買取なら
まとめるほどお得な
「うるココ」へ

選べる4つの無料査定 選べる4つの買取
コラム

毛皮の寿命とお手入れ方法や買取について

プロが毛皮の寿命とお手入れ方法や買取について教えます!

毛皮にも寿命があります。
また毛皮の寿命はお手入れ方法などによっても変わり、毛皮の寿命はしっかりしたお手入れ方法を知っていれば最大限になります。
ここではそんな毛皮の寿命などについてご紹介します!

ムートンの毛皮の寿命

ムートンの毛皮は耐久性がよく、丸めたり折り曲げても大丈夫ですが、汗やカビがつくとクリーニングでも取れなくなります。
耐久性そのものは高いのですが、クリーニングの面から毎日着たとして3~4年、週1回くらい着たとして6年、それほど着ないのであれば10年くらいは寿命が持ちます。
ただ、ムートンの毛皮は劣化しても「こういう感じの毛皮なのかな?」と思う程度の劣化の仕方なので、よほどボロボロになるまでは着用できます。

ミンクの毛皮の寿命

ミンクは超高級で、どちらかというとフォーマル向きの毛皮です。
耐久性はよく、たたんでも折り曲げても大丈夫なので丈夫といえますが、裏地がまずダメージを受けることが多いので、もしミンクの毛皮をもらったらまず裏地のダメージがあにかチェックしましょう。
ミンクの毛皮は、大事に使って裏地を定期的に変えれば寿命は100年以上になります。

ラビットの毛皮の寿命

ラビット毛皮はもっとも身近な毛皮の一つといえ、安くてカラフルで染色がいらず、フワフワなので、一般的によく買われるブランド品にもさまざまに使われています。
丈夫でたたんでも折り曲げても大丈夫ですが、摩擦に弱く、毛が抜けやすいのがデメリットです
ラビット毛皮の寿命はだいたい3~5年で、長く使いたいのであれば、使う頻度を落とすとよいです。

フォックスの毛皮の寿命

フォックス毛皮はラビットと同様に身近な毛皮の種類ですが、耐久性が低いので、たたんだり、折り曲げたりはオススメできません。
裏地はそっくり取り替えできるらので、表面の毛皮が劣化しないように扱いましょう。
毛皮部分を大事にすれば寿命は30~40年くらいになります。

フェイクファーの毛皮の寿命

フェイクファーは化学繊維で、基本的に一般的な洋服に似た生地を使用しているので、洋服と同じくらいの寿命しかありません。
ただブランドで丈夫さは違いがあり、どのブランドかで変わりますが、寿命は3~10年くらいになります。

寿命が過ぎた毛皮は買取りできるか?

寿命が過ぎた毛皮でも買取可能です。
寿命が過ぎても着用は可能ですし、ほつれなどは縫い直すことができます。
また、毛皮を業者が再販する際に、そのものを再販するのでなく素材市場を活用することもあり、素材用として売ることができるのです。

毛皮のお手入れ方法

毛皮は、着た後に必ず汚れを落としてから保管しましょう
着た後に、軽く叩きホコリを落としたり、ブラッシングするなどのお手入れをします。
ホコリがついたまま放置すると、抜け毛の原因になり価値が落ちてしまいます。
水濡れの際は、軽く振って水を切ってから、乾いたタオルで拭き、陰干しで自然乾燥させましょう。
アイロンやスチームなど熱は毛皮に悪いので避け、下の皮まで濡れた際は、クリーニング店などで相談することが大切です。
また、毛皮は光で変色してしまうので、保管場所は日光や蛍光灯の光が当たらず、風通しがよく湿気の少ない場所にしましょう。
毛皮を正しくお手入れし、よい状態を保つことが毛皮の高価買取のポイントといえます。

関連カテゴリー

関連キーワード

関連するコラム

コレいくら? 電話で聞いてみる

写真を送るだけ! LINEで無料査定