ブランド買取なら
まとめるほどお得な
「うるココ」へ

選べる4つの無料査定 選べる4つの買取
コラム

金の指輪・リングの買取相場は?今売るべき理由も解説

金の指輪・リングの買取相場は?今売るべき理由も解説

不安定な世の中だからこそ、確かな財産を求める方も多くいます。金を買い求める人が増えたことにより、金の価格は以前にも増して、上昇しています。

そのため、現在所有している金を手放したい人は、今が売り時といえます。

ご自宅の引き出しに眠っている金やプラチナの指輪はありませんか?昔は気に入って使っていた指輪も趣味が変わり、もう使わない品物を持っている方もいらっしゃるでしょう。

そんな方に向けて金、プラチナの買取相場も詳しく解説します。

目次

金・貴金属の買取相場

2023年3月20日時点で、日本では金の買取相場が過去最高額で推移しています。1gが9,138円にも値上がりし、2022年4月の8,860円/1gの記録を更新しました。

金はほかの金融商品より価値が下がりにくい「安全資産」とされ、不安定な世の中だからこそ需要が高まっています。

金の需要が高まっている「今」が、金の指輪買取を依頼する絶好のタイミングといえます。

金1gあたりの買取相場

ロシアのウクライナへの軍事侵攻など世界の経済不安から、安全資産である金の需要が高まっています。

2023年4月現在、金1gあたりの買取相場9,138円で取引されています。

金の買取相場が最高額に達したことで、買取業者への問い合わせが昨年より増えています。長年しまっているだけの金の指輪をお持ちの方は、一度査定に出すことで思わぬ臨時収入を得られるかもしれません。

18K/18金の買取相場

18k/18金とは、純度75%の金のことを表します。18k/18金は、アクセサリーや装飾品にも幅広く使用されています。

18金の買取相場は、金と一緒で日々変動を続けています。価格は、一般的に金の純度と金の重さに対して、その日の相場×グラム数で決まります。

また、指輪には宝石が付いている品物も、多くあります。宝石の価値も、査定見積もりに入れてくれるブランド買取業者を選ぶとよいでしょう。

金の指輪の保存状態が良ければ、それだけ買取価格も上がります。保存状態を良くするには可能な限り、購入時のように箱に入れておきましょう。

18金は希少価値が高く、偽物が出回ることがあります。しかし、外箱や保証書などを、一緒に保管しておくことで、品質の客観的な証明になり、高価買取につながります。

銀1gあたりの買取相場

2023年4月現在、銀は113/円/g)で取引されています。銀は貴金属の中では、相場が低いですが、リスクが少なく、安定して運用できることが魅力です。

銀のアクセサリーは、純度が92.5パーセントのSV925合金が、用いられています。SV925は銅やニッケルなど、割金が含まれています。

銀は工業用途でも幅広く使われているため、今後も需要がなくなることは考えにくいです。

プラチナ1gあたりの買取相場

2023年4月現在、プラチナは4699(g/円)で取引されています。金、銀同様、プラチナの買取相場も上がっています。

プラチナは金の様に華やかさでは劣りますが、銀より重厚な輝きで日本人にとても人気があります。

ダイヤモンドやカラーストーンを一番引き立てるのがプラチナです。純プラチナは結婚指輪やエンゲージリングに用いることが多いので、持っている人も多いのではないでしょうか。

サファイアやダイヤモンド、エメラルドなど宝石が付いたプラチナの指輪も、高価買取が期待できます。

プラチナ製のジッポ、ライター、印鑑も大切に保管している人が、多いかもしれませんが、自宅に眠っているだけで、普段使いしないのであれば、一度無料の査定に出すことをおすすめします。

金・プラチナコンビの買取相場

金とプラチナのコンビ素材も、買取相場が上がっている今が、高価買取のチャンスです。

コンビ製品とは、ひとつのジュエリーに、金、プラチナなどの地金から2種類以上の素材を使った指輪のことです。

買取価格は金、プラチナの組み合わせの内容と重さで計算します。

自宅にある品物が貴金属かどうか分からない場合は、店頭で調べてもらえるので気軽に持っていくことをおすすめします。

うるココの無料査定ではノーブランド、壊れているなどの状態問わず、どの位の金額になるのか見させてもらえます。

もし、タンスの肥やしにして、長年眠らせている金・プラチナコンビのジュエリーがあるなら、無料査定をご利用ください。

金の買取価格の推移グラフは?

2023年4月現在、金の買取価格は右肩上がりの状態となっています。

18K/18金の買取価格の推移グラフ

18金に関しても相場は右肩上がりになっています。

金の指輪・リングは今が売り時

金の指輪・リングは今が売り時

コロナショックを始め様々な不安要素から、2023年4月には最高値を記録しました。金の買取相場は高水準を保っています。

これからも世界情勢の先行き不安から、金の買取相場は高めの傾向にあることが、考えられます。

まさに相場が高騰している今が、金の売り時といえるでしょう。

どんな種類の金の指輪・リングを売るべきか

年齢を重ねていくうちに、似合わなくなったり、好みが変わったりすることもありますよね。

金が売り時の今、思い切って使っていない指輪を査定に出してみましょう。

お祝いでもらった指輪・リング

成人祝いや結婚祝いなどで、指輪をプレゼントされた人もいるでしょう。当時の年齢や好みに合わせて買ってもらった指輪も、今となってはつけるのに抵抗がある人もいるのではないでしょうか。

使っていない指輪を売ることで、新しい指輪を手に入れるための資金にあてることもできます。

売ると決めていない指輪も、価値が知りたい方は、査定は無料でしてもらえます。

金の相場が上がっている時期に査定にだすことで、高く買取ってもらえて思わぬ臨時収入につながる場合もあります。

サイズが自分と異なる指輪・リング

指輪のサイズが小さいと、はめるときに窮屈で、つけていても痛い場合はストレスになります。

反対に大きすぎると、指からすりぬけて、落としやすくなります。床に落とすと傷がついたり、汚れてしまいます。

「いつかつけるかもしれない。」としまっておいたままだと、出番がこないかもしれません。

価値が高い金の指輪を使わず、しまっておくのは、大変もったいないです。しまったままの指輪の価値を知りたい人も多いのではないでしょうか。

サイズが合わない金の指輪をまずは、気軽に無料査定でみてもらい、買取価格を知ることができるのでおすすめです。

古い指輪・リング

金の指輪を持っていても、古かったり、箱を捨ててしまっていたりすると、売れないと思い込んでいる人もいるかもしれませんが、古い金の指輪も買取してもらえます。

高く買取ってもらえるかもしれない金の指輪を使わずに、しまったままにしておくのは、大変もったいないです。

近年、金の買取相場は高騰しているので、購入した当時よりも、高い値段で買取ってもらえる場合もあります。

古い金の指輪の価値を知りたい人は、一度、無料見積もりをしてもらうと良いでしょう。

海外産の指輪・リング

旅行で海外に行った時に、購入した指輪も買取可能です。購入店や、ブランドがわからなくても大丈夫です。

「何年前にどこで買ったか覚えていない」

「箱や保証書がない」

このような海外産の指輪でも、査定可能です。

金の指輪の買取価格は、金の重さや品位、当日の相場で価格が決定するので、保証書をなくしてしまっていても査定に出せます。

結婚指輪・リング

もちろん結婚指輪も売ることができます。名前や、日付が入っているからと、売るのを諦めている人は多いのではないでしょうか。

必要なくなってしまったからと言って、価値のある結婚指輪を捨てるのは、もったいないです。

結婚指輪のリングの部分には、金やプラチナが使われていることが多いです。

さまざまな事情で、使わなくなった結婚指輪をどうすれば良いのか困っているなら、一度気軽に査定に出すことをおすすめします。

どんな状態の金の指輪・リングでも買取OK

どんな状態の金の指輪・リングでも買取OK

金はとても柔らかい金属なので、純度が高いほど、落としたり、ひっかいたりするとキズがつきやすいです。

キズが少なくて、見た目の状態も良い物は、買取価格も上がりますが、どんな状態の物でも金の指輪は買取可能です。

金の重さや、相場、品位で買取価格を決めるので、キズが付いているからと査定に出すのを諦めなくても大丈夫です。

キズがついていても、金としての価値が変わることはありません。

刻印が掘られていない指輪・リング

刻印のない金の指輪も買取可能です。

刻印とは、金の純度の表記のことです。インゴットやコインには、目立つ場所にハッキリ刻印が刻まれています。
偽物と区別するため、正確な純度がわかる刻印ですが、長年使用していると消えてしまうこともあります。
買取に出したい金の指輪に刻印がないからといって、買取を諦めなくても大丈夫です。

刻印が消えていて金の指輪の純度がわからない場合でも、無料査定で気軽にみてもらえます。

キズがついている指輪・リング

キズや汚れがついていても、買取は可能です。毎日身に着けていると、指輪が机や椅子に当たってしまうのは、誰にでもあることです。

自分で、洗剤を使って綺麗にしようとすると、かえってキズつけてしまうこともあるため、乾いた布で軽く拭う程度にしておきましょう。

キズがついていても、金の価値が高かったり、指輪のブランドの需要が高かったりすることで、高値で買取ができる場合もあります。

曲がっている指輪・リング

金は柔らかい金属なので、強い力を加えると曲がってしまうこともあります。
机に金の指輪を置いていて、上から重たい物を置いてしまったり、下に落ちて誤って踏んでしまうこともあるでしょう。
指輪のサイズが大きくて合っていないと、指からすり抜けて、落ちることもよくあります。

しかし、金の指輪は曲がってしまっても、買取は可能です。

曲がっている状態は様々だと思うので、査定できるかどうか心配な方は一度、買取業者に見てもらうとよいでしょう。

アンティークな指輪・リング

アンティークな指輪も買取可能です。
アンティークな指輪は、ブランド名や復刻が消えている場合も多いですが、心配ありません。

「家族から代々受け継がれてきて、何年前の指輪かわからない。」
「指輪が古すぎるから値段がつくかどうかわからない。」

といった指輪も、買取を諦める人はいますが、買取可能です。

部分的に金が含まれる指輪・リング

デザインが凝っていて、部分的に金が使われている指輪を持っている人もいるでしょう。また、リングの部分が金で、宝石がついた指輪もあります。

このように部分的に金が含まれている指輪も買取可能です。

金の指輪の査定では、重さ以外にも、あらゆる視点から買取価格を決めます。

金の純度×重さで計算する金自体の価格だけではありません。買取価格は指輪についている宝石のデザイン性や、ブランドなども、加えて決定します。

指輪も流行があるので、需要が高い時に売ることで、買取価格が上がるのも知っておくとよいでしょう。

金の指輪・リングを高く買取してもらう方法

金の指輪・リングを高く買取してもらう方法

金の指輪をできるだけ高く、買取してもらうためには、事前に準備できることがあります。
買取に出す時期や、金の買取について知っておくことで損をせずに、売ることができます。
また、少しでも高く売るためには、金の指輪を綺麗に保管することも大切です。査定に出す当日までに、付属品や保証書も全て揃えておきましょう。
売るのにふさわしい時期を見極めて、準備して買取業者にみてもらいましょう。

金の相場を把握しておく

金の指輪を売ると決めたら、金の相場をみてみましょう。
金の相場は毎日更新されるため、買取価格は日によって異なります。
高く売るタイミングは、金相場が上がっている時や、為替相場が円安に傾いている時が特におすすめです。
相場を普段気にされていない人は、その日の相場だけをみても、どのくらい上がっているのかわからないですよね。

相場に詳しくない方は、前後のグラフをチェックしてみると、以前と比べてどのくらい上がったか理解できます。

指輪に対する金の重さを確認する

金の指輪には、ダイヤモンドやルビーなど、宝石がついている物も多くあります。
指輪全体の重さだけでなく、分解して正確な金の重さを計ってくれる買取業者で査定をしてもらいましょう。
金の重さを正確に計ってもらうことが、高く買取してもらえる大事なポイントになります。

注意が必要なのは、分解査定をすると、元通り使うのは難しいので、売ることを決めてから査定に出すことをおすすめします。

指輪に対する金の純度を確認する

金の純度によって、買取相場もかわってきます。正しく価値を見積りを出してもらうには、査定に出す金の指輪の純度は、事前に確かめておくことが大切です。
純金(K24)が最も価値が高く、アクセサリーは(18K)が一番よく使われています。

金の価値を決める基準は純度なので、刻印をみれば、金に関する情報を知ることができます。
見た目だけで金の純度を確認することは難しいですが、刻印を見つけることができれば、純度を把握できます。
刻印が消えていたり、保証書などなくしていたりして、確認できない場合は、査定で正確な純度をみてもらうことができます。

金の指輪・リングに関するQ&A

金の指輪・リングに関するQ&A

金の指輪に関してよくある疑問を紹介します。

金の指輪はなぜ人気なの?

金の買取相場は日々変動していますが、世界情勢が悪化しても、現物資産になるため、急に価値がゼロになることは考えにくいです。

金の買取相場が上がっているタイミングで買取に出すことで、金の指輪を買った時点より高値になる可能性もあります。

また、金の指輪はそういった資産価値があるだけでなく、普段使いもしやすいのが特徴です。
金の指輪は、日本人の肌なじみもよくて、カジュアルな服装にも合わせやすく、人気が高まっています。

最近ではプラチナよりも金の指輪の方がしっくりくると、結婚指輪にも選ばれるようになってきました。

金の指輪なら金属アレルギーを起こさないって本当?

金は金属アレルギーを起こしにくいと言われていますが、確実にアレルギーを起こさないわけではありません。
イオン化しやすい金属で、アレルギーになりやすいかどうか決まります。

アレルギーを起こしやすい金属が以下のものです。

  • コバルト
  • ニッケル
  • ブロンズ

一方で、アレルギーを起こしにくい金属は下記の通りです。

  • チタン
  • ジルコニウム

金の指輪は指に傷がなければ、さほど過敏な人でない限り金属アレルギーを避けられるでしょう。

金の指輪・リングならうるココへ

金の指輪・リングならうるココへ

うるココでは、お客様に合わせた買取・査定方法を用意しています。宅配、出張、LINE査定も任せてください。

ぜひ無料査定を試してみてください。他社で買取NGだった商品でも、うるココの買取システムなら買取可能です。

関連カテゴリー

うるココ鑑定団

関連するコラム