金買取なら
まとめるほどお得な
「うるココ」へ

選べる4つの無料査定 選べる4つの買取
コラム

金のアクセサリーに傷が!金の傷防止策とできてしまった傷の対処法を解説

金 リング 指輪 ゴールド

「お気に入りの金の結婚指輪に傷がついてしまった」「金のアクセサリーに傷がついたらどうしたらいいのかな」「金のアクセサリーの傷を消す方法はあるのかしら」

近年、金製品の人気に伴い、結婚指輪として金のリングをプレゼントする人が増えてきました。結婚指輪やプレゼントでもらった大切な金のアクセサリー。傷がついているのを発見したら、とてもショックですよね。

でも、大丈夫です。大事な金のアクセサリーに傷がついてしまっても、メンテナンスすることは可能です。また、傷がつきやすい金は純度が高く価値が高いということなのです。

この記事では以下について説明しています。

  • 「金の純度」と傷つきやすさ
  • 指輪に傷がつかないようにする工夫
  • 金の傷対処法

本記事では、金の素材や種類、傷への対処法などをまじえて、金製品との上手なお付き合いの方法を解説しています。

また、不要になった金のアクセサリーは専門店で買取してもらうことも可能です。買取してもらった費用で、長期間取っておきたい金のアクセサリーを研磨サービスに出すこともできますよ。金のアクセサリーをお持ちの方は、本記事を参考にしてください。

「大量」「大きい不要品」「運ぶのが面倒」なら出張買取!
全国無料出張買取の詳細はこちら
金を高く売るならうるココで!!
金買取の詳細はこちら
目次

アクセサリーとしての金とは?

金は、アクセサリーとしてよく使用される貴重な金属です。輝きや耐久性があり、変色しにくい特徴を持っています。これらの特性により、金は宝石としての使用やアクセサリーのデザインに理想的な素材として人気です。

金のアクセサリーは、リング・ネックレス・ブレスレット・イヤリングなど、さまざまな形状やスタイルで作られています。しかし、金アレルギーを持っている人もいるため、アクセサリーを身につける際には注意しましょう。

また、金は他の宝石や、ダイヤモンドと組み合わせて使用されることもあります。例えば、金のリングにダイヤモンドをセットするなど、個々のデザインや好みに応じて、さまざまな組み合わせが可能です。金は、その希少性と価値から、高級なアクセサリーの素材として高く評価されています。

また、金は長期間にわたって価値を保持することが知られており、投資としても人気があります。ただし、金の純度や重さによって価格が異なるため、購入する際には金の適切な価値を知る必要があるでしょう。

「大量」「大きい不要品」「運ぶのが面倒」なら出張買取!
全国無料出張買取の詳細はこちら
金を高く売るならうるココで!!
金買取の詳細はこちら

「金の純度」と傷つきやすさ

金の純度は、金のアクセサリーの品質や価値に大きくかかわります。

K24の金は最も純粋な金であり、純金とも呼ばれています。金の純度が高いほど金は柔らかくなり、傷つきやすくなります。反対に、K18よりも低い純度の金は、硬度が高くなるため、傷がつきにくくなります。

金は純度が高いほど、柔らかく傷つきやすいため、アクセサリーとして使用する際には強度を持たせるためにほかの金属と合金化することが一般的です。

したがって、金のアクセサリーを購入する際には、純度や合金の成分、傷つきやすさについて専門家のアドバイスを受けるか、信頼できるジュエリー業者と相談することをおすすめします。

金の純度は24分率で表示

金の純度は一般的に24分率(カラット)で表示されます。

また、金の純度は、アクセサリーの品質、輝き、価値に影響を与える重要な要素です。どの純度を選択するかは、予算、好み、使用目的によって異なるでしょう。

アクセサリーを購入する際には、自分のニーズと予算に合った適切な純度を選ぶことが重要です。信頼できるジュエリー業者や専門家と相談し、金の純度やそのほかの要素について詳しく調査することをおすすめします。

以下では、金の純度について詳しく解説していきます。

K24

K24は金の最も高い純度で、純金とも呼ばれます。

K24の金は99.9%以上金で構成されています。純金は非常に柔らかいため、アクセサリーとしてはあまり適していません。

また、純金は高価であり、耐久性にも欠けるため、一般的なアクセサリーとしてはあまり使用されず、「資産」として投資のために保有されることがほとんどです。

K18

K18は金の含有量が75%です。

K18の金は、強度と耐久性を持ちながらも、高い金の含有量による輝きや価値を保っています。多くのK18の金は一般的に高級なアクセサリーに使用されます。

K18はK24より安価で、適度に硬度もあり、金特有の高級感も出せることから、主に結婚指輪やプレゼントとして選ばれます。

K14

K14は金の含有量が58.3%です。

K14の金は、より強度を高めるためにほかの金属と合金化されますが、金の輝きと価値は評価されます。K14は一般的なアクセサリーに使用され、比較的良好な耐久性と魅力的な外観を提供します。

ただし「金属感」も出やすいため、アクセサリー部品やメガネのフレームなど、メインの製品の部品としての扱いが目立ちます。

K10

K10は金の含有量が41.7%です。

K10の金は、ほかの金属との合金化により、かなりの強度を持ち、耐久性が高いです。ただし、金の含有量が低いため、輝きや価値はほかの純度の金に比べて低くなります。

K10は、主に耐久性が重視される、カジュアルなアクセサリーや日常的な装飾品として多く用いられています。イエローゴールドやピンクゴールドなどのカラーバリエーションをつけることも可能なので、デザイン性を楽しめるゴールドです。

金にほかの金属を混ぜる理由

金にほかの金属を混ぜる理由はいくつかあります。

その理由は以下の通りです。

項目理由
強度と耐久性の向上純金は強度が不足しているが、銀や銅を混ぜることで、より頑丈で耐久性のある素材となる。
色の調整好みやデザインによってはほかの色合いに調整することができる。銅を混ぜることでローズゴールドの色合いが生まれる。
コストの削減純金は高価な素材だが、ほかの金属との合金化によって、金の特性を保ちながらコストを削減できる。K18の金は純金の含有量が75%で、残りの25%はほかの金属で構成されている。
特定の特性の向上金属の特性を組み合わせることで、特定の目的に合った性能を引きだすことができる。ニッケルを混ぜることで金の強度や耐久性を向上させることができ、亜鉛を混ぜることで金の硬度を増し、装飾品の作成に適した素材とすることもできる。

これらの理由から、金にほかの金属を混ぜることで、アクセサリーに適した素材となり、耐久性や外観の向上、コストの削減などの利点を得ることができます。混合比や合金化に使われる金属は使用目的や好みによって異なりますが、適切な合金を選ぶことで、金の特性を最大限に引き出すことができます。

「大量」「大きい不要品」「運ぶのが面倒」なら出張買取!
全国無料出張買取の詳細はこちら
金を高く売るならうるココで!!
金買取の詳細はこちら

ゴールドのカラーバリエーション

ゴールド(金)は、その美しさと高い価値により、アクセサリーや貴金属製品で人気のある素材です。

ゴールドにはさまざまなカラーバリエーションがあり、これをカラーゴールドと呼ぶこともあります。

以下では、主要なゴールドのカラーバリエーションについて詳しく解説します。

イエローゴールド

イエローゴールドは、純金とほかの金属(通常は銀や銅)との合金化によって作られます。この合金は、黄金色の輝きと温かみのある外観を持っています。

最も一般的なゴールドのカラーバリエーションである、イエローゴールドは、クラシックで伝統的な印象を与えるでしょう。

その明るさや色合いは、金の含有量やほかの金属の配合によって異なります。

ピンクゴールド

ピンクゴールドは、純金に銅を合金化することで作られます。この組み合わせにより、ローズゴールドやレッドゴールドとも呼ばれる、温かみのあるピンク色の外観が生まれるのです。

ピンクゴールドは女性らしさやロマンティックな雰囲気を演出し、人気の高いカラーバリエーションのひとつです。

ただ、変色しやすい特性があるため取扱には注意が必要です。「ピンクゴールドは変色しやすい」もご覧ください。

ホワイトゴールド

ホワイトゴールドは、純金に白銀(プラチナ)やパラジウムなどの白色金属を合金化し、表面にロジウムをコーティングすることで作られます。この加工により、シルバーまたはホワイトの外観が生まれ、モダンで洗練された印象を与えるでしょう。

ホワイトゴールドはダイヤモンドなどの宝石との組み合わせに人気があり、エレガントな装飾品に使用されます。

「ホワイトゴールドとプラチナの違いとは?お手入れ・高価買取のコツも」も合わせて参照してください。

ブラックゴールド

ブラックゴールドは、純金にパラジウムやプラチナ、銀を混ぜて合金化することで作られます。この合金化により、黒い外観が生まれ、ダークでミステリアスな魅力を演出できるでしょう。

ブラックゴールドは近年人気が高まっており、「大人な黒」を求めて購入する人が多いです。

「大量」「大きい不要品」「運ぶのが面倒」なら出張買取!
全国無料出張買取の詳細はこちら
金を高く売るならうるココで!!
金買取の詳細はこちら

金に傷や汚れが付きやすいシーン

金は非常に貴重な素材ですが、その柔らかさや特性から、傷や汚れが比較的つきやすいという一面もあります。

金に傷や汚れがつきやすいシーンは以下の通りです。

  • 家事
  • スポーツ
  • スキンケア・メイク
  • 重い荷物の上げ下ろし
  • 温泉

大切な金のアクセサリーを長く美しく保つためには、注意が必要です。状況によっては、金のアクセサリーを一時的に外したり、代替素材のアクセサリーを使用したりすることを検討しましょう。

また、金のアクセサリーを取り扱う際には、柔らかい布で優しく拭き取ることや、専用の保管ケースに入れて保管することもおすすめです。これによって、金のアクセサリーをより長く輝かせることができます。

「正しい金の磨き方」の記事もご覧ください。

ここでは、金に傷や汚れが付きやすいシーンについて詳しく説明します。

家事

家事をする際には、金のアクセサリーや装飾品に傷や汚れがつく可能性があります。

例えば、食器洗いや掃除の際に、金のリングやブレスレットが壁や床にぶつかり、金の部分が擦れたり傷がついたりします。

また、洗剤や掃除用具の使用によっても金の輝きがくすんだり、表面に汚れがつくことがあります。家事を行う際には、金のアクセサリーを一時的に外すか、注意して取り扱うことをおすすめします。

スポーツ

スポーツをする際には、金のアクセサリーが傷つく可能性が高くなります。

特に接触の激しいスポーツや激しい動きを伴うスポーツでは、金のアクセサリーがほかの物とぶつかることや、引っかかることがあり、金の表面に傷がついたり、変形したりすることがあります。

スポーツをする際には、金のアクセサリーを外して保管するかスポーツに適した素材のアクセサリーを使用しましょう。

スキンケア・メイク

スキンケアやメイクの際には、金のアクセサリーに傷や汚れがつきやすくなります。

例えば、化粧品やスキンケア製品を塗布する際に、金のアクセサリーへ化粧品の汚れや成分が付着し、輝きがくすんでしまうことがあります。

また、メイク中に金のアクセサリーが引っかかってしまうこともあります。スキンケアやメイクを行う際には、アクセサリーを一時的に外すか、慎重に取り扱うことが重要です。

重い荷物の上げ下ろし

重い荷物を持ち上げたり下ろしたりする際には、金のアクセサリーに負荷がかかる場面が多いです。

特に金のリングやブレスレットは、重い荷物を持つ手や腕と接触することが多いため、傷つく可能性があります。

物体との摩擦や衝撃によって金の表面が損傷したり、変形したりすることがあるので、重い荷物を扱う際には、金のアクセサリーを一時的に外すか、慎重に取り扱うことをおすすめします。

温泉

温泉に入る際には、金のアクセサリーが傷ついたり変色したりする可能性があります。温泉に含まれる鉱物や酸性の成分が、金の表面に影響を与えることがあるからです。

特に硫黄や鉄分が多い温泉では、金の輝きがくすんだり、変色したりすることがあります。温泉に入る際には、金のアクセサリーを外して安全な場所に保管するか、温泉に適した素材のアクセサリーを使用することをおすすめします。

シルバーやピンクゴールドは特に変色しやすいので、気を付けましょう。

「指輪は温泉で変色する?」もご覧ください。

「大量」「大きい不要品」「運ぶのが面倒」なら出張買取!
全国無料出張買取の詳細はこちら
金を高く売るならうるココで!!
金買取の詳細はこちら

傷が付きやすい金の種類

金の種類によって、傷がつきやすい程度は異なります。

以下に、傷がつきやすい金の種類や特徴を説明しますので、参考にしてください。

ゴールド

一般的なイエローゴールドは、純金をベースにほかの金属と合金化されたものです。

純金は比較的柔らかい素材であり、傷がつきやすいといわれています。

特に高い純度のゴールド(K24)は柔らかく、日常的な使用や衝撃によって傷がつきやすい場合があります。

より耐久性を求める場合は、ほかの金属と合金化された金(K18やK14)を選ぶことをおすすめします。

ホワイトゴールド

ホワイトゴールドは、金にプラチナやパラジウムなどの白金族元素を添加して作られます。

純金よりも耐久性がありますが、純金よりも柔らかいため、傷がつきやすいです。

ホワイトゴールドの表面には、ロジウムなどの薄いコーティングが施されており、傷や摩耗を防ぐ役割があります。しかし、コーティングがすり減ると、ゴールドの本来の色合いが露出し、傷が目立つ場合があります。

「大量」「大きい不要品」「運ぶのが面倒」なら出張買取!
全国無料出張買取の詳細はこちら
金を高く売るならうるココで!!
金買取の詳細はこちら

傷がつきにくいゴールド

一部のゴールドアクセサリーには、傷がつきにくいように特殊な加工が施されています。

これらの加工は、表面を硬化させたり、耐久性を高めたりするために行われます。

特に、プラチナや銅などの硬い素材を合金化した場合は、金の柔らかさが減少し、耐久性が高まるでしょう。

以下では、傷がつきにくいゴールドを紹介します。

プラチナゴールド

プラチナゴールドは、金とプラチナを合金化させたものです。

プラチナは非常に硬い素材であり、耐久性に優れています。そのため、プラチナゴールドは傷がつきにくく、長期間美しい状態を保つことができるでしょう。

ただし、プラチナの高価格や加工の複雑さから、プラチナゴールドはほかの金の種類と比較して値段が高いです。しかし、その耐久性と美しい輝きから、高級なジュエリーによく使用される素材です。

「プラチナの傷対策|傷つきやすいシーンや傷防止の方法を解説」も合わせてご覧ください。

ピンクゴールド

ピンクゴールドは、金に銅などの赤みのある金属を合金化させたものです。この合金化によって、耐久性が向上します。

一般的に、ピンクゴールドはイエローゴールドよりも傷がつきにくいとされています。しかし、ピンクゴールドに含まれる銅は、変色を引き起こしやすい特徴があるため、汗をかいたり温泉に入ったりすることで変色してしまう可能性がありますので気を付けましょう。

また、ピンクゴールドの温かみのある色合いは、女性らしさや優雅さを引き立てるため、色白の人やピンク系が好きな人におすすめです。

「大量」「大きい不要品」「運ぶのが面倒」なら出張買取!
全国無料出張買取の詳細はこちら
金を高く売るならうるココで!!
金買取の詳細はこちら

指輪に傷がつかないようにする工夫

指輪は美しさと個性を引き立てるアクセサリーですが、日常の使用や保管時に傷がつく可能性があります。

この項では、指輪の傷を目立たなくするための5つの工夫について解説します。

傷が目立たないデザインにする

指輪を選ぶ際には、傷が目立ちにくいデザインを選ぶことが重要です。

模様や彫刻のないシンプルな指輪や、傷が自然に馴染むようなテクスチャーの指輪を選ぶことで、傷が目立ちにくくなります。

また、マットな加工が施されているものも、傷が目立たないのでおすすめです。

保管するときは外す

指輪を保管するときは、必ず外すようにしましょう。

指輪をほかのジュエリーや硬い素材と一緒に保管すると、傷がつく可能性があります。専用のジュエリーボックスや布袋に指輪を保管し、傷つきやすい環境から守りましょう。

運動するときは外す

運動や激しい活動をする際には、指輪を外すことをおすすめします。

運動中に指輪が擦れたりぶつかったりすると、傷がつく可能性があります。また、ピンクゴールドなどの変色しやすいゴールドもありますので、注意が必要です。

指輪を保管する際には、専用の指輪ポーチに保管すると便利です。

ジャストサイズを選ぶ

指輪を購入する前に、正確な指のサイズを計測することが重要です。

指輪がきつすぎると、指に圧迫感が生じ、傷がつきやすくなります。逆にゆるすぎると、指輪がずれたり脱げたりする可能性があります。

ジュエリーショップで正確な指のサイズを測定してもらい、ジャストサイズの指輪を選ぶことが重要です。

重ね付けを避ける

指輪を重ね付けすることはよくありますが、傷つきやすさを考慮すると注意が必要です。

複数の指輪を重ね付けする場合には、指輪同士が擦れたり、ぶつかったりする可能性があります。特に硬い素材や突起のあるデザインの指輪は、ほかの指輪との摩擦によって傷がつきやすくなるでしょう。

傷を防ぐためには、指輪を重ね付けする際には柔らかい素材の指輪や細いデザインの指輪を選ぶことが重要です。また、指輪同士の接触部分にはクッション材を挟むなどの工夫も有効です。

「大量」「大きい不要品」「運ぶのが面倒」なら出張買取!
全国無料出張買取の詳細はこちら
金を高く売るならうるココで!!
金買取の詳細はこちら

金の傷対処法

金製品はその輝きと美しさで人々を魅了しますが、日常の使用や経年劣化によって傷がつくこともあります。

この記事では、金に傷がついてしまった場合の対処法について紹介します。

中性洗剤で洗う

プラチナやゴールドは油分によって輝きが曇ってしまうことがあります。

金の傷を軽減するためには、まず中性洗剤を使用して洗浄することが有効です。

柔らかい布に中性洗剤をつけ、やさしく傷の部分をこするように拭き取ります。こうすることによって軽度な傷や汚れを取り除くことができます。

指輪が乾いたら、研磨剤入りのクロスで優しく磨いて、再度ぬるま湯でゆすいだら水気をしっかり拭きましょう。

クリーニングサービスを使う

金製品の専門のクリーニングサービスを利用することで、専門知識と適切な道具を使用して傷を取り除いてもらえます。プロの手によって金製品がきれいに仕上げられ、輝きを取り戻すことができます。

指輪を購入する際には、クリーニングサービスを受けられるか確認することが大切です。とくに結婚指輪を購入した際に無料でクリーニングサービスがつくことがよくありますので、確認してみてくださいね。

ホワイトゴールドはメッキ再加工する

ホワイトゴールドは表面にメッキ加工をして色をつけていますが、長期間使用すると、メッキがはがれてきてしまいます。

剥がれてきたメッキはメッキ再加工によって傷を隠すことができます。そのうえ、メッキは新しい層を形成し、金の輝きを回復させるでしょう。

ほとんどのお店はメッキ再加工を請け負ってくれますが、気になる方はジュエリーショップやリフォームサービスに相談しましょう。

磨き直し

指輪は毎日使っていると、細かい傷ができてしまいます。

傷の浅い金製品や表面が平滑な場合は、専用の金磨きクロスや金磨き剤を使用して傷を取り除くことができます。自分で磨く際には、力を入れすぎないように注意しましょう。また、何度も磨くと指輪がすり減り強度が弱くなってしまうことがあります。

素材やデザインによっては、磨き直しできないものもあるので気を付けましょう。

磨き直しできないものもある

一部の金製品は磨き直しできないものもあります。

以下にいくつかの例を挙げます。

コーティング加工したもの

金製品には保護のためにコーティングが施されることがあります。しかし、コーティングは傷を隠すためのものではなく、磨き直すこともできません。

また、磨き直しをすることでコーティングが取れてしまう恐れがあります。傷が目立つ場合は、専門家に相談して再コーティングを検討してください。

つや消し加工を施したもの

金製品にはつや消し加工が施されることがあります。

この加工は表面をマットにするため、傷は目立ちにくくなりますが、磨き直すことはできません。つや消し加工はデザイン上の特徴として楽しまれることが多いです。

いぶし加工したもの

いぶし加工は金製品に古めかしい風合いや風化した印象を与えるために行われます。

この加工は指輪の素材の表面に特殊な処理を施してるので、磨き直すと、加工が取れてしまいます。いぶし加工の金製品は、その傷や経年劣化が一部の魅力となります。

専門の店舗では再いぶし加工も行ってるので、気になる場合は専門家に相談してみてください。

ジルコニウムやチタンなどの発色加工したもの

金製品にはジルコニウムやチタンなどの素材を使用して発色加工が施されることがあります。これらの加工は磨いてしまうと指輪が傷んでしまうため、磨き直すことはできません。

傷が目立つ場合は、専門家に相談して修理や再加工を検討してください。

宝石がついてるもの

金製品には宝石が取り付けられることがあります。傷が宝石に集中している場合、磨き直すことは難しいかもしれません。

このような場合は、専門の宝石職人に相談して宝石の修理や交換を検討してください。

変形・大きな傷は修理へ

指輪が変形したり、大きな傷がついた場合は、修理が必要です。修理業者に相談すると、専門家が適切な修理を行ってくれます。

早めの修理を行うことで、指輪の耐久性と美しさを維持することができます。

傷を楽しむもの

傷を楽しむアイデアとしては、以下のものがあります。

  • ヴィンテージ感の演出
  • パーソナライズされたメッセージ
  • アート作品しての指輪

指輪に傷や経年劣化を意図的に加えることで、ヴィンテージ感を演出することができます。これによって、指輪に独自の個性と魅力を与えることができるでしょう。

指輪の傷を活かして、特別なメッセージや意味を込めることもできます。傷を象徴的な要素として活用し、指輪に感情や思い出を刻むと、後から思い出として残るでしょう。

傷をアート作品の一部として取り入れたり、傷や摩耗を意図的にデザインに取り入れたりすることで、独自の個性を持つ指輪を作り出すこともできます。

「大量」「大きい不要品」「運ぶのが面倒」なら出張買取!
全国無料出張買取の詳細はこちら
金を高く売るならうるココで!!
金買取の詳細はこちら

金製品についてよくある質問は?

金は古くから貴重な素材として使用され、ジュエリーや金製品として広く愛されています。

しかし、金について分からないこともそれぞれあるでしょう。この記事では、いくつかの疑問についてまとめて解説します。

金メッキ製品とはどのようなものですか?

金メッキは、金属の表面に金の薄い層をコーティングしたものです。主にファッションジュエリーやアクセサリー、時計、装飾品などに使用されます。

金メッキは比較的低コストでありながら、金の美しさや輝きを表現することができるため、若者からの人気が高いです。

「金とメッキの見分け方とは?」も参照してください。

18金の黒ずみの原因はなんですか?

18金は金とほかの金属(通常は銅やシルバー)の合金であり、耐久性と色合いを向上させるために合金化されることが一般的です。

18金の黒ずみは、銅成分が酸化することによるものです。銅は空気中の酸素と反応し、酸化することで黒ずみや変色が生じることがあります。

日常的な使用や接触により、銅成分が酸化しやすくなるため、定期的なクリーニングやメンテナンスが重要です。

「18金なのに変色する?黒ずみを落として元の美しい色に戻す方法」をご覧ください。

金は錆びますか?

金は科学的に非常に安定した素材であり、錆びることはありません。

金は酸素や水と反応しづらく、さまざまな環境条件にも耐性があります。そのため、金の製品は腐食や変色の心配が少なく、長期間にわたって美しさを保つことが出来るのです。

「大量」「大きい不要品」「運ぶのが面倒」なら出張買取!
全国無料出張買取の詳細はこちら
金を高く売るならうるココで!!
金買取の詳細はこちら

金製品の高価買取はうるココへ

金のアクセサリーの傷防止策と、できてしまった傷への対処法を解説しました。

ポイントを簡単にまとめておきます。

  • 金製品は純度によって傷つきやすさが異なる
  • 傷がつかないようにする工夫がある
  • 金に傷がついてしまっても、お店でメンテナンスしてもらえる

金は純度や種類によって、傷がつきやすいものがあります。

金の純度が高いほど傷がつきやすいため、逆をいえば、傷つきやすい金製品ほど価値が高いです。

もし金に傷がついてしまった場合は、中性洗剤で洗ったり研磨剤入りのクロスで磨き直すなどの自分でできる方法もありますが、傷が深い場合や繊細なデザインの指輪などは、専門家に任せることをおすすめします。

専門家でも修理・メンテナンスが難しい場合や、心機一転、違うアクセサリーへの買い替えをご希望の際は「うるココ」がおすすめです。うるココの鑑定士はトップクラスの鑑定力、誰が査定しても同じ査定額の提示ができるように徹底しています。

また、うるココは独自の市場を開拓しているため、国外バイヤーからの買い付けが多い点も特徴です。国外バイヤーは高値での買い付けが期待できるため、査定額も上がる仕組みになっています。

うるココではLINEでの査定なども行っているので、お気軽にご相談ください。

「大量」「大きい不要品」「運ぶのが面倒」なら出張買取!
全国無料出張買取の詳細はこちら
金を高く売るならうるココで!!
金買取の詳細はこちら

関連カテゴリー

うるココ鑑定団

関連するコラム