金買取なら
まとめるほどお得な
「うるココ」へ

選べる4つの無料査定 選べる4つの買取
コラム

ホワイトゴールドとプラチナの違いとは?お手入れ・高価買取のコツも

ホワイトゴールドはプラチナ同様に、ジュエリーとして人気の高い素材で、有名ブランドにも採用されています。

しかし、見た目が似ていることからホワイトゴールドとプラチナは混同されやすい素材でもあります。

ホワイトゴールドのジュエリーが気になるものの、プラチナとの見分けはどうすればいいか、どちらのほうが価値があるのかと疑問に思う人もいるでしょう。

そこで、本記事ではホワイトゴールドとプラチナの違いや見分け方について解説します。後半では、ホワイトゴールドのお手入れや高く売るコツについても紹介しています。

「大量」「大きい不要品」「運ぶのが面倒」なら出張買取!
全国無料出張買取の詳細はこちら
金を高く売るならうるココで!
金買取の詳細はこちら
目次

ホワイトゴールドとプラチナの違いとは?

まずはホワイトゴールド、プラチナそれぞれの基本的な特徴について理解しておきしょう。

ホワイトゴールドとは

ホワイトゴールドは、金をベースにした合金で、シルバーのような白銀の輝きが特徴です。

この色合いは、金にパラジウムや銀、ニッケルなど金属を混合することにより生じます。金に混ぜる他の金属を「割金」といいます。18金ホワイトゴールド(K18WG)の場合、約75%が金で残りの25%が割金です。

他の金属を混ぜることにより、純金よりも硬度が高まり、ジュエリーに適した特性を持たせることができます。

日本では、ホワイトゴールド製品の多くは、白色のロジウムでコーティングされています。ロジウムコーティングは、本来の黄みがかった色合いをより白く、プラチナのように見せるために施されます。

プラチナとは

プラチナは銀白色の輝きが美しい金属で、金よりも採掘量が少なく、希少価値が高いのが特徴です。「白金(はっきん)」とも呼ばれます。

プラチナは天然で白い色をしており、長年着用しても変色しにくいため、純粋さや永遠を象徴するジュエリーとして人気です。

プラチナも純度が高いものは柔らすぎるため、ジュエリー製造の際には他の金属を加えて強度を増します。日本では、プラチナジュエリーとして「Pt900」(90%がプラチナ)がよく使用されています。

プラチナ(白金)は英語では直訳すると「ホワイトゴールド」となりますが、これは金の合金であるホワイトゴールドとは異なる金属です。名前が紛らわしく誤解されがちであるため、注意してください。

「大量」「大きい不要品」「運ぶのが面倒」なら出張買取!
全国無料出張買取の詳細はこちら
金を高く売るならうるココで!
金買取の詳細はこちら

ホワイトゴールドとプラチナの見分け方

ホワイトゴールドとプラチナは見た目が似ているため、外観だけで区別するのは難しいです。これらを確実に見分ける方法として、刻印を確認することが挙げられます。

ホワイトゴールドは、金の合金であり、18金のホワイトゴールドは「K18WG」、14金は「K14WG」という刻印が施されています。ただし、海外製品は異なる表記が使われることもあり、イギリス製では「K18WG」を「750」と数字のみで表されるため、注意が必要です。

一方、金とは別の金属であるプラチナは、純度によって「Pt950」「Pt900」「Pt850」という刻印が施されます。古いプラチナ製品では「Pm」と表記されることもあります。

刻印がある場所は、ジュエリーの種類によってさまざまです。指輪の場合、内側の指で隠れる部分に、ネックレスやブレスレットの場合、留め具やプレートに付けられることが多いです。

以上のように、ホワイトゴールドとプラチナを見分ける際には、純度を示す刻印を探すことが決め手となります。プラチナの純度と買取価格については「プラチナPt750の買取相場とは」もご覧ください。

「大量」「大きい不要品」「運ぶのが面倒」なら出張買取!
全国無料出張買取の詳細はこちら
金を高く売るならうるココで!
金買取の詳細はこちら

ホワイトゴールドのメリット・デメリット

ホワイトゴールドにはどのようなメリット・デメリットがあるのか、プラチナとの比較で見ていきましょう。

【メリット】耐久性がある

ホワイトゴールドは、強度が高く、耐久性があるのが大きなメリットです。高純度の金やプラチナなどの金属はやわらかいため、力を加えると変形しやすく、小さな傷もつきやすい性質があります。

しかし、ホワイトゴールドはプラチナの「Pt900」などに比べて、割金の量が多いため、より硬度が高くなっています。割金の含有率が高いことで、強度が向上し、日常使いにおいても変形や傷がつきにくくなるのです。

このような特性から、長期間にわたり着用することが想定される結婚指輪や婚約指輪として、ホワイトゴールドを選ぶ人も増えています。

【メリット】安価で手に入る

ホワイトゴールドのもうひとつのメリットは、安価な価格です。

金と比較するとプラチナは埋蔵量が限られており、採掘できる国も南アフリカやロシアなどに限定されています。プラチナはレアメタルと呼ばれる希少性が高い金属であるため、価格が高く設定される傾向にあります。

それに対して、ホワイトゴールドのベースとなる金は、プラチナに比べて供給量が多いです。相対的に豊富な供給量は、ホワイトゴールドがより手頃な価格で提供されるひとつの要因となっています。

同じサイズやデザインのジュエリーを選ぶ場合でも、ホワイトゴールドはプラチナよりも低価格で購入できることが多いでしょう。このようなお手頃な価格は、ホワイトゴールドを選ぶ大きな魅力です。

【デメリット】メッキ加工が剥がれることがある

ホワイトゴールドのデメリットは、メッキ加工が剥がれることがある点です。

ホワイトゴールドは、元々がゴールドの合金であり、そのままでは黄色みやグレーがかった色合いをしています。そこで、ジュエリーとしての美しさを高めるために、しばしばロジウムという銀白色の金属でコーティングされるメッキ加工が施されます。

しかし、長期間着用していると、このメッキ加工が徐々に剥がれてくることがあるのです。メッキ加工が剥がれると元の地金の色が現れ、ホワイトゴールドの美しい銀白色が薄れてしまいます。

このような場合、再度メッキ加工を施し、元の美しさを取り戻すようにします。色合いが変わってきたら購入した店舗に相談し、再メッキ加工を行うことが重要です。

「大量」「大きい不要品」「運ぶのが面倒」なら出張買取!
全国無料出張買取の詳細はこちら
金を高く売るならうるココで!
金買取の詳細はこちら

ホワイトゴールドのお手入れ

ホワイトゴールドのお手入れについても確認しておきましょう。

やわらかい布で汚れを拭き取る

ホワイトゴールドのお手入れの基本は、優しく汚れを拭き取ることです。

肌に直接触れるアクセサリーは、皮脂や汗が付着します。この汚れを放置すると、変色の原因になるため、着用後は丁寧に拭き取ることが大切です。

お手入れには、柔らかい布やホワイトゴールド専用のクロスを使用するとよいでしょう。強くこするとロジウムコーティングが剥がれたり、傷がついたりするリスクがあるため、優しく拭き取ることがポイントです。

硬いブラシで磨くことも避けるべきで、汚れを軽く取り払うように心がけましょう。「正しい金の磨き方」も参照してください。

定期的にクリーニングをする

ホワイトゴールドの指輪を長期間愛用するためには、プロによる定期的なクリーニングがおすすめです。

家庭でのお手入れでは、時間の経過と共に発生するくすみや変色、傷などを完全に取り除くのは容易ではありません。自分では修復できないことも多く、専門的な処理が必要になります。

こうした問題が発生した場合、最初に購入した店舗に相談することが良い方法です。多くの購入店では、購入した指輪のメンテナンスやクリーニングに対応しており、専門の技術で指輪の輝きを取り戻してくれます。

「大量」「大きい不要品」「運ぶのが面倒」なら出張買取!
全国無料出張買取の詳細はこちら
金を高く売るならうるココで!
金買取の詳細はこちら

ホワイトゴールドを高く売るコツ

ホワイトゴールドを高く売るコツは3つあります。

  • 保存状態を良くする
  • 変色に気をつける
  • 金相場を確認する

それぞれ説明します。

保存状態を良くする

ホワイトゴールドのアクセサリーを高く売るためには、保存状態に注意を払うことが重要です。保存状態が良好なホワイトゴールド製品は、買取価格が高くなる可能性があります。

そのため、査定に出す前には、汚れを丁寧に拭き取り、購入時に付属していたケースやジュエリーボックスに適切に保管しておくことが推奨されます。

ホワイトゴールドは比較的硬度が高い金属ですが、硬い箱や引き出しの中に他のジュエリーと一緒に保管していると、互いに接触して傷が付く恐れがあります。

そのため、複数のジュエリーを保管する際には、それぞれを個別のケースに入れるか、仕切りの付いたボックスで分けて保管することが望ましいです。

これによりホワイトゴールドの品質を長期間維持し、将来的に高価買取を期待できるようになるでしょう。

変色に気をつける

ホワイトゴールドを高く売るためには、変色を防ぐことが重要です。

時間の経過とともにホワイトゴールドはロジウムコーティングが剥がれたり、割金が酸化して変色したりすることがあります。変色やコーティングの剥がれは、買取価格に大きく影響を与えるため、予防に努めるのが理想的です。

変色を防ぐためには、着用後の汚れを拭き取ることや定期的なクリーニングが欠かせません。

自分でできる変色対策としては中性洗剤で洗浄すること、ホワイトゴールドを身に着けたまま入浴しないことが有効です。特に温泉に含まれる成分はホワイトゴールドの変色を促進させるため、温泉に入る際はアクセサリーを外しておいたほうがよいでしょう。

このように変色を防ぎ、ホワイトゴールドの美しさを長期間保つことにより、買取価格を高めることができるでしょう。

金相場を確認する

ホワイトゴールドを高く売るためには、売却前に金の市場価格を確認することが重要です。

金の相場は日々変動しており、その時々の市場価格が買取価格に直接影響を与えます。2024年5月21日には、日本で金の過去最高金価格13,477円/gを記録しました。このような高値が続いている状況では、売却のタイミングを見極めることが、より高い価格で売却する鍵となります。

ただし、金の価格が今後も上昇し続けるかはわかりません。そのため、ホワイトゴールドの売却を考えている場合は、まずは査定を依頼して市場価格を把握することがおすすめです。市場価格の動向を理解し、適切なタイミングで売却することで、より高額での買取が実現できるでしょう。

必要に応じて「金が高騰している理由は?今後いつまで続くのか、高く売るタイミングも徹底解説!」も参照してください。

「大量」「大きい不要品」「運ぶのが面倒」なら出張買取!
全国無料出張買取の詳細はこちら
金を高く売るならうるココで!
金買取の詳細はこちら

まとめ

ホワイトゴールドはプラチナと混同されやすいですが、異なる金属です。

ホワイトゴールドは金(元素記号:Au)であり、プラチナはプラチナ(元素記号:Pt)であり、金とは違います。

ホワイトゴールドはプラチナに似た白い輝きをもちながら、プラチナと比較して強度が高く安価で、普段使いしやすいため人気があります。

ホワイトゴールドとプラチナを見分けるには、刻印を確かめるのが確実です。

ホワイトゴールドをお持ちで、その価値を確かめたいときは査定依頼をしてください。

うるココではホワイトゴールドの買取もできます。お気軽にご相談ください。

「大量」「大きい不要品」「運ぶのが面倒」なら出張買取!
全国無料出張買取の詳細はこちら
金を高く売るならうるココで!
金買取の詳細はこちら

関連カテゴリー

うるココ鑑定団

関連するコラム