ブランド買取なら
まとめるほどお得な
「うるココ」へ

選べる4つの無料査定 選べる4つの買取
コラム

18金なのに変色する?黒ずみを落として元の美しい色に戻す方法

金 変色 戻す

18金の輝きは、その美しさに心を奪われるほどですが、時としてその光沢が黒ずんでしまい、驚かされることもあります。

「18金なのに変色した?」と疑問に思ったあなたに朗報です。

変色や黒ずみは、正しいケアとお手入れで元の美しい色を取り戻せます。

本記事では、18金アクセサリーがなぜ変色するのか、そしてその輝きを取り戻すための効果的な方法にどんなものがあるのかについて紹介します。

あなたの愛用するアクセサリーを、再び輝かせましょう。

目次

18金なのに変色する理由

18金のような他の金属を含む合金は変色する可能性があります。

これは、18金が純金とは異なり、約75%の金と25%の他の金属(主に銀や銅)で構成されているためです。

純金は柔らかく、純度が高いほどその特性が顕著です。そのため、宝飾品などの実用的な用途では、金に他の金属を混ぜて硬度を高め、形状を保持しやすくする必要があります。

また、イエローゴールドやピンクゴールドなどの色を出す目的のためにも、異なる金属を混ぜることがあります。

しかし、合金として使用される銀や銅などの金以外の金属(割金)は、金に比べて化学的に安定性が低いです。これらの金属は空気中の酸素や水分、汗などの化学物質と反応し、変色や腐食を起こすことがあります。

特に銅は湿気や汗によって酸化しやすく、ピンクゴールドの変色の一因になることがあります。銀も硫黄化合物と反応して変色することがあります。

したがって、18金が変色するのは、純金部分ではなく、混合されている他の金属が外部環境と反応して化学変化を起こすためです。

18金の変色・黒ずみの原因

18金が変色したり、黒ずみが発生したりする主な原因として、酸化・硫化・塩化が挙げられます。

酸化

18金の変色の一つの原因は「酸化」です。

18金は約25%の金以外の金属(銀や銅など)を含み、これらの金属は空気に触れたり、汗や皮脂が付着することで酸化しやすく、その結果、赤茶色や黒っぽい色への変色が生じます。

この酸化現象は、日々の使用中に徐々に進行するため、突然顕著になることは少なく、経年変化の一部と考えられます。

日常生活での適切なケアや、定期的なお手入れにより、このような変色の進行を遅らせることが可能です。

硫化

18金のもうひとつの変色原因は「硫化」です。

硫化は、18金に含まれる銀が汗や皮脂に含まれる硫黄成分と結びつき、黒ずみを発生させる現象です。

硫黄成分が多く含まれる天然温泉や、硫黄を含む化粧水や塗り薬などの使用時には、硫化が顕著に起こりやすいです。

温泉に入る際やこれらの製品を使用する際は、18金のアクセサリーを外すことが推奨されます。

塩化

最後の主要な変色原因は「塩化」です。

塩化は、18金に含まれる銅が塩素漂白剤などの塩素化合物に反応し、黒ずみを発生させる現象です。

漂白剤や染料、農薬、医薬品など、日常生活で接触する可能性のある多くの製品に塩素が含まれています。

塩化による黒ずみは、硫化に比べて元の状態に戻りにくく、取り除くのが困難です。

したがって、18金のジュエリーを身につける際は、これらの化学物質との接触を避けるようにするのがよいでしょう。

変色した18金アクセサリーを元に戻す方法

変色した18金は、その原因によって対処法が変わります。

硫化・塩化による黒ずみ

硫化や塩化によって黒ずんだ18金アクセサリーの対処方法は異なります。

硫化による黒ずみは、18金の中の銀が皮脂や汗に含まれる硫黄成分と反応して起こります。

この硫化による黒ずみを除去するには、重曹とアルミホイルを使用した「還元反応」が効果的です。

お湯と重曹を3:1の割合で混ぜ、アルミホイルを敷いた容器にアクセサリーを浸けることで、硫化物を取り除くことができます。

一方、塩化による黒ずみは、塩素系漂白剤が18金の銅に付着することが原因です。

このタイプの黒ずみは取り除くのが難しいため、漂白剤の使用を避けることが最も重要です。

酸化による変色

18金の酸化による変色は、金属が空気や皮脂、汗と反応して起こります。

酸化による変色を改善するためには、お酢やレモン汁を使用した「酸化還元反応」が効果的です。

変色したアクセサリーをお酢やレモン汁に浸すことで、変色を抑制することができます。

塩を加えるとより効果が高まりますが、宝石が付いたアクセサリーの場合は、水分や溶液が接着部分や宝石に悪影響を与える恐れがあるため、貴金属専用のクロスで優しく磨くことがおすすめです。

汗や皮脂による汚れ

汗や皮脂は金属の黒ずみやくすみの原因になります。

これらを除去するためには、定期的なお手入れが必要です。

アクセサリーを使用した後は、柔らかい布で優しく拭くことがよいでしょう。

暑い環境や汗をかきやすい場面では、アクセサリーを外すか、汗をかいた後にすぐに拭き取ることが重要です。

また、化粧品や香水の成分も金属の劣化を促すため、これらが直接アクセサリーに触れないように注意しましょう。

温泉

温泉や入浴剤に含まれる成分は、18金アクセサリーの硫化や劣化を引き起こす可能性があります。

これを防ぐためには、温泉や入浴剤を使用する際にはアクセサリーを外すことです。

また、浴室内での保管も避けましょう。湯気や浴室の湿度が金属の反応を促進し、変色や劣化を引き起こすからです。

海水

海水は金属に対して腐食性があり、18金アクセサリーに錆や変色を引き起こす可能性があります。

海辺での活動中は、アクセサリーを外し、安全で乾燥した場所に保管することが推奨されます。

また、海水や砂の摩擦によって生じる傷も、金属の腐食や変色の原因になり得るため、海水浴や砂浜では特に注意が必要です。

18金アクセサリーの変色を防ぐにはお手入れが大事

いつまでも美しい状態を保つためには、日頃からお手入れをすることが肝心です。

使用後はこまめにお手入れする

18金アクセサリーを外した後は、お手入れをしましょう。使用後、専用のクロスで磨くことをおすすめします。

専用クロスは、金属を傷つけることなく汚れを効果的に取り除き、表面の光沢を保つのに適しています。

定期的に磨くことで、アクセサリーに付着した微細な汚れや指紋を取り除き、金属本来の輝きを長期間保持することができるでしょう。

適切に保管する

18金アクセサリーの変色を防ぐためには、保管方法を工夫することが重要です。

アクセサリーの専用ボックスを用意し、使用後は必ずそこに保管します。この際、アクセサリーを清潔な状態で保管することが大切です。

塩素漂白剤、皮脂、汗などが付着したままにしておくと変色の原因になります。

また、保管場所は高温多湿を避け、直射日光が当たらない涼しい場所を選ぶことが望ましいです。これにより、環境要因による変色や劣化を防ぐことができます。

中性洗剤を使用する

18金のアクセサリーは、定期的に中性洗剤を使用して洗浄することも効果的です。

時間が経つと、専用のクロスだけでは取り除けない皮脂や油がアクセサリーに蓄積します。

中性洗剤を用いて優しく洗うことで、これらの汚れを効果的に取り除くことができます。

洗浄時には、指で優しくこすり洗いをするか、細かい部分は未使用の柔らかい歯ブラシを使って磨くと良いでしょう。

まとめ

18金アクセサリーの変色や黒ずみは、避けられない現象かもしれませんが、適切なお手入れとケアでその美しさを長く保つことができます。

この記事で紹介した方法を実践することで、あなたの貴重なジュエリーは再び昔の輝きを取り戻せるでしょう。

保管の工夫から定期的な清掃、専門的なお手入れのコツまで、これらの簡単なステップを取り入れることで、18金の美しさを保ち続けられます。

関連カテゴリー

うるココ鑑定団

関連するコラム