宝石・ジュエリー買取なら
まとめるほどお得な
「うるココ」へ

選べる4つの無料査定 選べる4つの買取
コラム

1月の誕生石ガーネットの魅力を完全解説|買取ならうるココへ

指輪

誕生石という言葉を聞いたことがある方は、自分の誕生石について調べた経験があるのではないでしょうか。誕生石はひと月に複数割り当てられていることが多くありますが、実は1月の誕生石は「ガーネット」のみとなっています。

この記事では以下のような視点で、1月の誕生石について解説していきます。

  • 1月の誕生石がガーネットだけなのはなぜか
  • 誕生石を身に付けるのに最適なアクセサリーは何か
  • 誕生日ごとに割り当てられた宝石はあるのか

1月の誕生石であるガーネットに興味がある方や、自身や大切な人が1月生まれである方はぜひ参考にしてみてくださいね。

目次

1月誕生石「ガーネット」の意味と魅力

「ガーネット」は、その宝石言葉からも分かるように、ポジティブなエネルギーを持つ宝石です。色については、赤が一般的にイメージされますが、実際には多様な色合いが存在し、それぞれに名前が付けられています。ガーネットの魅力は、鮮やかな色合いと透明感にあります。

ここからは、ガーネットがどのような宝石なのか詳しくチェックしていきましょう。

宝石言葉・意味

ガーネットの宝石言葉は、「真実」「情熱」「友愛」「繁栄」「実り」。変わらない愛情を誓ったり、高い目標を達成したりと、ポジティブなエネルギーをもつ宝石です。ネガティブなエネルギーから守り、精神面や身体面を整える効果があるともいわれています。

また、友愛などの宝石言葉がある通り、親しい人への贈り物としてもよく選ばれる宝石です。

ガーネットは、赤のイメージが強い宝石です。しかし、実際にはさまざまな色のガーネットが存在します。ローズレッド、グリーン、オレンジ、イエローなど、華やかな色が多く、屈折率が高いため、輝きが強いのが特長です。

効果

ガーネットはその強い輝きから、災いをはねのけるといわれており、ノアの箱舟伝説にも登場します。荒れ狂う大雨の中で箱舟を照らし続けたのが、ガーネットだといわれています。

また、十字軍に参加していた兵士が、勝利と身の安全を祈って身に付けたともいわれています。困難な状況に光をもたらすお守りとして昔から重宝されていました。

由来

ガーネットは、和名で「柘榴石」とも呼ばれています。深みのある赤と小さな粒がぎゅっと詰まったような原石の形から命名されたといわれています。

語源は、ラテン語で「種子」を意味する「granatus(グラナタス)」です。

魅力

ガーネットの魅力は、鮮やかな色と透明感。深みのあるダークカラーから、温かみのあるパステルカラーまで幅広いカラーバリエーションがポイントです。

そして、クリアに透き通っているのも魅力です。透明感があることで、重々しすぎず、華やかな雰囲気を纏っています。

1月の誕生石「ガーネット」は種類が豊富

実は、1月の誕生石がガーネットのみである理由には、ガーネットの種類が大きく関わっています。ここでは、1月の誕生石がガーネットだけの理由を解説すると共に、それぞれの種類のガーネットについても紹介していきます。

希少価値の高いガーネットや、広く普及している有名なガーネットもありますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

1月の誕生石がガーネットだけの理由

誕生石は、それぞれの月に1つ以上定められおり、1月はガーネットのみが誕生石と定められています。2021年に誕生石が見直され、複数の月に誕生石が追加されました。しかし、1月には誕生石は追加されず、ガーネット1つのままとなっています。

誕生石の追加については、全国宝石卸商共同組合が定めており、カラーバリエーションの増加によって選択肢を増やすことを目的として追加が決められました。

ガーネットにはさまざまな種類があり、色のバリエーションも豊富です。このように、1月の誕生石はガーネットのみで既にカラーバリエーションが十分に豊かであるため、新たな誕生石が追加されなかったのかもしれません。

デマントイド

デマントイドは非常に珍しい宝石で、「幻の宝石」と呼ばれています。他のガーネットとは異なるビビッドな緑色を持ち、まるでエメラルドのような輝きを放ちます。

ここではデマントイドについて、下記の項目から確認していきましょう。

  • 宝石言葉・意味
  • 効果
  • 由来
  • 魅力

宝石言葉・意味

デマントイドの宝石言葉は「友愛」「真実」「勝利」などです。友に恵まれる、真実を得られる、勝利を収めることができるといわれており、心の明るさを保つという意味合いも持っています。

エネルギー不足や安定的な結果を求めているときに最適な宝石です。

デマントイドの色は、淡黄緑色~農緑色です。デマントイドの緑色は、カルサイトとアンドラダイトの混合物であり、微量のクロムによって特徴づけられます。

見事な輝きを持つ宝石で、高い分散率と屈折率はダイヤモンドをしのぐともいわれています。また、光の環境によっても色合いが変わることがあり、日光の下ではより鮮やかさが際立ちます。

デマントイドの鮮やかな色は、ロシアの宮廷ジュエリーとしてもてはやされていました。色が個性的で鮮やかであるため、宝石愛好家からも高い評価を受けています。

効果

デマントイドは、持ち主の抵抗力を高める貴重な宝石として広く愛されています。この石は、マイナスなエネルギーから身を守って明るい心を保ち、幸運な運命への転換を助けてくれるとされています。

そして、冒険心を掻き立てる効果ももっています。活力にあふれ、挑戦する心を忘れない生活を望む人々におすすめです。

さらに、デマントイドは、愛情運を高める効果も持っています。困難な壁を乗り越え、理想のパートナーシップを実現する力を与えてくれるでしょう。

デマントイドは、恐怖や不安を取り除き、挑戦に向かう勇気を与えてくれます。気を持って前進するための力強いパワーとなってくれます。

由来

デマントイドは、オランダ語で「ダイヤモンドのような」という意味を持つ宝石です。デマントイドの発見と最初の産出地は、ロシアとされています。

19世紀の初め、ロシアのウラル山脈のエカテリンブルク近くで、当時の地質学者であるニリ・ウスペンスキーによって発見されました。ウスペンスキーは、これまで見たことのない美しい緑色を持つ石に魅了され、それをデマントイドと名付けました。

デマントイドは、ロシアのウラル山脈を始めとする世界各地で産出されますが、特にロシア産のものが高い評価を受けています。

魅力

デマントイドの魅力は、美しい鮮やかな緑色です。この色合いは他の石とは異なり、個性的で目を引くものです。透明感と明るさを持ち合わせており、光を受けると内部から輝きが放たれ、美しい輝きを放ちます。

さらに、デマントイドはその石自体の希少性から高い価値を持っています。産出量が限られており、手に入りにくいため、宝石愛好家やコレクターにとって非常に魅力的な存在となっています。

また、自己成長や創造性を促進する効果があるのも魅力のひとつです。心の安定や平穏をもたらし、内なる変革をサポートする力も持っています。

グリーン・グロッシュラー

グロッシュラー・ガーネットのひとつです。その名の通り、グリーンの柔らかな輝きを持つ宝石です。

ここではグリーン・グロッシュラーについて、下記の項目から見ていきましょう。

  • 宝石言葉・意味
  • 効果
  • 由来
  • 魅力

宝石言葉・意味

グリーン・グロッシュラーの宝石言葉の一つは「決断」・「勝利」・「知恵」などです。鮮やかなカラーは、生命力やエネルギーを象徴し、持ち主に活力やパワーを与えるといわれています。

さらに、自然の活力と結びつき、希望や明るい未来を象徴します。持ち主に勇気や希望を与え、前向きな心構えを養うことができるとされています。

グリーン・グロッシュラーの色は、グリーンを代表に、オレンジ、ブラウン、クリアなどカラフルです。そのカラーから連想されるのは、自然の中で見られるような植物の色です。

また、グリーン・グロッシュラーの色合いは、個々の石によって微妙に異なります。それぞれの石が持つ独自の色合いやトーンによって、評価が異なる宝石です。

効果

グロッシュラーガーネットは、心身の癒しや調和を求める方におすすめの宝石です。この宝石は、将来を見越して着実な行動ができるようサポートしてくれます。

例えば、進む道に迷った場合に、グロッシュラーガーネットは情熱を再燃させ、前向きに歩みを進める助けとなるでしょう。新たな始まりを迎えようとする人々には、持ち主の手を取って正しい方向へと導いてくれます。自分の力を引き出したい時には最適なお守りとなってくれるでしょう。

由来

グリーン・グロッシュラーはツァボライトとも呼ばれます。色が似ている西洋すぐり(グースベリー)のラテン語学名に由来しています。

また、グリーン・グロッシュラーは、1968年にケニアのツァボ国立公園の鉱山で新たに発見されました。この石にはティファニー社が名前を付ける栄誉があり商業名をツァボライトとしました。

しかし、本来の名前は「グリーン・グロッシュラー・ガーネット」と定められています。

魅力

グロッシュラーガーネットは、透明感と深い緑色が魅力の一つです。特に、暗すぎず明るすぎない濃い緑色は高く評価されており、最高品質のエメラルドに近い色合いを持っています。

また、グロッシュラーガーネットはインクルージョンが少なく、輝きも強いのが魅力の一つです。自然の美しさをそのままに引き出すため、研磨以外の加工を必要としません。

スペサルティン

スペサルティンは、暖色カラーの宝石で、特にオレンジカラーをしているこの天然石は品質が高いとされています。

ここではスペサルティンについて、下記の項目から確認していきましょう。

  • 宝石言葉・意味
  • 効果
  • 由来
  • 魅力

宝石言葉・意味

スペサルティンの宝石言葉は「不言実行」、「活力」、そして「根気」です。スペサルティンは、言葉ではなく実際の行動によって結果を出すことを望む人々におすすめされるパワーストーンとされています。

また、スペサルティンは行動力に欠ける人々にもおすすめです。自分自身を奮い立たせ、思い切って挑戦したいことがある人々には、スペサルタイトガーネットの力が行動力の高い人へと変化する手助けをしてくれるかもしれません。

スペサルティンは、色の範囲としてはレッドオレンジ・オレンジ・ライトイエローが存在します。その中でも、査定評価が高いのは純粋なオレンジ色のスペサルティンです。

この純粋なオレンジ色は、レッドやイエローが少なく、純度の高い色合いを持っています。このような純粋なオレンジ色のスペサルティンは、マンダリンガーネットと呼ばれ、非常に高い評価を受けます。

効果

スペサルティンは、持ち主に活力を与え、情熱を鼓舞するといわれています。このパワーストーンを身に着けることで、自然と活力がみなぎり、困難に立ち向かうことができるでしょう。

さらに、スペサルティンは大切な人との絆を深める効果もあります。この石を持つことで、離れていてもつながりを感じることができ、家族や友人との絆が強く感じられるでしょう。

由来

「スペサルティン/スペサルタイト」と呼ばれるのは、特定の種類のガーネットです。その名前は、ドイツの産地「Spessart(スペッサルト)」に由来しているといわれています。

1800年代の半ばに発見されたパワーストーンの1つだともいわれています。

ドイツ以外にも採掘できる国はあるようですが、オレンジカラーをしているこの天然石は高品質の宝石として取り扱われているため市場において簡単に目にすることは難しいかもしれません。

魅力

スペサルティンは、その魅力の一つに希少性があります。ガーネットグループの中でも顕著な存在であり、鮮やかで深いオレンジ色がマンダリンに似て輝くことで知られています。この特別な色合いから、スペサルティンは他のガーネットと比べても高い価値を持つ希少な宝石です。

日本の市場では、まれにしか見ることができないほど希少価値が高い宝石として評価されています。その美しい輝きと色合いは、多くの人々を魅了し、宝石愛好家やコレクターの間で高い関心を集めています。

ロードライト

ロードライトは、愛に関わる宝石で、ローズのような鮮やかな色なのが特長の宝石です。昔は希少な宝石でしたが、現在は手に入りやすくなった宝石でもあります。

ここではロードライトについて、下記の項目からチェックしていきましょう。

  • 宝石言葉・意味
  • 効果
  • 由来
  • 魅力

宝石言葉・意味

ロードライトは、勝利や友愛、アクティブな愛といった宝石言葉を持っています。これはガーネットの一種であり、ガーネットの石言葉と一部重なるものもあります。また、ロードライトは榴(ざくろ)を象徴する守護石でもあります。その実に詰まった種は「愛情」という意味を秘めています。このため、愛を実現するためのお守りや贈り物として使用されてきました。

ロードライトガーネットは、ガーネットの一種です。ロードライトガーネットは、レッド系のガーネットであり、パイロープガーネットとアルマンディンガーネットの中間的な存在です。特徴的なのは、パープルがかったワインレッドの色合いです。

成分の組み合わせによって、真紅色に近づく場合や褐色が強まる場合もあります。

効果

ローズライトは、愛を実現するための守護石として贈り物やお守りに使用されてきました。良縁の種をまき、情熱的な恋愛を実現する手助けをしてくれます。

また、持ち主の愛情を増大させる効果から、恋人との関係を深めたい時にもおすすめです。

古代の兵士たちは戦に出る前に、恋人やパートナーにガーネットを贈ると伝えられています。この石は一途な愛をサポートする力があり、遠距離恋愛のお守りやエンゲージリングにも最適です。

由来

ロードナイトガーネット(Rhodolite Garnet)の語源は、ギリシャ語に由来しています。その名前は、「薔薇」を意味する「rhodo(ロドン)」と「石」を意味する「lite(ライト)」を組み合わせたものです。

この名前は、パープルを帯びたレッドカラーが薔薇の花に似ていることから派生しています。また、ロードライトガーネットは和名では「薔薇柘榴石(ばらざくろいし)」とも呼ばれており、時には「薔薇石(ばらいし)」とも称されます。

魅力

ロードライトは、その色に魅力があります。レッドやグリーンなど、さまざまなガーネットの種類が存在しますが、その中でも最も高い価値を持つのがロードライトガーネットです。

このパワーストーンは希少で入手が難しいものとされていましたが、現在では世界中で採掘され、供給が安定しています。特に2006年ごろからは、パープルが強く表れるロードライトガーネットが人気を集めるようになりました。

アルマンディン

アルマンディンは濃い赤色の宝石で、行動を促す力をもっています。日本でもよく見られる宝石で身に付けることで落ち着いた印象を与えることができます。

ここではアルマンディンについて、下記の項目から見ていきましょう。

  • 宝石言葉・意味
  • 効果
  • 由来
  • 魅力

宝石言葉・意味

アルマンディンの宝石言葉は「実行力」です。原石には、船に掲げられる旗をモチーフとした由来があるといわれています。この旗には勝利や愛国心などの意味が込められています。

勝利を手にするためには実際の行動が不可欠です。そのため、アルマンダイン・ガーネット原石には「実行力」という石言葉が与えられているのです。

アルマディンという言葉を聞くと、通常のガーネットと何が違うのか疑問に思う方も多いでしょう。ガーネットには、グリーンやイエロー、オレンジなど多くのカラータイプが存在します。

アルマディンガーネットは、ガーネットの代表的なカラーである赤いざくろに似た色の宝石を指します。

効果

アルマンディンは、実行力の行使をサポートする力を持っているとされています。勝利を手にするためには、ただ願望するだけでなく、実際に行動することが不可欠です。アルマンディンの原石はそのような行動力を引き出す助けとなるでしょう。

さらに、実りをもたらす石としても広く知られています。

恋愛、仕事、受験、出産など、大切なシーンでの成功を祈願する際には、アルマディンガーネットを身に着けることをおすすめします。

由来

アルマンディン(Almandine)という名前は、トルコの都市アラバンダ(Alabanda)に由来しています。古い町「アラバンダ」は現在アラフィサールと呼ばれており、この地で古代から宝石の研磨が行われてきた歴史を持つことから、この名前が付けられたと伝えられています。

和名では「鉄礬柘榴(てつばんざくろ)石」と呼ばれています。柘榴石はガーネットの和名であり、アルマンディンは鉄とアルミニウムを含んだ柘榴石であるため、このような名前が付けられたといわれています。

また、「金剛砂」とも呼ばれていました。これは、かつての日本でアルマンディンの小さな結晶粒が川砂の中でよく見つかったことからきています。そのため、金剛砂と呼ばれ、研磨剤としても使用されていました。

魅力

派手さよりも落ち着いた印象を与える宝石です。濃い色合いにより、透明感や輝きが控えめに感じられることもあります。

しかし、年齢を重ねても使いやすく、大人らしい魅力を持っています。また、深い色合いはアンティーク調のデザインにも素晴らしくマッチします。アンティークデザインやシックなスタイルに合わせやすいのも魅力のひとつです。

1月の誕生日石を紹介

生日石とは、それぞれの日付に割られている宝石のことです。自分や大切な方の誕生日の宝石がどのようなものか知りたいという方も多いのではないでしょうか。

「誕生日石とはどのようなものか」

「1月の誕生日石が知りたい」

上記のような声にお答えする形で、1月の誕生日石について紹介します。

誕生日石とは

誕生日石は、各日に割り当てられた石のことを指します。1年の全ての日ごとに選定された守護石で、うるう年にも対応できるよう、366種類の石が指定されています。

誕生日石の歴史は浅く、国際的なものではありません。公式に発表された誕生石のリストは存在しませんが、いくつかの書籍などで紹介されています

1月の誕生日石一覧

では次に1日ごとの誕生日石をご紹介していきます。

誕生日宝石誕生日宝石誕生日宝石
1月1日琅玕(ろうかん)1月11日ヘマタイト原石1月21日テクタイト
1月2日ランドスケープアゲート1月12日ソーダライト1月22日スターベリル
1月3日ロードクロサイト1月13日ロードナイト原石1月23日アレキタイプガーネット
1月4日クリソコーラ(クリソコラ)の原石1月14日ライスパール1月24日ミルキークォーツ
1月5日ジルコン1月5日インドスタールビー1月25日サードオニキス
1月6日スターガーネット1月16日ブルームーンストーン1月26日パイロープガーネット
1月7日アンモライト1月17日不透明琥珀1月27日アルマンディンガーネット原石
1月8日グリーントルマリン1月18日ネフライト1月28日ピンクトパーズ
1月9日ブラックトルマリン1月19日ビックスバイト1月29日クリスタルクォーツ
1月10日ハーキマーダイヤモンド1月20日スノーフレークオブシディアン1月30日パーティーカラードフローライト
1月31日アレキサンドライトキャッツアイ

1月誕生石「ガーネット」のおすすめアクセサリー3選

ガーネットは、それぞれポジティブな宝石言葉をもっています。そのため、ガーネットをアクセサリーとして身に付けたいという方は多いでしょう。

ここでは、ガーネットを身に付けるのにおすすめのアクセサリーを紹介していきます。

ネックレス

ガーネットのネックレスは、その魅力的な色合いとパワフルなエネルギーで人々を魅了します。深紅やレッド系のガーネットは特に人気があり、エレガントで華やかな印象を与えます。

ガーネットは、情熱や愛情を象徴する石とされています。そのため、ガーネットのネックレスは愛を示す贈り物としても最適です。結婚記念日や誕生日などの特別な日に、パートナーや大切な人に贈ることで、深い絆と幸福を象徴することができます。

ガーネットのネックレスは、日常の装いから特別なイベントまで幅広く活用できます。その美しい輝きとパワフルなエネルギーは、自信を与えてくれることでしょう。

ピアス

ガーネットのピアスは、さまざまなデザインがあります。シンプルなスタッドタイプから、ダングリングやチャンデリアスタイルまで、幅広い選択肢があります。繊細な枠組みや装飾品と組み合わせたデザインは、洗練された印象を与えます。

また、ガーネットは、情熱やエネルギーを象徴する宝石のため、ガーネットのピアスは自信と魅力を引き出すアクセントとして最適です。

リング

ガーネットのリングは、その深みのある色合いと繊細な輝きが魅力です。ガーネットのリングは、指元に華やかさと上品さをもたらします。

ガーネットのリングには、赤みを帯びた深いレッドやブラウン系のガーネットは特に人気です。落ち着いた色合いが指先を引き立てます。

ガーネットなど宝石買取ならうるココへ

1月の誕生石であるガーネットは、有名な宝石であり、種類によっては希少価値の高いものがあります。もし、ご自宅にしまい込んでいるガーネットがあれば、買取に出してみるのもおすすめです。

うるココは、宝石・ブランド買取専門店として、宝石の価値をしっかり判断できる鑑定士が在籍しております。

お持ちの宝石にどれだけの価値があるのか気になる方は、金額を確認するために、まずは査定からお申込みください。

お持ちの宝石に高値がつく、ということも珍しくはありません。ぜひお気軽にご利用ください。

関連カテゴリー

うるココ鑑定団

関連するコラム