ブランド買取なら
まとめるほどお得な
「うるココ」へ

選べる4つの無料査定 選べる4つの買取
コラム

4月誕生石「ダイヤモンド」の意味と魅力 | 水晶などその他誕生石も紹介

ダイヤモンド

「4月誕生石はどんなものがあるの?」

「4月誕生石の意味や魅力を知りたい」

「おすすめのアクセサリーを教えてほしい」

この記事ではこんな疑問にお答えします。

4月誕生石と言えば、ダイヤモンドが定番。数あるジュエリーのなかでも所有者が多く、宝石愛好家からの評価がきわめて高いです。

また、4月誕生石はダイヤモンド以外にも「水晶」「キュービックジルコニア」「モルガナイト」があり、それぞれ独自の意味と魅力を持っています。

この記事では、そんな4月誕生石の意味と魅力をはじめ、おすすめのアクセサリー、高価買取してもらうコツをまとめました。

この記事を読めば、以下がわかるようになります。

  • 4月誕生石の基本情報
  • 4月誕生石の魅力を発揮するアクセサリーの数々
  • 高価買取してもらうための具体的な方法

4月誕生石についてさまざまな情報をインプットしたい方は、ぜひチェックしてみてください。

目次

4月誕生石「ダイヤモンド」の意味と魅力

4月の誕生石と言えば「ダイヤモンド」が有名です。

ここではダイヤモンドにおける以下の情報をまとめました。

  • 宝石言葉・意味
  • 効果
  • 魅力

これまで以上にダイヤモンドを知って、その魅力に浸りましょう。

宝石言葉・意味

ダイヤモンドはもっとも硬い天然物質という特性や、煌めきが失われることがないという特性から、さまざまな宝石言葉や意味を持っています。

宝石言葉・意味説明
純粋さダイヤモンドはその透明さと純度から「純粋さ」の象徴として有名です。これは感情や心の純粋さを指し、澄んだ心を持つことの大切さを示唆しています。
清らかさダイヤモンドは「清らかさ」の象徴です。そのクリアで美しい輝きは、人間関係や生活を清らかに保つことの大切さを表しています。
永遠の愛ダイヤモンドの堅固さと変わらない美しさから「永遠の愛」を象徴しています。これは愛情が永遠に続くことを願っているという意味です。
不変ダイヤモンドは数ある石のなかでもっとも硬く、色あせない宝石です。その特性は「不変」を象徴し、自身の信念や価値観を保ち続けることの大切さを示しています。

ダイヤモンドの色は、成分や結晶構造の違いによって変わります。一般的に知られているのは無色透明のタイプです。

無色透明のダイヤモンドはもっとも人気があり、価値が高いとされています。これは光がダイヤモンドを通過し、多面体の形状によって反射・屈折されることで生じる「美しい輝き」が要因です。

ダイヤモンドの品質は無色から黄色の範囲で評価され、色の強さによってD(絶対的な無色)からZ(薄黄色)までの等級に分けられます。この評価はGIA(Gemological Institute of America)が基準です。

しかしダイヤモンドの色は、無色や黄色だけではありません。以下の色もあります。

  • ブルー
  • ピンク
  • グリーン
  • ブラウン
  • レッド

これらは「ファンシーカラーダイヤモンド」と呼ばれ、その稀少性から非常に高価なアイテムもあります。

ファンシーカラーダイヤモンドが生まれる要因は以下です。

  • 他の元素がわずかに含まれること
  • ダイヤモンドが形成される過程で特定の環境条件にさらされること

たとえば、ブルーのダイヤモンドはホウ素によって、ピンクやレッドのダイヤモンドは、結晶構造の変形によって、色が生じるケースが多いです。

なおファンシーカラーダイヤモンドは「ナチュラルカラーダイヤモンド」と呼ばれ、その色が自然に生じたものであることを意味します。

一方で人工的に色を付けたダイヤモンドもあり、これらはナチュラルカラーダイヤモンドと比較すると価値が低くなりやすいです。

このようにダイヤモンドの色は、美しさや価値を大きく左右する要素。購入や評価を行うときには、重要なポイントといえます。

効果

ダイヤモンドには古来からさまざまな効果やパワーがあるといわれています。以下に主な効果をまとめました。

効果説明
浄化の力ダイヤモンドはその純粋さから、悪いエネルギーや負の感情を浄化する力があると信じられています。この効果により、所有者は心地よい気持ちを維持しやすくなるでしょう。
人間関係の改善ダイヤモンドの清らかな輝きは人間関係を象徴し、それを改善するともいわれています。この効果により、人間関係で生じる摩擦を解消したい方や、良好な関係を築きたい方が購入するケースは多いです。
成功への導きダイヤモンドは持つ人に成功をもたらすとも伝えられています。したがってビジネスやプライベートで成功を叶え、願いを達成したい方におすすめです。
健康維持ダイヤモンドは一部の信仰で身体のエネルギーバランスを整えるといわれています。この健康を保つ効果を信じて購入する方は珍しくありません。
愛情の深化ダイヤモンドは「永遠の愛」の象徴であり、持つ人の愛情を深める力があるといわれています。恋人同士の絆を深めたり、家族愛を強化する効果も期待できるようです。

これらの効果は、信じる人にとって非常に大きな支えになるはずです。

しかし、ダイヤモンドの効果は伝説や信仰に基づいたもの。科学的な証拠には基づいていないので、その点を理解した上で購入を検討しましょう。

由来

ダイヤモンドの名前の由来は、古代ギリシャ語の「adámas」から。この言葉は「不屈の」「壊れない」という意味を持ち、ダイヤモンドの堅さと永遠性を表しています。

ダイヤモンドは自然界でもっとも硬い物質ですが、この特性こそが名前の由来に反映されているといえるでしょう。

ダイヤモンドの生成については以下のとおりです。

  1. 形成される場所は自然界の深部・地球のマントル1,000km以上の深さ
  2. 非常に高い温度と圧力のもと、カーボンが結晶化することで生成される
  3. 地表に運ばれるまでには数百万年から数十億年かかる

ダイヤモンドは古来より人間の歴史と深く結びついていて、古代インドでは紀元前4世紀頃からダイヤモンドが採掘され、装飾品や宗教的なアイテムとして使用されていました。

また、古代ローマではダイヤモンドは無敵の力を持つと信じられ、戦士が身につけて戦場に立つこともあったようです。

その後、ダイヤモンドは中世ヨーロッパの貴族間で珍重されるようになります。やがて地位や富を象徴するアイテムとなり、その美しさと永遠性から愛の象徴としてエンゲージリングやマリッジリングに使われるようになりました。

現代ではジュエリーだけでなく工業用途にも広く使用され、その硬度と耐熱性、光学的な特性を活かし以下の分野で用いられています。

  • カッティングツール
  • 研磨材
  • レーザー技術

ダイヤモンドの名前の由来と歴史を知ることで、愛着がわきやすい宝石のひとつ。人間がダイヤモンドにさまざまな思いを込める意味がよくわかります。

魅力

ダイヤモンドの魅力は以下のとおりです。

魅力説明
絶世の輝きダイヤモンドは特有の屈折率と反射率により、光を多方向に反射・屈折させ、他の宝石にはない独特の美しい輝きを放ちます。その輝きは「炎」や「火」に例えられることが多いです。
最高の硬度ダイヤモンドは自然界でもっとも硬い物質。モース硬度スケールでは最高値の10を持ち、傷つきにくいうえに美しさを永遠に保つことができます。
稀少性天然のダイヤモンドは地球深部で形成され、火山活動によって地表に運ばれるレアリティの高い宝石。その生成プロセスは数百万年から数十億年を要するため、稀少価値はきわめて高いです。
色彩の多様性ダイヤモンドは無色から黄色、ブルー、ピンク、グリーン、ブラウン、レッドなど、さまざまな色を持ちます。色彩バリエーションの豊かさは、ダイヤモンドの魅力のひとつといえるでしょう。
象徴性ダイヤモンドは「永遠の愛」「純粋さ」「清らかさ」などの象徴とされ、特別な瞬間や重要な人への想いを表現するアイテムです。エンゲージリングやマリッジリングに用いられるシーンが多いのも、高い象徴性が影響しています。

ダイヤモンド以外の4月誕生石

4月の誕生石はダイヤモンド以外にもいくつかあります。

  • 水晶
  • キュービックジルコニア
  • モルガナイト

ここでは上記3つの宝石について詳しく解説します。

水晶

ここでは4月誕生石のひとつ「水晶」の基本情報をまとめました。

  • 宝石言葉・意味
  • 効果
  • 由来
  • 魅力

水晶は宝石としてだけでなく、スピリチュアルなシーンでも使用されます。その存在価値は特殊と言っていいかもしれません。

宝石言葉・意味

水晶はどこまでもクリアな透明感をもった宝石のひとつ。その清潔感からさまざまな宝石言葉がつけられています。

また、その透明性は「真実を見通す力」や「誠実さ」「和平や希望のシンボル」として、ネガティブなエネルギーを払うとも。

そんな水晶の宝石言葉は以下のとおりです。

  • 清らかな愛
  • 誠実
  • 和平
  • 無垢
  • 希望

4月誕生石「ダイヤモンド」と似た部分が見られるのは、水晶の透明性から抱くイメージが強く影響していると思われます。

水晶は基本的に無色透明ですが、本体に含まれる微量元素や内部の構造により、色がつく可能性があります。

以下にその代表的なものをまとめました。

無色水晶一般的な水晶で透明感が特徴です。
ローズクォーツ淡いピンク色の水晶です。
アメジスト紫色の水晶です。
シトリン黄色から黄金色の水晶です。
スモーキークォーツ茶色や黒色の水晶です。
アベンチュリン緑色の水晶です。

これらはいずれもクォーツの一種です。

色はそれぞれ特有のエネルギーや意味を持つといわれています。また、それぞれの色には特定のチャクラ(ヨガや瞑想で使われるエネルギーのこと)に対応するとも考えられているようです。

効果

水晶の効果については、実にさまざまな観点から評価されています。

以下に主な効果をまとめました。

効果説明
エネルギーの調整水晶は独自の振動数を持ち、周囲のエネルギーを調和させるといわれています。そのため、心身のバランスを崩しやすい方や疲れやすい方におすすめといえるでしょう。
心地よい空間の創出水晶が存在する空間は清浄なエネルギーが満ち、リラックスや安心感を与えるとされています。また、負のエネルギーを取り除く効果も期待できるようです。
直感力や霊的な力の開発水晶は直感力を高めるといわれています。また、スピリチュアルな視点から見ると、第三の目のチャクラに関連し、霊的な洞察力や高次元とのつながりを深めるようです。
記憶力の向上水晶は情報を蓄え、それを適切なタイミングで開放するといわれています。そのため、記憶力の向上や学習能力の強化を希望する方におすすめといえるでしょう。
ヒーリング水晶はヒーリング(癒し)の石として広く使われています。身体的、精神的な不調を整える力を持つとされ、心身の健康に対するサポートとして活用されているようです。

これらの効果は科学的な根拠に基づくものではありません。あくまで古代からの信仰や新時代のスピリチュアルな観点に基づくものです。

そのため、水晶の効果は個々の考え方や信念に左右されます。

由来

水晶は古代から人々に知られていました。

名前の由来は古代ギリシャ語の「krustallos」から。これは「氷」や「凍ったもの」を意味し、水晶の透明で清らかな見た目が氷に例えられたことが要因です。

古代の人々は水晶を「永遠に凍らされた氷」と考えていました。

その使用方法はさまざまですが、代表的なケースは以下のとおりです。

  • 水晶は氷のような冷却効果があると信じられていたので、熱を冷ますための手段として利用されていた
  • 占いや予言に使用(水晶球)
  • 治療や魔除けのアイテムとして使用

水晶は古代から現代に至るまで、その美しさと神秘的な力から世界中のさまざまな文化で愛されてきました。そして、その使い道は装飾品から魔除けなど広範囲に及びます。

そんな水晶は二酸化ケイ素(SiO2)から構成された鉱物。地殻中に広く分布していて、自然界では火成岩や変成岩の中に含まれることが多いです。

なお、結晶として成長する過程では、特徴的な形状を作り出します。

魅力

水晶の魅力は以下のとおりです。

魅力説明
美しい透明感水晶は透明度の高さから、清潔さと純粋さの象徴です。その透明感はあらゆる種類の光を受けて美しく反射し、特別な輝きを放ちます。
多彩な色水晶は無色透明のものが一般的ですが、含まれる微量元素によりローズクォーツやアメジストなど、多彩な色を持ちます。これらの色はそれぞれ異なるエネルギーと意味を持つのも魅力です。
スピリチュアルな効果水晶はエネルギーの調和や心地よい空間の創出、直感力の開発、記憶力の向上、ヒーリングなど、多くのスピリチュアル効果があると信じられています。
普遍的な存在水晶は全世界で見つけることができ、多くの文化で価値が認識されてきました。その普遍性は、魅力の一部となっています。
入手しやすく手ごろな価格水晶は地球上に豊富に存在するため、比較的手に入れやすい宝石です。そのため、初めてパワーストーンを試す方や、日常的に使いたい方にとって購入しやすい魅力があります。

これらの要素は、水晶が人々から愛され続ける理由ともいえます。その美しさと多様性、そしてスピリチュアルな力は特別な存在として見るべきでしょう。

キュービックジルコニア

ここでは4月誕生石のひとつ「キュービックジルコニア」の基本情報をまとめました。

  • 宝石言葉・意味
  • 効果
  • 由来
  • 魅力

キュービックジルコニアは、ダイヤモンドとそっくりの宝石として有名です。安価で購入できるものの、その存在価値は高いといえます。

宝石言葉・意味

キュービックジルコニア(Cubic Zirconia)は、人工的に作られた宝石のひとつ。そのため、伝統的な宝石言葉や象徴的な意味はありません。

しかし、その輝きはダイヤモンドに似ていることから、以下のような宝石言葉と意味を持つと解釈される場合もあります。

宝石言葉・意味説明
無垢な愛キュービックジルコニアの透明さと輝きは、純粋で無垢な愛を象徴するといわれています。
明瞭さと透明感キュービックジルコニアのクリアな輝きは、物事を正確に見抜く能力や明瞭さを示すと解釈されています。
豊かさと成功ダイヤモンドのような輝きを放つキュービックジルコニアは、豊かさや成功の象徴といわれています。

上記はあくまで一般的な解釈によるものです。したがって、個々の考え方や文化により異なる意味を持つこともあります。

またキュービックジルコニアの宝石言葉や意味は、その見た目や特性に基づいて解釈されたものです。ダイヤモンドのように、古代から伝わる宝石言葉や象徴的な意味とは異なります。

キュービックジルコニアは、さまざまな色に作り上げることが可能です。一例として、次のようなバリエーションがあります。

説明
クリア一般的なキュービックジルコニアは透明です。その輝きはダイヤモンドに匹敵し、クリアな外観は異なる色のストーンと混合することで美しさが引き立ちます。
ピンクピンクのキュービックジルコニアはロマンチックで、愛情や感情を表現するのに最適な色です。そのデリケートな色合いは特に女性に人気があります。
ブルーブルーのキュービックジルコニアは、静穏で平和な雰囲気を醸し出します。ブルーのストーンは、落ち着きや信頼を象徴することが多いです。
レッドレッドのキュービックジルコニアは、情熱とエネルギーを象徴しています。その強烈な色合いは、目立つジュエリーとの相性が抜群です。
グリーングリーンのキュービックジルコニアは、自然と安らぎを表現します。そのリラックスした色調は、平和と安定を求める人々に対して魅力的です。

これらの色はジュエリーで幅広く利用され、さまざまなスタイルや個性を表現するための良い材料です。どの色も鮮やかで美しい輝きを放つので、女性用のアクセサリーによく使用されます。

効果

キュービックジルコニアは、美しい見た目と物理的な特性からいくつかの効果を持つといわれています。以下に主な効果をまとめました。

効果説明
自己表現と個性の強調キュービックジルコニアは、さまざまな色を持っています。自分の好きな色やスタイルに合わせてアクセサリーを選べるので、自己表現と個性の強調におすすめです。
高揚感と自信の引き立てキュービックジルコニアは、ダイヤモンドに見間違えるほどの美しい輝きをもちます。それは自信を引き立て、気分を高揚させてくれるでしょう。
心地よい気分の創出キュービックジルコニアのクリアな輝きと美しい色は、心地よい気分を引き立てます。また選んだ色によって、さまざまな感情や気分を表現することが可能です。
豊かさと成功の象徴キュービックジルコニアはダイヤモンドのように見えるため、豊かさや成功の象徴にもなります。成功や目標達成への自信を引き立てるには、おすすめの宝石です。

キュービックジルコニアは人工的に作られるため、自然界で形成される宝石のような伝統的なエネルギーを持つわけではありません。しかし、その美しさとダイヤモンドに似た特性から、以上のような効果があるとされています。

由来

キュービックジルコニアは、1970年代初頭にジュエリーダイヤモンドの代替品として開発されました。その始まりは19世紀末で、フランスの学者によってジルコニウム酸化物がはじめて作り出されると、その後は研究が進んでいきます。

1970年代に入ると結晶形状が現在のようになり、ソビエト連邦の科学者たちが「立方体形状(キュービック)の結晶」の形成に成功しました。

これが現在のキュービックジルコニアの誕生です。

キュービックジルコニアはダイヤモンドとよく似ていますが、製造コストが低く手ごろな価格で購入できるメリットを持ちます。

昨今ではダイヤモンドのような美しい宝石を安く入手したい人々から支持され、エンゲージリングやウェディングリングに多く使用されるようになりました。

魅力

キュービックジルコニアは、さまざまな魅力を持つ人工的な宝石です。

以下にその魅力をまとめました。

魅力説明
ダイヤモンドに匹敵する輝きキュービックジルコニアは輝きがダイヤモンドと似ているため、視覚的にはダイヤモンドとほとんど見分けがつかないほどです。このダイヤモンドのような輝きが、多くの人々を魅了しています。
色のバリエーションが豊富キュービックジルコニアはさまざまな色で生成できるので、それぞれの色が持つ美しさと鮮やかさを堪能できます。とくにジュエリーでは、個性的で印象をプラスすることが可能です。
耐久性キュービックジルコニアは硬度が高く摩耗に強いため、日常的に使用するジュエリーに最適です。
手ごろな価格キュービックジルコニアはダイヤモンドと比較すると安価です。ダイヤモンドに似た美しさを手軽に楽しめるので、コストパフォーマンスの良いジュエリーを求める方におすすめといえるでしょう。

このようにキュービックジルコニアは、ダイヤモンドの代替品として最適な宝石です。その多くの魅力は、ジュエリーを好む世界中の人々を引きつけています。

モルガナイト

ここでは4月誕生石のひとつ「モルガナイト」の基本情報をまとめました。

  • 宝石言葉・意味
  • 効果
  • 由来
  • 魅力

モルガナイトはピンク色が美しい宝石。一部の宝石愛好家から熱烈な支持を得ています。

宝石言葉・意味

モルガナイトはピンクからサーモン色のビスマス鉱石の一種。その愛情や思いやりを感じる唯一無二の見た目から、いくつかの宝石言葉があります。

  • 無償の愛
  • 優しさ
  • 感謝
  • 心の平和
  • 感情のバランス

モルガナイトは感情のバランスを保つ力があるともいわれていて、所有者に対して心の安定や平和をもたらす意味があるようです。

またモルガナイトは、自己成長と自己認識の石としても有名。自己の内側に目を向け、自分自身を深く理解し、成長を促すといわれています。

モルガナイトは色彩が特徴的な宝石です。

主な色は以下のとおりです。

説明
ピンクモルガナイトの定番色はピンク。淡い色のピンクから濃い色のピンクまで、その色相は豊富です。この色は優雅さと女性性を象徴し、ロマンチックな雰囲気を醸し出します。
ピーチピーチ色のモルガナイトも非常に魅力的。その温かみのある色合いは、愛と感謝を表現します。
サーモンサーモン色のモルガナイトは深みと情熱を表現します。非常に珍しい色なので、所有者の個性を輝かせてくれるでしょう。
パープル紫色のモルガナイトは非常に珍しい存在です。深遠な魅力と神秘性を表現してくれます。

効果

モルガナイトは美しいピンク色とエネルギーの特性から、精神的・感情的な効果があるといわれています。

主な効果は以下のとおりです。

効果説明
感情のバランスを整えてくれるモルガナイトは感情のバランスを整える効果があると信じられています。ストレスや不安を和らげ、感情を安定させてくれるようです。
愛情を深めるモルガナイトは、無償の愛と思いやりを促進するといわれています。そのエネルギーは、自己愛や他者への愛情を深めるようです。
自己成長と自己認識モルガナイトは、自己成長と自己認識を助けるといわれています。個人の成長や自己を深く知りたい方に最適といえるでしょう。
心の平和モルガナイトは所有者に平和と安定感をもたらすといわれています。心の穏やかさと安心感を促してほしい場合におすすめです。

このようにモルガナイトは、精神的な癒しと成長を求める方に最適な宝石です。

由来

モルガナイトは20世紀初頭にカリフォルニアで発見され、1910年に認知された宝石。

名前はモルガナイトが発見された当時、Tiffany & Co.の宝石学者・ジョージ・F・クンツ博士が、亡くなったアメリカの宝石愛好・J.P.モーガンへの敬意を表し「モルガナイト」と名付けたことに由来します。

モルガナイトはビスマス鉱石の一種。そのなかでもっとも有名な石はエメラルドですが、美しいピンク色をしたモルガナイトも人気の宝石です。

なお、最大の特徴ともいえるピンク色は、微量のマンガンによって引き起こされます。

モルガナイトの主な産地は以下のとおり。

  • マダガスカル
  • ブラジル
  • アフガニスタン
  • アメリカ

モルガナイトはその歴史と特異性から、世界中の宝石愛好家やコレクターから高く評価されています。

魅力

モルガナイトはさまざまな魅力を持つ宝石として評価されています。

主な魅力を以下にまとめました。

魅力説明
色彩モルガナイトの色彩はピンク、ピーチ、サーモンといった淡くて暖かみのある色合いが魅力です。所有者に優雅さと女性らしさをプラスしてくれます。
無償の愛の象徴モルガナイトは無償の愛と感情のバランスを象徴しています。その特性はロマンチックなジュエリーとして、または愛の記念品として人気です。
手ごろな価格で購入できるモルガナイトは、ダイヤモンドやピンクサファイアに比べて手ごろな価格で購入できます。また、大きなサイズと明るい色彩は良いインパクトを与えるので、目立つジュエリーを求める方に魅力的です。
稀少性モルガナイトはその稀少性から価値の高い宝石です。どこまでも個性的なジュエリーを求める方にとって魅力といえるでしょう。

モルガナイトはエレガントでロマンチックなジュエリーを求める方におすすめです。

4月誕生石「ダイヤモンド」のおすすめアクセサリー3選

4月誕生石「ダイヤモンド」のおすすめアクセサリーは以下です。

  • ネックレス
  • ピアス
  • ブレスレット

ここでは上記アクセサリーの魅力をまとめました。ダイヤモンドが好きな方は、ぜひ参考にしてみてください。

ネックレス

ダイヤモンドネックレスは、美しさと高級感を兼ね備えたジュエリーの定番です。その輝きは女性の首元を美しく飾り、一歩引いた服装を華やかに彩ります。

さらにダイヤモンドは「永遠の愛」を象徴するので、特別なシーンに身につけると確かな愛を表現することが可能です。

ダイヤモンドネックレスは特別な瞬間を祝うプレゼントや、自分へのご褒美におすすめのアクセサリーといえるでしょう。

ピアス

ダイヤモンドピアスは、洗練された輝きと上品さが魅力。耳元に揺れるダイヤモンドは、女性らしさをより一層輝かせ、魅力を引き立てます。

その万能な美しさはどのような装いにもマッチ。カジュアルからフォーマルまで様々なシーンで活躍します。

ダイヤモンドピアスは持つ人を選ばないのも魅力です。

ブレスレット

ダイヤモンドブレスレットは、華やかさと洗練された雰囲気が魅力。腕元を飾るダイヤモンドの輝きは、着こなしにリッチなアクセントを与え、女性の魅力を引き立てます。

その存在感はどのようなスタイルにも適応し、日常の装いから特別な場所での装いまで広く活用することが可能です。

ダイヤモンドブレスレットは上品さと豪華さをプラスしたい時に、おすすめのアクセサリーといえるでしょう。

4月誕生石「ダイヤモンド」は高価買取が実現しやすい?

4月誕生石「ダイヤモンド」は高価買取が実現しやすいです。

その主な理由は以下のとおり。

  • 美しさ
  • 堅固さ
  • 希少性

ダイヤモンドは世界中に愛好家がいる価値の高い宝石です。その品質は「4C」(カラット、クラリティ、カット、カラー)と呼ばれる評価基準によって保証されます。

また、ダイヤモンドは汚れや傷がつきにくいため、長期にわたって使用しても輝きを失いません。

このような特性からも、ダイヤモンドは中古市場でも価値が高く評価され、高価買取が実現しやすいです。

特にブランド物のダイヤモンドジュエリーは、名声やクラフトマンシップによってさらに価値が付け加えられます。

ダイヤモンドなど宝石買取ならうるココへ

4月誕生石「ダイヤモンド」とその他宝石について解説しました。

ダイヤモンドは数ある宝石の中でも、高価買取が実現しやすいです。もしお持ちのダイヤモンドの売却を考えている場合は、以下のポイントに注意しましょう。

  • キレイにした状態で査定に出す
  • 付属品は可能なかぎりすべて揃える
  • 宝石店での査定は複数の店舗に依頼して比較する

一般的に傷が目立つダイヤモンドは、減額される可能性が高いです。ただし、うるココでは多少の傷はないものとして査定いたします。

見た目がクリーニングでキレイになる状態なら、十分に高価買取が可能です。

ぜひお気軽にうるココの無料査定をご利用ください。

関連カテゴリー

うるココ鑑定団

関連するコラム