ブランド買取なら
まとめるほどお得な
「うるココ」へ

選べる4つの無料査定 選べる4つの買取
コラム

宝石やゴールド買取価格は?宝石や貴金属の買取ならうるココへ

宝石やゴールド買取価格は?宝石や貴金属の買取ならうるココへ

いらなくなった宝石や貴金属を、買取に出したいと考えている方も多いのではないでしょうか。

しかし、せっかく貴重な宝石や貴金属を売るなら、なるべく高い値段で売りたいですよね。

そんな方に向けて、この記事では宝石や貴金属の、査定方法や高価買取してもらうためのポイント、さらに信頼できる買取業者の選び方などをご紹介します。

ぜひ、宝石や貴金属を売るときの参考にしてみてください。

目次

ゴールド(金)ジュエリーは高価買取が可能

ゴールド(金)ジュエリーは高価買取が可能

ゴールド(金)は非常に人気な貴金属のため、高価買取ができる場合が多いです。

金の純度や宝石の有無などによって価格は変わるものの、壊れていても買取してもらえることもあります。

宝石付きのゴールド(金)ジュエリーは高く売れる

ゴールドジュエリーのなかでも高値で買取されることが多いのは、やはり宝石の付いたものです。

ダイヤモンドやルビー・エメラルド・サファイアなどは、誰もが一度は聞いたことがあるでしょう。

これらの希少性の高い宝石が付いていると、高値で買取される可能性も高くなります。

また、宝石の量やデザインなどでも買取価格が変わってきます。

たくさん宝石が使われていたり、宝石の配置が優れたデザインであれば高価買取されやすいでしょう。

ネックレスやリングなどのゴールド(金)ジュエリー

ネックレス・リング・ブレスレットなどのゴールドジュエリーも、高価買取が可能です。

宝石が付いていなくても、純金(24K)・18金(18K)・14金(14K)などは需要が高いため、高値で買取されるでしょう。さらに、ブランドジュエリーであれば、買取価格は上がります。

もちろん、ゴールドジュエリー自体も需要が高いので、ノーブランドでも高価買取の可能性はあります。

純度の高いゴールド(金)ジュエリーは高価買取の可能性がある

ゴールドジュエリーは、金の純度が高いほど買取価格も上がります。

金の相場が最も高いのは純金(24K)ですが、純金(24K)のジュエリーってあまり見かけませんよね。

実は、純金(24K)は柔らかすぎるのでジュエリーには向いていないのです。

そこでゴールドジュエリーとして人気なのが、18金(18K)になります。

合金は、純金(24K)に比べて強度が高く、宝石を付けるのに適した硬さであるためゴールドジュエリーに多く使われています。

そのうえ純度が高いとなれば、ゴールド(金)特有の美しさも兼ね備えるため、20金(20K)や18金(18K)などの純度の高いゴールドジュエリーは高価買取されやすいです。

かといって、14金(14K)や10金(10K)といったあまり純度の高くないジュエリーが売れないわけではありません。

品質や状態次第では、高価買取の可能性もあります。

壊れていても売れる可能性が高い

いくらゴールドジュエリーが高価買取されるといっても、壊れていたり傷が付いていると「本当に売れるの?」と思ってしまいますよね。

金自体が貴重なもので需要も高いため、壊れていたり傷が付いていても、売れる場合が多いです。

しかし、傷や歪みがどの程度かによって買取価格は変わってきます。

もう売れないだろうと思っていたゴールドジュエリーがあるのなら、一度査定に出してみましょう。

宝石付きゴールド(金)の査定方法

宝石付きゴールド(金)の査定方法

前述した通り、宝石の付いたゴールドジュエリーは高価買取されます。

ここで気になるのが、どこのどんな部分を見て査定をしているのかということですよね。

宝石の付いたゴールドジュエリーを査定する場合は、金属部分と宝石部分をそれぞれ見極め総合的に判断されます。

では、金属部分と宝石部分それぞれでの査定方法をご説明します。

ゴールド(金)ジュエリーの金属部分の査定

金属部分の査定で最も重視されるのは、金の純度と重量で、純度が高く重量が重いほど金の価値が高く付きます。

さらに、デザインやブランドも査定されるポイントです。

その時に流行りのデザインであるか、どこのブランドのジュエリーかによって買取価格が変わります。

有名なブランドのジュエリーとなれば、高価買取の可能性は大きくなります。

ゴールド(金)ジュエリーの宝石部分の査定

宝石部分では、宝石の種類やカラット数が重要なポイントになってきます。

カラットとは宝石の重量のことで、カラット数が大きく重い宝石ほど価値が高くなります。

また、宝石の種類がエメラルドやサファイアなどのカラーストーンの場合は、原産地も査定されることが多いです。

人気の原産地のものは、高値で買取してくれるでしょう。

その他にも、宝石の透明度やカット・仕上げはどうかなど細かく査定されます。

ゴールド(金)の買取価格|純度や色別に紹介

ゴールド(金)の買取価格|純度や色別に紹介

ゴールドの相場や価格を左右する要素には、純度と色があります。

それぞれどんな種類があるのか、どれくらいの買取価格なのか解説していきますね。

ゴールド(金)の純度について

ゴールド(金)の純度は、純金(24K)・22金(22K)・21.6金(21.6K)・20金(20K)・18金(18K)・14金(14K)などがあります。

純金(24K)が最高で純度100%となるため、18金(18K)などの他の純度のものは別の金属と混ぜた合金となります。

18金(18K)などの合金はジュエリーとしては最適です。

しかしゴールド(金)のみの買取となった場合は、やはり純金(24K)が圧倒的に高値で買取されます。

ゴールド(金)の色について

実は、ゴールド(金)にはいわゆる純金(色がゴールド)以外にも、カラーゴールドとよばれる色の付いたゴールドがあるんです。

ピンクゴールド(PG)、イエローゴールド(YG)、ホワイトゴールド(WG)などがあり、それぞれ合金の配合によって作られます。

このカラーゴールドも人気が高いですが、合金で別の金属が混ざっているため買取ではゴールド(金)としての価格がつかないこともあります。

ゴールド(金)の買取価格

金は株式などと違い相場が大きく変動しないので、資産運用として人気です。世界情勢が不安なときなどに大きく価値が上がります。

金の買取相場を調査しました。金の買取価格は毎日変わるので注意が必要です。

金の買取価格相場(1gあたり)

インゴット8,796円
K248,788円
K228,059円
K21.67,913円
K207,364円
K186,769円
K145,032円
K103,562円
K93,141円
K18WG6,922円
K14WG5,127円

ゴールド(金)の相場は世界市場で決まり毎日変動

ゴールド(金)は、ロンドン・香港・ニューヨーク・チューリッヒの4大金市場をはじめとした世界中で取引が行われています。

相場は世界情勢や金利によって毎日変動します。

ゴールド(金)の現物価格を決定するのはロンドンですが、日本でのゴールド(金)の価格は最終的に「ドル円為替相場」で決まります。

その理由は、世界ではドルで取引されるのに対し日本では円で取引されるからです。

そのため、ゴールド(金)を買うなら円高時、売るなら円安時がおすすめです。

ゴールド(金)を高く売るための注意点

せっかくゴールド(金)を売るなら、できるだけ高く売りたいと思いますよね。

そこで、ゴールド(金)を高く売るためのポイントをいくつかご紹介します。

ゴールド(金)の純度と重さをチェックする

ゴールド(金)の買取は、純度と重さが重要なポイントになります。

純度とは、金属部分に含まれるゴールド(金)の量です。

純金(24K)であれば純度100%、18金(18K)であれば純度75%といったことになります。

この純度は、ゴールドジュエリーの刻印から確認することができます。

また、重さは0.1g単位まで計れる電子秤を利用しましょう。0.1gでも買取価格が変わることがあります。

もし純度や重さがわからない場合は、査定をしてくれる店舗に直接持って行ってみましょう。

純度、重さを計測して査定金額を出してくれますよ。

売却するタイミングを見極める

ゴールド(金)は、世界中で24時間取引が行われているため、常に相場も変動しているのです。

自分の持っているゴールド(金)が高値だと思ったら、なるべく早く査定に出してみましょう。

現在は、ゴールド(金)は比較的高く売ることができますよ。

信頼できるお店で売る

ゴールド(金)を買取しているところなら、どこで売っても同じというわけではありません。

店舗によってはゴールド(金)に詳しい査定士がいなかったり、手数料で10%程取られてしまったりします。

査定士にゴールド(金)の専門的な知識がある店舗、手数料のかからない店舗を探して売ることをおすすめします。

複数の買取業者を検討する

ゴールド(金)の価値は高いので、手放すなら安心してなるべく高く売りたいですよね。

ゴールド(金)を売るときは、初めからひとつの業者に絞らず複数の買取業者を検討しましょう。

いくつかの業者の査定金額を比較すると、買取価格が全然違うなんてこともあるかもしれません。

自分が一番良いと思える買取業者に依頼してみてください。

鑑定書など付属品を揃えておく

鑑定書とは、宝石の種類や産地、カラット数などさまざまな要素を証明する書類です。

査定する際にも、鑑定書があるかチェックされます。

鑑定書の他に、ジュエリーの保証書や箱も査定のポイントに入ります。

これらの付属品が無くても売れる場合が多いですが、あるのとないのとではどうしても買取価格に差が出やすいです。

ゴールド(金)ジュエリーを買ったときは、付属品も綺麗に保管しておきましょう。

ゴールド(金)を信頼して売れる買取業者選びのポイント

ゴールド(金)を信頼して売れる買取業者選びのポイント

前述した通り、ゴールド(金)を売るときはいくつかの買取業者を比較するのがおすすめです。

しかし「何を基準に買取業者を選んだらいいかわからない」と思う方も多いのではないでしょうか?

そこで、信頼してゴールド(金)を売れる買取業者選びのポイントは3つあります。

  • 買取実績が豊富な買取業者を選ぶ
  • 目の前でゴールド(金)の重量を計る買取業者を選ぶ
  • 各種手数料が安い買取業者を選ぶ

それぞれ詳しく解説していきます。

買取実績が豊富な買取業者を選ぶ

ゴールド(金)ジュエリーを正確に査定するには、専門的な知識や技術が必要になります。

ですので、ゴールド(金)や宝石の知識が少ない業者に依頼してしまうと、本来より安く買取をされてしまう場合があります。

そうならないために、ゴールド(金)や宝石の買取実績が豊富な業者を選ぶようにしましょう。

買取実績が多いということは、専門的な知識をもった査定士がいるということです。

また、小規模の業者より全国展開しているような大手の方が、買取実績も多く安心して査定に出すことができますよ。

目の前でゴールド(金)の重量を計る買取業者を選ぶ

ゴールド(金)や宝石は、重量が買取価格に大きく影響します。

そのため、一般的な買取業者は売り手の目の前で重量を計ります。

それが普通ですし、わざわざ別の場所で計る必要がないからです。

売り手としても、目の前で計ってくれた方が誤解も生まれず業者への信頼に繋がりますよね。

もし自分の目の届かないところで重量を計られたときは、査定金額を誤魔化そうとしているかもしれません。

その場合は、買取をキャンセルして別の業者で査定をしてもらいましょう。

各種手数料が安い買取業者を選ぶ

買取業者の中には、査定料・出張買取の出張費といった手数料がかかるところがあります。

しかし、手数料がかかってしまうと実際に手元に残る金額は減ってしまいますよね。

査定だけがしたいと思っても、手数料がかかるなら利用しないという人もいるでしょう。

ですので、ゴールド(金)ジュエリーを売るときは、手数料が無料もしくは安い買取業者を選ぶようにしましょう。

各種手数料を無料にしていたり、無料サービスがあったりする買取業者がおすすめです。

ゴールド(金)の買取に関するよくあるQ&A

ゴールド(金)の買取に関するよくあるQ&A

ここではゴールド(金)の買取に関する質問と回答をまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

刻印がなく品位が証明されなくても価値はある?

刻印がなく品位が証明できなくても、ゴールド(金)として買取してもらえる可能性はあります。

古いものや海外で購入されたものは、刻印がされていない場合もあります。

刻印がなくゴールド(金)としての価値があるかわからないという人は、買取業者の査定を一度受けてみてください。

鑑別書がなくても買取できる?

鑑別書がなくても買取は可能です。

専門の知識を持った査定士なら、鑑別書がなくても調べられます。

ですが鑑別書は付属品にあたり、あるとないでは買取価格に差が出てしまうことがあります。

一度、買取業者の査定を受けてみると良いでしょう。

ゴールド(金)を売るときに必要な書類は?

ゴールド(金)を売るときに必要な書類は、4つあります。

  • 本人確認ができる書類
  • 支払調書
  • 親権者からの同意書
  • 登記事項証明書や印鑑登録証明書

まず、本人確認ができる身分証明書は絶対に必要になります。

運転免許証、パスポート、健康保険証などのうちどれか1つを用意しましょう。

支払調書は、ゴールド(金)の買取価格が200万円を超える場合に必要です。

18歳以上の未成年の人が1人で行く場合は、親権者からの同意書が必要になります。

また、買取規制により18歳未満の未成年は1人で買取に行っても受けつけてもらえません。

登記事項証明書や印鑑登録証明書は、ゴールド(金)の取引が法人の場合に必要です。

登録証明書1通、または印鑑登録証明書と定款の両方の提出が義務になります。

これらの提出書類は状況によっても変わるので、買取を考えている買取業者に問い合わせてみましょう。

ゴールド(金)の買取ならうるココへ

宝石の買取ならうるココへ

もし宝石やゴールド(金)を売ろうと迷っているなら、「うるココ」がおすすめです。

宝石やゴールド(金)だけでなく、家具・家電などあらゆるアイテムを買取してくれます。

壊れていたりボロボロの状態でも買取してくれるので、不要なものがあるならまとめて買取してもらいましょう。

うるココは、まとめて売るほどお得なんです。

国内で再販が難しいものでも、東南アジアを中心に独自の市場を開催しているので高値で国外からのバイヤーが買い付けます。

また手数料が一切無料なのはもちろん、1000万円超の買取価格でも即日で現金受け取りができます。

現金化を急いでいる場合でも安心ですよね。

うるココはLINEや電話・webで無料査定を行っているので、あらかじめ査定金額を知ってから買取に行きたいという人にもおすすめです。

もしゴールド(金)や宝石の買取業者に迷っているなら、うるココで査定してみてはいかがでしょうか。

関連カテゴリー

うるココ鑑定団

関連するコラム