宝石・ジュエリー買取なら
まとめるほどお得な
「うるココ」へ

選べる4つの無料査定 選べる4つの買取
コラム

フェンディが高く売れる宝石買取店の見極め方|高く売れるアイテムも紹介

ボックス プレゼント

リユースビジネスが盛んになり、さまざまな宝石買取店が見られるようになりました。多くの宝石買取店があることで、どの宝石買取店へ行くべきか迷っている方も多いでしょう。

宝石買取店やブランド買取専門店などは、専門としているもの以外のアイテムも買取を行っています。そのため、キャンペーンや鑑定士の質などをチェックして宝石買取店を選ぶことで、高く買い取ってもらえる可能性が高まります。

この記事では、バッグやジュエリーの需要が高いフェンディを買取に持ち込む場合に役立つ内容をまとめています。

フェンディのアイテムを持て余している方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

目次

フェンディを高く買い取ってくれる宝石買取店の見極め方

宝石を高く買い取ってもらうためには、宝石買取店選びが重要です。多くの店舗を持っていたり、CMで見たことのあるような知名度の高い宝石買取店に安心感を感じる方も多いかもしれません。

しかし、宝石買取店の規模だけでなく、宝石買取店の運営や鑑定士の質などが重要になります。

フェンディを売ろうと考えている方は、宝石買取店選びの参考にしてみてくださいね。

宝石に関する有資格者がいるか

宝石買取店を選ぶときには、宝石に詳しい鑑定士が在籍しているかを確認してみてください。中でも宝石学をしっかり勉強している鑑定士がいる宝石買取店がおすすめです。

宝石学とは、貴金属や宝石を鑑定して評価するための学問です。

宝石学を学んだ鑑定士は、その宝石の価値をしっかり鑑定してくれるでしょう。

国際的に宝石学のプロとして認められる資格には、米国宝石学協会(GIA)の資格「Graduate Gemologist」や、英国宝石学協会(Gem-A)の資格「Fellow of Gemmological Association of Great Britain」等があります。

これらの資格を持っている鑑定士がいる宝石買取店は、社内でも鑑定に差が出ないようしっかり教育しているところが多いです。

販売ルートを多く持っているか

販売ルートを多く持っている宝石買取店は、買取金額が高くなる可能性があります。宝石買取店は、買い取った宝石を国内外へ売買します。

販売ルートが多くある宝石買取店は、金額だけでなく、買い取ってくれる数や量が多いでしょう。

しかし、販売ルートを公開している宝石買取店はあまりありません。そんな時には、その宝石買取店の規模を見比べてみてください。

支店が多い宝石買取店はそれだけ販売するルートを確保していると考えられます。

接客が優秀か

鑑定士の接客も、宝石買取店が高く買い取ってくれるかを確認するチェックポイントです。接客が優秀な宝石買取店は、買取金額がなぜその金額になったのかを明確に説明することができるでしょう。

宝石の鑑定は宝石買取店によって、金額の内訳が変わることが多くあります。

例えば、宝石がセットされている指輪やネックレスなどは、貴金属部分と宝石部分をそれぞれいくらずつ評価しているのかを説明してくれるか確認してみてください。

貴金属部分を高く評価し、宝石をあまり評価しない宝石買取店や宝石の大きさや品質に応じて価格をつける宝石買取店もあります。

複数査定の場合にも、ひとつひとつのアイテムに対して鑑定の理由を説明してくれる宝石買取店は、買取金額が明朗です。

鑑定金額について納得できるまで質問し、しっかりと回答してくれる宝石買取店で査定をすることで、納得して買い取ってもらえます。

キャンペーンなどを行っているか

宝石買取店が行っている買取キャンペーンはよく確認しておきましょう。宝石買取店によっては、特定のアイテムの買取金額をアップさせるというキャンペーンを行っていることがあります。

「ダイヤモンドや貴金属の買取金額30%アップ」、「1g当たり○○円アップ」などというキャンペーンが特によく見られます。

しかし、行っているキャンペーンが本当にお得かどうかは確認する必要があります。通常時から高価買取を行っている宝石買取店の場合、キャンペーンを行っても5~10%増額する程度が多いでしょう。

キャンペーンによって30%増額すると謳っている店舗は、通常時の買取金額が安いか常時キャンペーンを行っていると考えられます。

キャンペーンを行っている宝石買取店を選ぶ時には、謳っている数字に惑わされることなく、他店と比べて本当に高く買い取ってくれているのかを確認しましょう。

高く売れる宝石の種類とは

高く売れる宝石の種類は、なんとなく想像できる方は多いのではないでしょうか。ダイヤモンドやエメラルドなどは高く売れる傾向にありますが、フェンディのジュエリーであっても、同様に評価されます。

そして、それぞれの宝石にも評価基準がありますが、査定は鑑定士の腕も大きく関係します。鑑定士の経験や審美眼、感性などに左右されるので、鑑定士によって買取価格が大きく異なる場合もあるということを留意しておきましょう。

ここでは、特に有名な宝石の一般的な評価基準を紹介していきます。

ダイヤモンド

最も有名な宝石であるダイヤモンド。ダイヤモンドは透明なダイヤモンドは独自の評価基準があります。4Cと呼ばれる「カラー」・「カット」・「クラリティ」・「カラット」の4つから評価されます。これは、フェンディなどのブランドも同じ基準で判断されます。

  • カラー:黄色味を帯びているほど価値が下がり、無色であればあるほど価値が上がります。
  • カット:ダイヤモンドの輝きを左右するのがカットです。左右対称でダイヤモンドの光の取り込みが綺麗なカットのものは高い評価を得られます。
  • クラリティ:透明度のことを指します。低い価値のものだと傷や内包物が多く見られます。天然のダイヤモンドのほとんどは内包物があると言われています。内包物が肉眼で確認できないダイヤモンドは高く評価されます。
  • カラット:ダイヤモンドの重さを示す単位のこと。1カラットは0.2グラムです。0.1ct増えるごとにダイヤモンドの直径は約.6mm〜0.8mm大きくなるといわれており、1カラット以上のものは希少価値が高いとされています。

エメラルド

エメラルドは、透明度よりも、色の深みが評価の基準となっていることが多くあります。ハッキリとした緑~青緑で、石全体の色合いが均一になっているものが高く評価されます。

色の層があるものや青すぎるもの、黄色すぎるものなのは、評価が低くなることも多いでしょう。

また、カットもポイントです。エメラルドは内包物や傷の多い宝石です。そのため、ひび割れなどの入り具合を見ながら職人がカットしていきます。

丸くカットされているものよりも、エメラルドカットのものの方が高く評価される傾向にあります。

エメラルドカットは、面が大きく明るく見えやすいため、エメラルドカットで色が濃い状態に仕上がっているエメラルドは評価されやすくなります。

買取に出す場合には、エメラルドの価値にフェンディのブランドとしての価値が評価されれば、さらに高額で買取してもらえるでしょう。

サファイア

サファイアは、紀元前から愛されてきた青色の宝石です。最高級とされるサファイアは、「コーンフラー・ブルー」と「ロイヤル・ブルー」と呼ばれるものです。

コーンフラワー・ブルーは彩度が高く、落ち着いた色合いで、ロイヤル・ブルーは濃い青色をしています。

GSTV宝石学研究所では、国際的な基準によって色合いを判定し、鑑定書や保証書に、それぞれ「コーンフラワー・ブルー」と「ロイヤル・ブルー」と記載します。

サファイアは、フェンディのアイテムの中では時計などで使われていることがあります。

ルビー

ルビーは色と蛍光反応で評価されます。蛍光反応とは紫外線を受けると光を発する反応で、最高級と言われている「ピジョンブラッド」は強い蛍光反応を持っています。

また、産出国によっても買取金額が変わることがあります。肉眼では見分けられないような宝石でも、算出される量が少ない産地のものは希少価値が高いとされ、高く買い取られることがあります。

パライバトルマリン

パライバトルマリンは水色の宝石で、世界三大希少石と呼ばれています。蛍光性が高く、ブルー系やグリーン系があります。銅の含有量によって、色の濃さや鮮やかさが変わります。

ネオンブルーの強いパライバトルマリンは高く買い取られますが、差出量が少なく、質の良いパライバトルマリンの価値は年々上がっています。

宝石買取店で高く売れるフェンディのアイテム

高く売れるフェンディのアイテムは下記の4点です。

 

  • フェンディ フラーヴス
  • 時計 クアドロデイト
  • バッグ ピーカブー
  • バッグ バイザウェイ

フェンディのアイテムを売ろうと考えている方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

フェンディ フラーヴス

フェンディ―フラーヴスは、2022年に発表された、フェンディ初のハイジュエリーラインです。発表されたパリュールシリーズでは、ホワイトとイエローのダイヤモンドが使われており、フェンディのFFロゴがデザインされています。

ネックレス・イヤリング・カクテルリングがあり、全てにダイヤモンドが使われています。ジュエリーの価値はもちろんですが、フェンディのブランドとしての価値が高く評価されれば、さらに高額で買い取ってもらえるでしょう。

発売されたばかりのジュエリーラインですが、今後のフェンディの活動によっては、さらに付加価値が高まっていく可能性もあります。

時計 クアドロデイト

フェンディのレディースウォッチであるクアドロデイトには、宝石が施されたモデルがあります。

文字盤のセンター部分とダイヤル部分にダイヤモンドが施されているクアドロデイトは、高級感があり、見る人の目線を引きつけます。

中古市場では、宝石がついていないモデルに比べると、2~3倍の価格となることもあります。宝石がついているクアドロデイトは、流通量も多くはないため、宝石買取店から価値を高く評価してもらえる可能性は高いでしょう。

バッグ ピーカブー

ピーカブーはフェンディのアイテムの中でも知名度の高いバッグです。10年以上人気を保っており、シンプルなフォルムと高級感のある本革でデザインされています。

革の種類は、表面が柔らかなスムースレザーと柔らかいナッパレザーの2種類。大人の女性に人気のあるアイテムのため、在庫を一定数確保している買取店もあります。

毎年新しいカラーが発表されるため、人気があるカラーは希少価値が高いとされ、高く買い取りしてもらいやすいでしょう。

バッグ バイザウェイ

バイザウェイは2014年に登場したバイザウェイはボストンタイプのバッグで、ピーカブーと人気を二分するほどの人気を持っています。

バイザウェイはサイズ展開が豊富で、サイズによっては2wayや3wayがあり、さまざまな使い方ができます。

バイザウェイもカラーバリエーションが豊富で、他の素材が使われているものや、ディティールが異なるものがあります。パイソン素材のものやスタッズ付きのものなど、あまり出回っていないバッグは高く評価されるでしょう。

フェンディを高く売るコツ

フェンディを高く売るコツは、3つあります。

  • 綺麗にしてから買取に出す
  • 付属品を揃える
  • 早めに売る

ブランドを買取に出す場合には上記のことを意識するといいでしょう。これから買取店に持ち込む場合には、確認してみてくださいね。

綺麗にしてから買取に出す

まずは、売りに出そうと考えているアイテムを綺麗にしてから買取に出しましょう。汚いまま査定に出した場合と、綺麗にしてから査定に出した場合では、買取金額が大幅に異なることもあります。

フェンディのアイテムの中でも取り扱いの多いダイヤモンドやジルコンなどの宝石は、比較的硬度が高いため、自分でお手入れをすることができるでしょう。

しかし、スチームクリーナーや超音波洗浄などは行わず、柔らかい布などで、汚れをふき取るのがおすすめです。さらに、宝石の周り貴金属部分を綺麗にしておくだけでも、印象は異なります。

また、バッグの中やコートのポケットの中などもチェックしてから買取に出すのがおすすめです。

小さな心がけではありますが、鑑定する時の印象を良くすることを心がけましょう。

付属品を揃える

ブランド品を高く売るために、付属品を揃えたほうがいいと聞いたことがある方は多いでしょう。付属品がない場合、買取金額が下がったり、買取をしてもらえない可能性もあります。付属品が揃っていることは、そのアイテムが本物であることを示す指標になるからです。

ハイブランドでは、ギャランティカードという証明書を発行していることがあります。ギャランティカードは、購入店舗・購入日・購入者の名前・アイテムのシリアルナンバーが書かれています。

フェンディはハイブランドではありますが、ギャランティカードなるものは発行していません。そのため、「購入証明書・箱・保存袋・ショルダーストラップ」などの購入時の付属品がある場合には、アイテムと共に査定に出しましょう。

もし、付属品がない場合には、しっかりと本物であることを見抜けるブランド専門店や鑑定士の質が高い宝石買取店を選んでみてくださいね。

早めに売る

ブランドアイテムは、早めに買取に出すのもポイントです。もし、今季購入したアイテムをあまり使っていない場合には、同じ年に買取に出してもいいでしょう。

ブランドは、流行の移り変わりが激しく、同じアイテムでもディティールを変えて販売していることがよくあります。発売から2年を過ぎると価値が一気に下がるなどとも言われているため、手放すことを考え始めたら早めに売りに出すのがおすすめです。

宝石買取店で起こりやすいトラブル

宝石買取店に買取を依頼する際、なるべくトラブルにならないようにしたいですよね。宝石買取店で起こりやすいトラブルを事前にチェックしておくとトラブルには合いにくいでしょう。

ここでは下記2点のトラブルについて解説します。

  • 相場より低い金額で見積もられる
  • 断ってもしつこく売却をすすめられる

相場より低い金額で見積もられる

買取店は買い取った商品を再度販売することで利益を得ています。買取金額が低い方が利益に繋がるため、悪質な買取店や知識の乏しい買取店は、相場よりも低い金額で見積もることが多くあります。

低い金額で買取を成立させないためには、買取店へ持ち込む前に、相場を確認しておくことが大切です。同じモデルのものがいくらで売れているかをインターネットオークションや買取店の公開実績のページで確認しておきましょう。

例えば、フェンディのピーカブーやバイザウェイであれば、買取店の実績として載っていることも多いため、買取実績の高い買取店へ持ち込むのがおすすめです。

断ってもしつこく売却をすすめられる

稀に、買取を断ってもしつこく売却を勧めてくる買取店があります。店頭買取では起こることはあまりありませんが、出張買取の場合に、買取が成立するまで居座る悪質な買取店があります。

断るのが苦手だという方は、出張買取を利用する時の業者選びを気を付けましょう。

フェンディの宝石ならうるココへ

フェンディは、高価買取されることの多いブランドです。あまり使っていないフェンディのアイテムがある場合には、とりあえず査定にだしてみてもいいでしょう。

うるココでは、この記事で紹介したような信頼できる鑑定士が査定を行います。

また、うるココは、ブランドバッグ1点からでも買取を行っていますが、まとめて買取に持ち込むとグッとお得になります。

この記事で紹介した高く売るコツなどを参考に、買取店へ足を運んではいかがでしょうか。

関連カテゴリー

うるココ鑑定団

関連するコラム