ブランド買取なら
まとめるほどお得な
「うるココ」へ

選べる4つの無料査定 選べる4つの買取
コラム

毛皮のブランドとメーカーの一覧をご紹介!

毛皮のブランドとメーカーの一覧をご紹介!

毛皮はブランドやメーカーがさまざまあるのはご存知の通りです。

ただ、もらいものなどでお持ちの毛皮ブランドやメーカーがよくわからない方もいたり、知っているようで知らないブランドやメーカーもあるかもしれません。

ここではそんな毛皮のブランドなどについてご紹介します!

毛皮製品で「ブランド」に言及するとき、生産者団体・メーカー・加工方法の3つのいずれか、あるいはそのすべてを指すことがあります。

本記事では、これらが何を意味するのかそれぞれ簡単に説明します。毛皮買取をお考えなら、ぜひ基礎知識としてチェックしておいてください

目次

毛皮のブランド:生産者団体

毛皮ブランドと毛皮の呼び方

「サガミンク」など毛皮の名前で「サガ」などの表記がありますが、これが生産者団体の情報です。

主な生産者団体について紹介します。

サガ・ファー

SAGAという毛皮養殖団体のブランドで、サガミンクやサガフォックス、サガロイヤルなどは有名です。

アメリカン・レジェンド

ブラックミンクの最高級品のブラックグラマが有名で、アメリカのミンクの毛皮養殖団体です。

ノースアメリカン・ファー

NAFA(ナファ)と呼ばれる北米最古の企業で、カナダにある生産者団体です。

コペンハーゲン・ファー

デンマークのコペンハーゲンにある毛皮養殖団体です。

毛皮のブランド:メーカー

毛皮のメーカー

生産者団体は野生や養殖動物の毛皮を素材として扱いますが、その毛皮を使用してコートなどの毛皮製品を作るのが、メーカーです。

代表的なメーカーは、以下の通りです。

シャネル

知らない人はいないといえるほど有名な高級ブランドで、毛皮製品も多く扱っています。

フォクシー

毛皮製品も多く扱う、お嬢様ファッションで代表各といえる国内ブランドです。

フェンディ

イタリアのファッションブランドで、コートやショールなどの毛皮製品を扱っています。

イヴサンローラン

フランスの高級ブランドで、香水や化粧品で有名ですが、毛皮のコートなども取り扱うブランドです。

エンバ

マフラーなど小物からコートにいたるまで、多種類の毛皮製品を扱う毛皮で有名なブランドです。

毛皮のブランド:加工方法

毛皮製品が作られる過程でさまざまな加工処理が行われます。

以下、主要な3つの加工方法について解説します。

鞣し(なめし)

鞣しとは、動物の皮を柔らかくし、腐敗を防ぐために行われる化学処理で、毛皮製品製造において、最も基本的な工程のひとつです。

鞣しを行う際、強度や柔軟性、耐水性を高めるために、特定の化学物質やタンニンといった天然の物質に皮を浸します。

刈毛(シェアード)加工

刈毛加工とは、毛皮の表面を一定の長さに刈り揃えることです。

例えば、「シェアードミンク」という言葉は、ミンクの毛皮にこの刈毛加工が施されたものを指します。

この加工により、毛皮はより滑らかで光沢のある外観になり、また、従来の毛皮よりも軽く柔らかい感触を持つようになります。

染色(ダイ)加工

毛皮に色を付ける過程も重要です。

これは、特定の色やパターンを毛皮に施し、見た目を美しくするために行われます。

染色によって、毛皮製品は様々な色彩やスタイルのオプションを提供でき、ファッション性が高まります。

使っていない毛皮製品があれば、買取を検討してみてください。

毛皮は経年劣化により傷んでいく可能性が高いため、お早めの行動が吉です。

うるココでも毛皮買取を行っているので、お気軽に買取査定をご利用ください。

まとめ

毛皮のブランドについて紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

ブランドのある毛皮は、高く売りやすいですが、ブランドがわからないといった場合もあるでしょう。

ブランドがわからなければ、買取ができないというわけではありません。

関連カテゴリー

関連キーワード

うるココ鑑定団

関連するコラム