ブランド買取なら
まとめるほどお得な
「うるココ」へ

選べる4つの無料査定 選べる4つの買取
コラム

琅(ろう)かんとは何か?最高級の翡翠、琅(ろう)かんを知ろう!

翡翠でも最高級の琅(ろう)かんとは

琅(ろう)かんと呼ばれる宝石は、翡翠の中でも最高級の翡翠のことを指します。
琅かんには通常の翡翠には魅力がありますが、ここではそんな琅かんについてご紹介します!

翡翠は硬玉と軟玉の2種類がある

翡翠と呼ばれる宝石は鉱物学的には「硬玉」と「軟玉」の2種類があり、別の鉱物とされています。
宝石として価値が高いのは硬玉で、軟玉は産出量が多いので価格も低く価値も低くなっています。
中国で安価で販売されている翡翠の大半は軟玉と考えてよく、硬玉と軟玉の見分けは見た目では難しいので、翡翠を買うる際には注意が必要です。

実は、日本での硬玉の歴史は短く、わずか200年ほど程度です。
軟玉は中国で4000年もの間、彫刻や玉として用いられていました。

琅かんは翡翠の最高級品

翡翠は緑色というイメージをもちがちですが実は多くの色の種類があり、緑、ラベンダー、赤、白、黄、オレンジ、黒など種類は豊富です。
ラベンダーカラーは優しい色合いで特に人気が高いですが、価値の面から見と緑色がもっとも評価が高くなっています。
その中でも、琅かんは最高級品とされ、濃いエメラルドグリーンは、銀杏の色を濃くして表面に油を垂らしたようなとろみを持ちます。
透明度の高い緑が鮮やかな琅かんは、「インペリアル・ジェード」と呼ばれています。
「青(せい)かん」と呼ばれるものは、白熱灯の下で透明度の高いものに青みが見られます。
緑の次に高い評価を受けるのはラベンダー翡翠で、それ以外のカラーはあまり評価が高くありません。
この評価は国にもより、日本や台湾では濃い色が人気ですが、マレーシアやシンガポールでは淡い色が人気です。
ただ、どの場合も透明度は重視されます。

翡翠の産出状況

翡翠の価値は、戦後に大きく値上がりし、それ以前の数十倍の値が付いた経緯もあります。
その後は高値安定が続き、日本と中国以外ではそれほど人気がなかった翡翠は、東洋の神秘的な雰囲気が人気になり、欧米でも価値が見直されています。
産出より需要が多いので、希少性が増し、琅かんは特に量が足りないので、これからも価値が上がると考えられています。

翡翠の選び方

研磨された翡翠を判断するには、午前中の光がよいとされ、雨の日は避けた方がよいとされています。
質の良い翡翠ほど透明なので色だけでなく、透明度も確認するようにしましょう。
翡翠の横からペンライトの光を当てて、光が浸透すれば透明度が高いとわかります。
指輪にするなら3カラット以上のものがよく、同じ予算でもっともよい翡翠を買うのであれば、国民性の違いも考えましょう。
琅かんなど特別なもの以外は、翡翠の色の好みは国によって違います。
中国では明るめの色が好まれるので、中国人の好みではない濃い翡翠は日本人向けに安くすることがあります。
また、海外で買う場合は正確な鑑別書をもらいましょう。
翡翠は熱処理されたものは色が退色しやすく、宝石としての価値が下がりかねません。
いかがでしたでしょうか?
琅(ろう)かんについてご紹介してまいりましたが、もし琅(ろう)かんや他の宝石をお持ちでしたら今の価値を調べてみてはいかがですか?

お手持ちの宝石の価値を調べてみませんか?

お持ちの宝石がいったいどのくらいの価値が現在あるのか、一度査定を受けて把握しておくとよいでしょう。
宝石は、業者によって査定額に差が大きくでます。
買取業者ごとの基準価格の違いも理由の一つですが、もっとも大きな理由は、
「国内にしか販売ルートがない業者」「海外にも販売ルートがある業者」の違いにあります。
世界中の市場から宝石を一番高く売れる市場に販売ルートをもつ「海外にも販売ルートがある業者」の方が仕入れである宝石の買取価格を高く設定することができるのです。
宝石の買取専門業者に査定を依頼し、その中から一番高い査定額をだす業者の価格を参考にするとよいです!

関連カテゴリー

関連キーワード

関連するコラム

コレいくら? 電話で聞いてみる

写真を送るだけ! LINEで無料査定