ブランド買取なら
まとめるほどお得な
「うるココ」へ

選べる4つの無料査定 選べる4つの買取
コラム

貴金属と卑金属の違いを専門家が解説!

「卑金属とは?」
「貴金属とどう違うの?」

貴金属と卑金属の違いといわれても、知っている人は少ないかもしれません。

名前から卑金属と聞くと貴金属に比べて、違いというより悪い印象をもつかもしれませんね。

ここでは、そんな卑金属と貴金属の違いをわかりやすくご紹介します。

また、売却という観点から、貴金属は希少価値が高いことについても説明しています。

目次

貴金属と卑金属の違い

貴金属 卑金属 違い

金やプラチナのような貴金属は希少価値が高く、時間がたっても腐食しないので、そのような貴金属を資産として所有したり、投資する人は多くいます。

しかし昔、金、銀以外は全て卑金属とされ、プラチナも貴金属として扱われていなかった時代もありました。

金属の分類基準は時とともに変わり、最近では学術界と産業界の間でも違いがあるようです。

貴金属と卑金属は化学性質、実需産業での2つの分類があり、卑金属は化学的には、イオン化傾向の高い金属になります。

金属のイオン化とは簡単にいうと「腐食」のことで、このイオン化傾向が高いと卑金属、イオン化傾向が低いなら貴金属に分類されます。

化学的に、貴金属は、金、銀、白金、パラジウムなどが該当し、イオン化傾向が低いという点から銅や水銀を含めることもあるようです。

貿易分野では、貴金属か卑金属かで関税にも影響があるので、さらに明確な基準が必要です。

28の金属が卑金属として明示されているのですが、例を挙げると、鉄、銅、ニッケル、アルミニウム、鉛、亜鉛などがこれにあたります。

銅は微妙なところなのですが、貿易では卑金属ですが、腐食しにくいという特性からすると、貴金属の条件を満たしています。

ステンレスはニッケルやクロム、鉄などの合金であるため、ステンレスそのものが卑金属に該当するわけではありません。

オリンピックのメダルにも使用される金属が卑金であるのは変な感じがしますですが、実は銅以外の卑金属にも高価なものはあります。

また、貴金属でも投資用や財産としてだけではなく、私たちの生活の中で、普段使う家電に希少価値の高い貴金属が使われていることも多くあります。

このようにみると、貴金属と卑金属の分類法は完璧ではないかもしれませんね。

前述にもありますが、分類法は時の流れに合わせて変化すると考えられますが、金、銀、プラチナなど宝石や投資商品として高評価の金属は、貴金属の地位を失わないと考えられます。

金・プラチナなどの貴金属は高く売れる

金やプラチナをはじめとする貴金属は、さまざまな用途での需要があり、その供給には膨大な労力が必要なため、高く売れる商品となっています。

ここでは、高く売れる理由について説明します。

多方面から需要がある

金は主にアクセサリーや装飾品、そして金融商品として知られていますが、それ以外に工業用途や医療機器、電子機器にも使われます。

金は非常に導電性が高く、腐食しにくい性質があるため、アクセサリーなど以外の用途でも高く評価されるのです。

プラチナは触媒として化学工業や自動車の排ガス処理にも用いられています。そのため、市場には常に安定した需要が存在します。

供給の困難である

金やプラチナの採掘は、時間と労力を要する作業です。鉱石1トンから取り出せる量はわずか「リング1つ分」に過ぎません。このように供給が困難なことが、貴金属の価格を高騰させています。

市場が常に変動している

金やプラチナの価格は、世界の金利動向、地政学的な事情(戦争、政治的不安等)、さらには通貨価値の変動などに影響を受けます。

例えば、経済が不安定な時期には、多くの投資家が安全な資産として金に逃げる傾向があり、その結果として金価格が上昇することが多くなります。

特に金価格は高騰を続けているため、金相場が高い価格をつけているときに売却することで、高い利益を期待することもできるでしょう。

金・貴金属の買取ならうるココにご相談ください

卑金属・貴金属について説明しましたが、いかがでしたか。

卑金属とは、貴金属に含まれない金属全般で、銅・ニッケル・アルミニウムなどが該当します。

貴金属には金やプラチナなどが含まれ、高価買取の対象となります。金相場は年々上昇しており、売却するならその価格変動には、つねに目を光らせておきたいです。

適正な価格で取引するには、フリマアプリなどではなく専門の査定士がいる買取業者に依頼しましょう。

「うるココ」では、出張査定を行っています。出張査定をご利用されたことがないお客様にはイメージしにくいかもしれませんが、出張査定では査定員が自宅に訪問するため、家事や仕事をしながら待っていただくのみです。

査定額が気になるアイテムがおありでしたら、ぜひお気軽にご相談ください。

>> 貴金属の買取について詳しく見る

関連カテゴリー

関連キーワード

うるココ鑑定団

関連するコラム