ブランド買取なら
まとめるほどお得な
「うるココ」へ

選べる4つの無料査定 選べる4つの買取
コラム

着物はなぜ外国人からの人気が高いのか?

着物 外国人

観光地では、多くの外国人が着物を楽しんでいる光景を見かけるようになりました。

日本人にとっては成人式や結婚式など特別でフォーマルな日に着るものというイメージが強いですが、外国人にとっては日本の伝統的な民族衣装として、また異なる見え方をしているのかもしれません。

本記事では、日本の着物がなぜ外国人に人気であるのかについて解説します。

目次

着物はなぜ外国人からの人気が高いのか?その魅力とは

外国人が着物を好む理由を、7つの観点から説明します。

日本らしい色彩感を味わえる

日本には四季があり、着物にはそれぞれの季節に合わせた色彩が表現されています。春の桜、夏の葉緑、秋の紅葉、冬の雪景色など、季節の変化を反映した色彩が多くあります。

外国人にとって、このような着物の色彩を通じて日本の四季を感じ取ることができるのは、魅力的な体験といえるでしょう。

また、日本には伝統色が多数存在し、それぞれに固有の名前と背景があります。例えば、「紅葉(もみじ)」は秋の紅葉を連想させる色であり、「藍(あい)」は夏を感じさせる涼やかな色です。

こうした伝統色は、単なる色ではなく、日本の自然や文化、歴史に根ざした深い意味を持っています。外国人が着物を通じてこれらの色に触れることは、日本文化の理解を深めることにも繋がります。

さまざまな模様を楽しめる

着物に施される模様やデザインは、日本の伝統美を象徴しており、それぞれが独特の意味や背景を持っています。

着物の模様には、自然界の要素や歴史的な物語、幸運をもたらすとされる図柄など、さまざまな意味が込められています。例えば、鶴は長寿と幸福を、桜は美しさと儚さを象徴しています。また、波や流水のデザインは、永遠の若さと生命の流れを表しています。

外国人にとって、このような着物の模様はたいへん興味深く、観光旅行など特別なイベントを鮮やかに彩ってくれるものに感じられるのではないでしょうか。

伝統技法に触れられる

着物の製造には多様な伝統技法が用いられています。これには、絹織物の製造から、染色、刺繍、絵画技法に至るまで、数多くの工程が含まれます。これらの技法は、しばしば何世紀にもわたって受け継がれてきたものであり、それぞれが日本の文化や歴史の一部を形作っています。

また、着物を作る過程には、熟練した職人の手仕事が不可欠です。例えば、友禅染めや絞り染め、金銀糸を使った刺繍など、各技法には高い技術と繊細な作業が求められます。

着物は、外国人がこのような伝統技法や職人の技術に触れられる瞬間でもあるのです。着物以外でも日本の製品はその高品質で世界中に知られ、多くの外国人が日本でのショッピングを楽しんでいます。いわば、そのようなメイド・イン・ジャパンの極みのひとつが、着物であるともいえるかもしれません。外国人は日本の着物を通して、日本の繊細な伝統技法や細部にこだわり抜く品質の高さを体験できるのです。

上品な気分になれる

着物を着る際には、それに伴うマナーやエチケットが存在します。着物の正しい着方や歩き方、立ち振る舞いなど、着物を着るときに求められるこれらの所作を通じて、自然と上品な立ち振舞をすることになります。

また、着物を着るプロセスそのものが、一種の儀式的な行為であると感じられるかもしれません。着付けには時間を要し、その一連の行為はマインドフルネスのように心を洗練させる意味を持ちます。

着付けを通して現在の瞬間に集中し、日常生活の喧騒から離れて心を落ち着かせることができるのです。このようにして着物を着ること自体が、上品で落ち着いた気分へと導く体験になります。

「カワイイ」を体験できる

日本の「カワイイ」という言葉は、海外でも注目されています。日本のアニメや漫画、ポップミュージック、ファッションを通して「カワイイ文化」が海外にも浸透しつつあるのです。「カワイイ」は、国が推進する「クール・ジャパン戦略」の主要コンテンツにもなっています。

このような「カワイイ」は着物にも見て取れ、外国人からするとそれがより顕著に感じられるのでしょう。特に女性や子供向けの着物には、花柄や動物、伝統的な絵柄など「カワイイ」要素が強く反映されています。着物を着ることで「カワイイ」を直接体験できるのは、外国人にとって特別なイベントになるのです。

自己表現の幅を広げられる

着物はその伝統的な美しさとともに、個性や創造性を表現する素晴らしい衣装となります。特に外国人は、従来の日本の枠組みにとらわれず、自由な感性で着物をアレンジすることも多いようです。

例えば、羽織をカジュアルな部屋着として使う、襟元や帯留めにレースやその他の装飾品を加える、シルクハットや革靴などの西洋のアクセサリーを合わせるといった形で、自分の思うままに着物を楽しむのです。

このような自由な発想は、着物という伝統的な衣装を、自己表現の新しい手段として再解釈していることを示しています。外国人によるこうした斬新な着こなしは、着物の新たな可能性を開花させ、世界中の人にその魅力を伝えるきっかけにもなるでしょう。

ソーシャルメディアで写真映えする

着物は色彩豊かで非日常を表現できることから、ソーシャルメディアの投稿にも最適です。外国人にとっては、ビジュアルの美しさと、伝統的な日本らしさを体現した着物姿の自分を、ぜひ投稿でシェアしたいと思うでしょう。そのような投稿は、多くのフォロワーからも「いいね」をもらいやすいと考えられます。

また、着物はその多様なデザインとパターンにより、個々の撮影者のスタイルや好みを反映することにも役立ちます。着物を通じて自分自身の個性や美的感覚を表現し、同時にソーシャルメディア上での自分のブランドを築くことができるのです。これは、他のファッションアイテムと比較しても、着物が特に写真映えする理由のひとつであるといえるでしょう。

外国人が好む着物

外国人が好む着物には、以下のようなものがあります。

  • 振袖
  • 小紋
  • 紬(つむぎ)
  • アンティーク着物
  • 現代的デザインの着物

振袖は、若い女性の間で人気があります。色鮮やかで華やかなデザインが特徴で、成人式や結婚式などの特別な機会に着用されることが多いですが、外国人が日本文化の伝統的な美しさを体験したいときにもよく選ばれます。

小紋は、日常使いやカジュアルな場面で着用され、そのシンプルさとデザインが外国人にも受け入れられやすいです。柄が細かく、色合いも落ち着いているため、多くのシチュエーションに合わせやすいです。

紬は、耐久性が高く、日常生活で着用するのに適した着物です。自然な風合いとシンプルなデザインが魅力で、外国人の間でも日本の伝統的な生活を感じられるアイテムとして好まれます。

アンティーク着物は、歴史的な価値や独特のデザインを求める外国人に人気です。独特の色合いや歴史的な柄が特徴で、ヴィンテージ愛好家の間で特に価値が高いとされています。

伝統的なデザインに現代的な要素を加えた着物も、特に若い世代の外国人に人気があります。伝統的な美しさと現代のファッションセンスが融合し、国際的なファッションとして受け入れられやすいです。

外国人が着物を気軽に楽しむには浴衣もおすすめ

外国人が着物を気軽に楽しむには、浴衣がおすすめです。

浴衣は着物に比べてシンプルで、着付けに必要なアクセサリーも少ないです。そのため、初心者でも比較的簡単に着用することができます。着物の着付けが初めての外国人にとって、大きなメリットとなるでしょう。

浴衣はもともと夏のリラックスした衣装として着用されるもので、夏祭りなどのカジュアルな場面に適しています。そのため、外国人が気軽に日本の伝統的な装いを楽しむのに適しているでしょう。

また、価格帯も幅広く、比較的手頃な価格で購入・レンタルできることも大きな魅力でしょう。

まとめ

本記事では、なぜ着物が外国人に人気なのかについて紹介しました。

外国人から見た着物には、日本人が思うのとはまた別の、さまざまな魅力があるのでしょう。一種のコスプレに近い感覚もあるのかもしれません。また、日本の伝統文化が好きで、着物を楽しむ人もいるでしょう。

このように着物の需要は、海外からもあるのです。もしも、タンスの肥やしになっている着物があれば、買取を検討してみませんか。うるココでは、着物買取を承っております。

着用する機会のない着物をお持ちなら、無料査定をご利用ください。査定によってその着物の客観的な価値が分かるため、どの程度になるのか確認するだけでも良いでしょう。

ご相談お待ちしております。

関連カテゴリー

関連キーワード

うるココ鑑定団

関連するコラム