ブランド買取なら
まとめるほどお得な
「うるココ」へ

選べる4つの無料査定 選べる4つの買取
コラム

毛皮のコートはいつ着る毛皮のコートはいつ?保管方法についても解説

寒い冬に役に立つのが、毛皮のコートです。毛皮のコートは見た目も華々しく、冬ならではのおしゃれを楽しめるアイテムとして人気があります。

ところで、毛皮は何月頃から着用するのがベストなのでしょうか。また、冬以外にも着ることはあるのでしょうか。

本記事では、毛皮を着る時期と保管方法について簡単に説明します。

目次

毛皮のコートはいつ着る?

毛皮 着る時期

毛皮のコートを着る時期は、主に寒い季節で、特に秋から冬にかけてです。

地域の気候やその年の気温によって変わることがありますが、一般的には気温が下がり始める秋の終わりから、冬を通してが毛皮を着るのに適した時期といえるでしょう。

寒い地域では、春の初めにもまだ寒さが厳しいため、毛皮を着用することがあります。しかし、暖かくなる春から夏にかけては、毛皮を着る機会はほとんどなくなります。

春や夏の時期に毛皮を着ることもある?

毛皮 着る時期

春や夏に毛皮を身につけることは一般的ではありませんが、ファッションの世界では例外もあります。

気候や温度によっては不適切と思われがちですが、以下のような状況で毛皮が使われることがあります。

春の夜や涼しい日

春には、特に夜間や早朝に気温が下がることがあります。このようなとき、軽量の毛皮や毛皮のアクセサリーは、あたたかくてスタイリッシュなアクセントになるでしょう。

薄手の毛皮のストールやショールは、春の夜間の外出時に着用すると気持ちが良いときがあります。

室内でのイベント

室内でのイベントや特別な機会では、外の気候に関係なく、毛皮を着用することがあります。

オペラや高級ディナーなど、フォーマルな場においては、毛皮がエレガントさを加えるアイテムとして好んで選ばれています。

毛皮の持つ独特な豪華さや美しさが、着用者のステータスを際立たせる重要な役割を果たすのです。

フェイクファーの利用

環境や動物愛護に配慮したファッションとして、フェイクファーは年間を通じて人気があります。

春や夏には、軽量で通気性のあるフェイクファーがアクセサリーやアクセントとして用いられることがあります。

このようにフェイクファーは、季節を問わずに毛皮の質感や見た目を楽しむことができます。

毛皮の保管方法

毛皮 着る時期

毛皮のコートやその他の毛皮製品はデリケートなため、その美しさを保つには正しい保管方法を知っておくことが重要です。

適切な温度と湿度の維持

毛皮を保管する温度は、15°C前後が理想的です。湿度は過度に乾燥した環境は皮革を硬くし、また湿気が多すぎると今度はカビの発生原因となります。

通気性のあるカバーを使用

毛皮は、通気性のある布製カバーに入れて保管するとよいでしょう。

プラスチックのガーメントバッグは避けてください。プラスチックは通気性がなく、湿度が閉じ込められる原因となり、毛皮に損害を与える可能性があります。

圧迫を避ける

毛皮製品は圧迫されるとその形状を失い、毛並みが損なわれる可能性があるため、クローゼット内で他の衣類に圧迫されないように十分なスペースを確保してください。

直射日光を避ける

直射日光や強い光は毛皮の色褪せの原因となるため、製品を直接光が当たらない場所に保管してください。

適時のメンテナンス

定期的に毛皮を専門のクリーナーに持っていき、クリーニングや必要に応じた修理を行ってください。専門のクリーニングは、毛皮の美しさを保ち、寿命を延ばすのに役立ちます。

夏季の保管

特に夏季は高温多湿になりがちなため、毛皮製品を専門の保管サービスに預けることを検討してください。多くの毛皮専門店は、理想的な温度と湿度で毛皮を保管するサービスを提供しています。

使用後のケア

自宅で毛皮を着用した後は、その都度ハンガーにかけて風通しの良い場所で自然乾燥させてください。これにより、湿気が逃げ、毛皮が新鮮な状態を保つことができます。

まとめ

毛皮のコートは、一般的に秋の終わり頃から冬を通して着用する人が多いですが、襟巻きなどの毛皮製品は春や夏でも利用することがあります。

毛皮を長期間楽しむためには、オフシーズンの間の適切な保管が重要です。毛皮のコートの手入れについても、ぜひチェックしておいてください。

関連カテゴリー

関連キーワード

うるココ鑑定団

関連するコラム