ブランド買取なら
まとめるほどお得な
「うるココ」へ

選べる4つの無料査定 選べる4つの買取
コラム

ワインは長期保存できる?気をつけたい6つのポイントを解説

ワインに年代物があることは、ワインに詳しくない人でも知っているでしょう。ワインは熟成するほど奥深い味わいが増し、価値が高くなります。

本記事では、ワインの長期保存について未開封のワイン、開栓後のワインではどうするのか、またワインの保存で欠かせない6つの要素とは何かについてお伝えします。

「大量」「大きい不要品」「運ぶのが面倒」なら出張買取!
全国無料出張買取の詳細はこちら
お酒を高く売るならうるココで!
お酒買取の詳細はこちら
目次

ワインは長期保存できるのか

ワインには賞味期限がありません。ワインは瓶詰めされた後も熟成を続け、劣化することはあっても腐るという概念がないからです。

熟成の過程でワインは風味が変化し、特定の熟成期間を経て飲み頃を迎えます。高品質のワインは、数十年や時には100年以上の長期にわたる熟成に耐えうるものもあるほどです。ただし、すべてのワインが長期保存に適しているわけではありません。

日常的に楽しむためのデイリーワインやテーブルワインは、比較的短期間で飲み頃を迎えるように造られています。購入後すぐに飲むことが推奨され、多くの場合、熟成させるよりも若いうちに楽しむべきです。

一般的には2年から3年以内が飲み頃であるとされており、ボージョレ・ヌーヴォーのようなワインはさらに短く、半年から1年以内に飲むことが望ましいです。

未開封のワインを長期保存する方法

未開封のワインを保存する際、温度は13~15℃に保たれる必要があります。この溫度下では、ワインの味を損なうことなく、熟成を進められます。

また、直射日光はワインの品質に悪影響を及ぼすため、暗い場所で保存することも必要です。光が当たるとワインの化学反応が促され、香りや風味に悪影響を及ぼします。ワインボトルを新聞紙で包むなどして光を遮断する方法も有効でしょう。

さらに、湿度の管理も重要です。湿度が60~80%の範囲に保たれていると、コルクの乾燥を防ぎ、空気の侵入や酸化を最小限に抑えることができます。乾燥した環境ではコルクが縮むことにより空気がボトル内に侵入し、ワインが酸化してしまうリスクがあります。

これらの条件を満たす最良の方法は、ワインセラーを利用することです。ワインセラーは温度、光、湿度を適切にコントロールできるため、ワインを理想的な状態で長期保存できます。

「大量」「大きい不要品」「運ぶのが面倒」なら出張買取!
全国無料出張買取の詳細はこちら
お酒を高く売るならうるココで!
お酒買取の詳細はこちら

開栓後のワインを保管する方法

開栓後のワインは、空気に触れて酸化が進み、風味や香りが失われやすくなります。飲み残しのワインを美味しく保つためには、いくつかの方法があります。

まず、ワインのボトルには付属のコルクやスクリューキャップを用いて栓をすることです。ワインを完全に密閉することは難しいため、コルクをプラスチックラップで包み、空気の侵入を極力防ぐ工夫をします。

このようにして密閉したボトルは、ワインセラー、床下収納、または冷蔵庫の野菜室など、温度変化が少なく暗い場所に保管するのが適切です。

また、ワインをより長持ちさせるためには、ワインの保存グッズを利用する方法もあります。保存グッズは空気の侵入を防ぎ、酸化を最小限に抑えるのに役立ちます。

しかし、どんなに適切な保管方法を用いても、開栓後は時間とともにワインの品質が徐々に下がることは避けられないでしょう。

ただし、開栓しても飲みきれず、風味や香りが変化してしまったとしても、料理酒として有効活用することができます。料理酒を使うとワインの風味を生かした料理を楽しむことができ、ワインを無駄にすることがありません。

ワインの長期保存で気をつけたい6つのポイント

ワインを長期保存するのに気をつけたい6つの要素が、以下の通りです。

  • 温度
  • 湿度
  • 振動
  • 匂い
  • 角度

光は、先述の通りに直射日光や蛍光灯の光がワインに当たることで、ワインの変質や不快な匂いの元となります。そのため、ワインの保管は冷暗所で行われることが必要です。

溫度は、13〜15℃の涼しい環境で保存するのが理想です。この温度であればワインの熟成を適切に進められます。温度変化を少ない環境を選ぶことがワインの品質を守ることに繋がります。

そして、湿度も管理も重要です。湿度が低すぎるとコルクが乾燥して縮んでしまいます。その結果、ボトルの隙間から空気が入り込み、ワインの酸化を招きます。理想的な湿度は65~80%程度で、この水準を維持することでコルクの感想を防げます。

さらに、振動にも配慮が必要です。振動が加わると、ワインの変質・劣化の原因となります。振動が加わることにより粒子の安定性が失われ、これがワイン本来が持つ甘みなどに影響を与えるとされているのです。

匂いにも気を遣いましょう。ワインはコルクを通じて外部の匂いを吸収しやすいため、匂いが強いものの近くに保管するのは避けるべきです。

最後に、ワインボトルの角度も重要なポイントです。ワインを立てて保存すると、コルクが乾燥しやすくなります。そのため、ボトルは寝かせて保存し、コルクがワインに触れている状態を維持することが望ましいです。

このようにしてコルクの乾燥を防ぎ、空気の侵入を最小限に抑えることができます。

「大量」「大きい不要品」「運ぶのが面倒」なら出張買取!
全国無料出張買取の詳細はこちら
お酒を高く売るならうるココで!
お酒買取の詳細はこちら

ワインセラーの他にワイン保管サービスもある

ワインセラーとワイン保管サービスは、どちらもワインを理想的な条件で保存する方法です。ワインセラーは自分で所有するのに対し、ワイン保管サービスは外部の業者に依頼する違いがあります。

ワインセラーは、個人または業務用に設計された、特定の温度と湿度を維持するための冷蔵庫の一種です。ワインセラーを購入すれば、自宅やレストランなどで直接ワインを管理し、保存ができます。

ワインセラーの所有者は、温度や湿度、光、振動といった保存条件をコントロールできるため、保存するワインの種類に応じた調整ができます。しかし、初期投資や維持費がかかること、またスペースを確保する必要があることがデメリットとして考えられます。

一方、ワイン保管サービスは、専門業者が提供するサービスで、個人のワインコレクションを代わりに保管してくれます。ワインの保管に精通したプロによって、最適な最適な温度、湿度、光、振動のコントロールが可能です。

ワイン保管サービスのメリットは、大量のワインを持っているものの、十分な管理スペースを持たない人が安心してワインを預けられることです。また、保険やセキュリティの面でも安心できるサービスが多いですが、月額料金やアクセスの不便さがデメリットになることがあります。

まとめ

ワインの長期保存について解説しました。ワインはデリケートであり、光・溫度・湿度などの保存環境を適切に整えることが大切です。

理想的な環境で長期保存するには、ワインセラーやワイン保管サービスなどを利用する方法があります。

長期間、熟成させたワインは自分で味わって楽しむのも良いですし、またヨーロッパでは古い歴史を持つ「ワイン投資」として機が熟すのを待つのも魅力的でしょう。

うるココでは、お酒買取を承っています。お酒の価値を知りたいときは、ぜひお気軽にご相談ください。

「大量」「大きい不要品」「運ぶのが面倒」なら出張買取!
全国無料出張買取の詳細はこちら
お酒を高く売るならうるココで!
お酒買取の詳細はこちら

関連カテゴリー

関連キーワード

うるココ鑑定団

関連するコラム