ブランド買取なら
まとめるほどお得な
「うるココ」へ

選べる4つの無料査定 選べる4つの買取
コラム

黒電話はなぜ高く買取されるの?その理由や高価買取ポイントを紹介

黒電話 買取

「自宅にある黒電話を処分したい」

「今でも黒電話の需要はあるのか」

黒電話をお持ちで、処分したいものの売れるかどうか分からずに困っている人もいるでしょう。

結論からいえば、黒電話の需要はあり、買取もできます。

本記事では、黒電話が買取できる理由や高価買取ポイントについて解説していますので、黒電話の買取をしたい人はぜひ参考にしてください。

「大量」「大きい不要品」「運ぶのが面倒」なら出張買取!
全国無料出張買取の詳細はこちら
骨董品を高く売るならうるココで!
骨董品買取の詳細はこちら
目次

黒電話とは

黒電話とは、1933年に誕生した3号電話機から1962年に登場する600形電話機を指します。黒いハウジングで回転式のアナログダイヤルと、送話器・受話器一体のハンドルを備えていることが特徴です。

40代以降の人には懐かしく感じられる一方で、「電話」といえばスマートフォンを連想するような、今の若者にとっては珍しいものではないでしょうか。昭和を題材にしたアニメの中でしか見たことがないという人もいるかもしれません。

参考:NTT東日本「電話機のあゆみ」

1980年代後半にはコードレス電話が購入できるようになり、固定電話として黒電話に取って代わっていくようになります。

しかし、黒電話は現在でも利用することができます。後述するように、停電時にも使用できるなど黒電話ならではのメリットもあるのです。

黒電話が高く買取される理由

黒電話が、令和の現在でも高く買取される主な理由として、以下のことが考えられます。

  • アンティーク価値がある
  • 災害時にも使える

これらについて説明します。

アンティーク価値がある

黒電話を、アンティークとして楽しむ人もいます。昭和時代を、日本の古き良きレトロな時代として愛でる風潮もあり、SNSで話題になることもあります。

そのような中で、昭和を代表するアイテムのひとつとしての黒電話は、アンティーク価値を持ち、一部のファンやコレクターからの需要が高まるのです。

災害時にも使える

黒電話は、レトロなアンティーク価値だけではなく、停電時にも使用できるなど実用性もあります。黒電話が停電時でも使用できるのは、電話線を介して電力の供給がされるためです。停電時でも電話線が繋がっていれば、通話ができます。

そのような特徴から大規模災害時における確実な連絡手段として、ふたたび注目が集まっているのです。

「大量」「大きい不要品」「運ぶのが面倒」なら出張買取!
全国無料出張買取の詳細はこちら
骨董品を高く売るならうるココで!
骨董品買取の詳細はこちら

黒電話の買取相場

黒電話の買取相場は、2,000〜1万円程度です。モデルや状態によっては1万〜4万円程度といった高額で取引されることもあります。

一口に「黒電話」といってもさまざまなタイプがあり、保存状態によっても買取価格は左右されます。

もし、ご自宅に黒電話があり、買取価格が気になるようなら一度査定を利用してみると良いでしょう。

黒電話の高価買取ポイント

黒電話を高価買取してもらうには、以下の点を意識してください。

  • 綺麗に掃除しておく
  • 需要があるうちに売る
  • 骨董品を扱っている買取業者に依頼する

では、それぞれ説明していきます。

綺麗に掃除しておく

アンティーク価値のある黒電話は、見た目の綺麗さや保管状態が良好であることが重要です。なるべく高価買取に繋げるためには、簡単な掃除をしておくことが望ましいです。

ホコリがついていたり、汚れが付着していたりすると減額対象になるかもしれないため、拭き掃除をしてきましょう。

需要があるうちに売る

昭和時代を回顧するようなトレンドが生まれている間は、黒電話への需要も高まり、高価買取の対象となりやすいです。しかし、このような昭和ブームがいつまで続くかは分かりません。

また、黒電話のような古いものは故障のリスクも抱えています。故障して使えなくなると商品価値が下がってしまうため、壊れる前に手放すのが良いでしょう。

骨董品を扱っている買取業者に依頼する

黒電話の買取を依頼するなら、骨董品を取り扱っている買取業者をおすすめします。黒電話などの買取実績があり、適正な価値を判断できることが期待できるからです。

また、買取を依頼する当事者自身が相場について理解していることも大切です。査定員から提示された査定額が相場から大幅に低いなどの場合にも、適切に感を働かせることができるでしょう。

「大量」「大きい不要品」「運ぶのが面倒」なら出張買取!
全国無料出張買取の詳細はこちら
骨董品を高く売るならうるココで!
骨董品買取の詳細はこちら

黒電話の買取における注意点

黒電話はNTTからレンタルしているものもあることに注意しましょう。このような場合、黒電話の使用が終了すれば、NTTに返却する必要があります。

レンタルしているものかどうか分からない場合、NTTから送られてくる請求書を確認すると良いでしょう。もし、黒電話をレンタルしている場合、「電話機使用料」が記載されているはずです。

まとめ

黒電話の買取について解説しましたが、いかがでしたか。

黒電話は、昭和レトロなアイテムとしてのアンティーク価値があり、一定のニーズがあります。また、東日本大震災や熊本地震、能登半島地震などのような大規模災害の際の確実な連絡手段として、黒電話が注目を浴びています。

このような理由から、黒電話は意外と高価格で買取できる可能性を秘めているのです。

うるココでは、骨董品の買取実績が豊富にあります。黒電話の価値を知りたいと思ったら、お気軽にご相談ください。お待ちしております。

「大量」「大きい不要品」「運ぶのが面倒」なら出張買取!
全国無料出張買取の詳細はこちら
骨董品を高く売るならうるココで!
骨董品買取の詳細はこちら

関連カテゴリー

関連キーワード

うるココ鑑定団

関連するコラム