ブランド買取なら
まとめるほどお得な
「うるココ」へ

選べる4つの無料査定 選べる4つの買取
コラム

記念金貨の高価買取を成功させるコツは?記念金貨の一覧も紹介

記念 金貨 買取

「日本の記念金貨にはどんな種類がある?」

「記念金貨の一覧が見たい」

「記念金貨を高く売りたい」

金を素材として使用している記念金貨は、コレクションとしても、金という資産としても要注目です。

近年、金相場の上昇に伴い、金の買取価格も上がっていることから、いま記念金貨には熱い視線が注がれています。

本記事では日本の記念金貨の一覧と、記念金貨の高価買取における注意点やポイントについて解説しています。

記念金貨を所有していて金貨買取の方法について調べている人や、投資目的で記念硬貨を購入するため、その種類について整理したい人は参考にしてください。

目次

記念金貨の価値とは

記念金貨は、皇室の慶事や、オリンピックやワールドカップなど国際的なスポーツイベントが日本で開催される際に発行される記念硬貨のうち、金が素材に使用されているものを指します。

発行の主な目的は、一般の流通よりもコレクター向けの収集品としての価値を持たせることといえるでしょう。「プルーフ仕上げ」による鏡面加工が施されることで、コレクターアイテムとしての価値が一層高まります。

記念金貨は、他の記念硬貨や古銭などと同様に、発行枚数が限られ、入手が難しいものほど、市場価格は上がる傾向にあります。

日本で発行された記念金貨は、額面通りの金額で使用することもできますが、多くの記念硬貨はその額面を上回る市場価値を持つため、通常の通貨として使用される例は少ないです。

また、素材に金が使用されている記念金貨の価値は、金そのものの市場価格とも連動しています。

金の価格が上昇すると、金貨の素材価値も上昇するため、コレクターアイテムとしての価値だけでなく、素材としての価値も注目されるようになります。

これから紹介する日本の記念金貨以外に、世界の主要な金貨16種類もご覧ください。

日本の記念金貨一覧

2023年10月現在、24種類の記念金貨(金貨幣)が発行されています。

参考元:財務省「記念貨幣一覧」

ここでは、日本の記念金貨の一覧を紹介します。

それぞれ記念金貨の特徴を簡潔に説明していますので、収集や買取のためにその価値を知りたい人は参考にしてください。

天皇陛下御在位60年10万円金貨幣

年銘昭和61年・62年
図柄<表>鳩、水
<裏>菊花紋章
品位K24
直径30.0mm
量目20.0g

天皇陛下御在位60年10万円金貨幣は、日本で発行された初となる記念金貨で、昭和天皇の御在位60年を記念して発行されました。金貨と同時に1万円銀貨、500円白銅貨も発行されています。

10万円金貨には昭和61年銘・昭和62年銘の2種類があり、昭和61年銘が1000万枚、昭和62年銘が100万枚と記念硬貨としてはかなり多めの発行枚数となりました。

では金貨としての希少価値が低いのかというと必ずしもそのようなことはありません。

昭和天皇にまつわるものはこの天皇陛下御在位60年10万円金貨幣だけであることから、コレクターならぜひ揃えておきたい金貨といえるでしょう。

天皇陛下御在位30年1万円金貨幣

年銘平成31年
図柄<表>鳳凰と桐と白樺
<裏>菊花紋章
品位K24
直径28.0mm
量目20.0g

天皇陛下御在位30年1万円金貨幣は、上皇陛下(明仁上皇)の御在位30年を記念して発行された記念金貨です。

明仁上皇が天皇陛下だった当時、ご即位されてから10年、20年となる節目に発行されてきた記念金貨ですが、30年目にもめでたく発行されました。発行枚数は5万枚です。

金貨と同時に、500円クラッド貨幣も発行されました。

クラッド貨幣とは、異なる金属をサンドイッチ状に重ね合わせた金属で、偽造防止技術のひとつです。

天皇陛下御在位30年記念1万円金貨幣の表面には鳳凰が描かれています。これは天皇陛下御在位20年・10年の金貨と共通ですが、それぞれデザインが異なるため記念硬貨コレクターならどれも収集・所持したい欲求をかきたてられそうです。

天皇陛下御在位20年1万円金貨幣

年銘平成21年
図柄<表>鳳凰と瑞雲と皇居・二重橋
<裏>菊花紋章
品位K24
直径28.0mm
量目20.0g

天皇陛下御在位20年1万円金貨幣は、上皇陛下(明仁上皇)の御在位20年を記念して発行された記念金貨です。

発行枚数は10万枚。そのうち5万枚は、500円ニッケル黄銅貨幣とのセットで発行されました。

金貨の表面には他の皇室関連の金貨同様に鳳凰が描かれますが、天皇陛下御在位20年1万円金貨幣は鳳凰の背景に皇居がデザインされており、皇室ファンには特別な1枚となりそうです。

天皇陛下御在位10年1万円金貨幣

年銘平成11年
図柄<表>鳳凰と桐と白樺
<裏>菊花紋章と橘と桜
品位K24
直径28.0mm
量目20.0g

天皇陛下御在位10年1万円金貨幣は、上皇陛下(明仁上皇)の御在位10年を記念して発行された記念金貨です。発行枚数は20万枚。

同時に、500円白銅貨も発行されています。

天皇陛下御即位10万円金貨幣

年銘平成2年
図柄<表>鳳凰と瑞雲
<裏>菊花紋章と桐と唐草
品位K24
直径33.0mm
量目30.0g

上皇陛下(明仁上皇)が即位されたことを記念して発行された記念金貨です。発行枚数は200万枚。このうち10万枚は、500円白銅貨とのセットでした。

天皇陛下御即位10万円金貨幣は、天皇陛下御在位60年10万円金貨幣に続いて2枚目となる10万円金貨ですが、こちらの金貨のほうが発行枚数が少なく、希少価値が高いといえます。

天皇陛下御即位1万円金貨幣

年銘令和元年
図柄<表>鳳凰と桐と白樺
<裏>菊花紋章と橘と桜
品位K24
直径28.0mm
量目20.0g

今上天皇(徳仁天皇)が即位されたことを記念して発行された記念金貨です。発行枚数は5万枚。

天皇陛下御即位記念1万円金貨幣は、皇太子徳仁さまが第126代天皇に即位され、令和がスタートした際に発行された金貨です。

即位を記念する金貨は、天皇陛下御即位10万円金貨幣に次ぐ発行となります。「在位」と異なり「即位」は1度きりのものであるため、より特別な価値が見出だせるでしょう。

皇太子殿下御成婚5万円金貨幣

年銘平成5年
図柄<表>瑞鳥の鶴2羽と波
<裏>菊花紋章と梓
品位K24
直径27.0mm
量目18.0g

今上天皇(徳仁天皇)の御成婚を記念して発行された記念硬貨で、発行枚数は200万枚。

同時に銀貨・白銅貨も発行されています。

額面5万円の金貨は国内唯一で「5万円金貨」といえば、この皇太子殿下御成婚5万円金貨幣を指します。

長野オリンピック冬季競技大会1万円金貨幣(第1次〜第3次)

年銘平成9年
図柄<表>ジャンプ(第1次)フィギュアスケート(第2次)スピードスケート(第3次)
<裏>りんどう(長野県の県花)
品位K24
直径26.0mm
量目15.6g

1997年(平成9年)から1998年(平成10年)の間に、3度にわたって発行された記念金貨のうちのひとつです。発行枚数はいずれも55,000枚。

長野オリンピックを記念する硬貨としては、5千円銀貨、500円白銅貨も同時に発行されています。

金貨の裏面は共通して長野県の県花である「りんどう」が描かれ、表面がそれぞれ異なります。

第1次の記念金貨には、当時日本を熱狂の渦に巻き込んだジャンプ競技が描かれています。

第2次には躍動的に舞うフィギュアスケーターが、第3次にはスピードスケート競技が採用されました。

東日本大震災復興事業記念1万円金貨幣(第1次〜第4次)

年銘平成27年
図柄<表>復興特別区域の地図とハト(第1次)学校と鯉のぼり(第2次)復興特別区域の地図・折鶴・奇跡の一本松(第3次)豊かな自然と鳥(第4次)
<裏>奇跡の一本松とハト
品位K24
直径26.0mm
量目15.6g

東日本大震災復興事業記念1万円金貨幣は、第1次〜第4次まで4種類があり、第1次発行分は造幣局のデザインですが、それ以外は一般公募から選ばれたものです。

第1次〜第4次と、それぞれで千円銀貨も発行されています。

金貨の裏面はいずれも「奇跡の一本松とハト」が描かれ、表面はそれぞれ別のデザインを採用しています。

2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会記念1万円金貨幣(第1次〜第4次)

年銘平成30年、令和元年、令和2年
図柄<表>流鏑馬と心技体(第1次)「勝利」(野見宿禰像)と「栄光」(ギリシャの女神像)と「心技体」(第3次)「聖火ランナー」と「国立競技場」と「心技体」(第4次)
<裏>東京2020オリンピック競技大会エンブレム(第1次・第3次)東京2020パラリンピック競技大会エンブレム(第4次)
品位K24
直径26.0mm
量目15.6g

2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会の記念硬貨は、第1次〜第4次に分けて発行されました。

1万円金貨、千円銀貨、100円クラッド貨幣を合わせると全39種類と、バラエティ豊かなデザインが展開されています。

第2次は千円銀貨幣と100円クラッド貨幣のみの発行で、金貨幣はありません。

参考:財務省「2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会記念貨幣(第二次発行分)を発行します」

金貨の裏面は、第1次〜第3次まではオリンピックのエンブレムで、第4次はパラリンピックのエンブレムとなっています。

2002FIFAワールドカップ1万円金貨幣

年銘平成14年
図柄<表>選手とストライプ
<裏>エンブレムと桜と虹とボール
品位K24
直径26.0mm
量目15.6g

日韓共同で開催された17回目のFIFAワールドカップ時の記念金貨です。発行枚数は5万枚。

千円銀貨、500円ニッケル黄銅貨も同時に発行されています。

アジアで行われた初のワールドカップで、日本代表がベスト16まで勝ち進みました。サッカー好きのコレクターにとっては、たまらない金貨ではないでしょうか。

2005年日本国際博覧会1万円金貨幣

年銘平成16年
図柄<表>地球とその自然と地球にすまう生命(コノハズク)
<裏>博覧会シンボルマークと大地
品位24K
直径26.0mm
量目15.6g

2005年、名古屋にて万国博覧会「愛・地球博」が開催されたのを記念して発行された記念金貨です。発行枚数7万枚。

21世紀初の万博で、1970年に開催された大阪万博以来、日本では2回目となる大規模な国際博覧会となりました。

ラグビーワールドカップ2019日本大会記念1万円金貨幣

年銘平成31年
図柄<表>ウェブ・エリス・カップとラグビーボール
<裏>トーナメントマークと桜花
品位24K
直径26.0mm
量目15.6g

2019年に日本で開催されたラグビーワールドカップを記念して発行された記念金貨です。発行枚数1万枚。千円銀貨も同時に発行されています。

日本で空前のラグビーブームを生み出し、大いに盛り上がったのが本大会です。

この金貨の裏面に描かれた桜花は、他の金貨のデザインでは見られない虹色の発色で描かれています。

1万枚の発行部数に対して32万を超える応募があった入手困難な記念硬貨で、希少価値が高いです。

郵便制度150周年記念1万円金貨幣

年銘令和3年
図柄<表>我が国初のポストである書状集箱と郵便物搭載作業風景
<裏>旧東京中央郵便局入口
品位24K
直径26.0mm
量目15.6g

日本の郵便制度が1871年(明治4年)に開始され、2021年4月で150周年を迎える節目を記念して発行された記念金貨です。発行枚数は2万枚。千円銀貨も同時に発行されています。

郵便制度150周年記念1万円金貨幣は発行枚数が少ないことから、希少価値が高くなりやすい金貨といえます。

近代通貨制度150周年記念1万円金貨幣

年銘令和3年
図柄<表>「圓」の文字と「菊と桐」
<裏>現行通常貨幣(6貨種)の図柄
品位24K
直径26.0mm
量目15.6g

日本の代通貨制度が1871年(明治4年)に始まってから、2021年6月で150周年となることを記念して発行された記念金貨です。発行枚数は2万枚。

近代通貨制度150周年を記念する硬貨には、5千円金貨、千円銀貨もあります。

明治4年の新貨条例により金本位制を基本とした通貨制度が制定され、現在でも使用されている「円」が誕生しました。

近代通貨制度150周年記念5千円金貨幣

近代通貨制度150周年記念5千円金貨幣は、日本初の5千円金貨です。

発行枚数は1万円金貨幣同様に、2万枚。

年銘令和3年
図柄<表>「圓」の文字と「菊と桐」
<裏>現行通常貨幣(6貨種)の図柄
品位24K
直径20.0mm
量目7.8g

沖縄復帰50周年記念1万円金貨幣

年銘令和4年
図柄<表>首里城正殿と琉球舞踊「四つ竹(ゆちだき)」
<裏>伝統工芸「紅型(びんがた)」
品位24K
直径26.0mm
量目15.6g

沖縄復帰50周年を記念して発行された金貨です。発行枚数は2万枚。千円銀貨も発行されています。

沖縄は終戦後にアメリカ軍によって占領されましたが、1972年5月に日本の一部として復帰しました。このときから50周年を迎えるに当たり、発行されたのがこの金貨です。

記念金貨をネットオークションで売るには注意が必要

ネットオークションは入札者が競り合うことにより、価格が決定される仕組みです。

そのため、高価格で売れる可能性を秘めていますが、その逆もまた然りです。

ネットオークション記念金貨を出品するには他にもいくつか注意点があるので、これについて説明します。

金貨は額面以上の価格で取引してもよいのか?

記念金貨の取引に関して、額面を超える価格での取引が合法か疑問に思う方も少なくないでしょう。

ネットオークションで一般の人が額面を上回る価格で取引を行っているのを見ると、違和感を覚えるかもしれません。

しかし、このような取引は合法です。

実際、造幣局自体が記念金貨を額面よりも高い価格で販売しており、個人間での取引も問題視されることはありません。

ただ、金貨の取引が商売上の取引となる場合は注意が必要です。商売として記念金貨を売買する際は「古物商」としての許可が必要になるからです。

そのような点を除けば、記念金貨を額面以上の価格で個人間で取引すること自体は、合法です。

金貨は郵送で送れる?

ネットオークションで無事に取引ができても、金貨を郵送する際には注意を要します。

記念金貨などの硬貨は貨幣としての価値が残っており、普通郵便での発送は違法となるからです。

金貨を郵送する場合、必ず「現金書留」を利用する必要があります。

取引そのものには違法性はありませんが、その後の発送方法に関しては法的制約があるため十分に注意しなくてはなりません。

ちなみに、古銭のように現代では貨幣としての価値がないものは現金扱いにはならないため、普通郵便でも問題なく発送可能です。

郵送上のリスクを抱えることになる

記念金貨は高い価値を持っているため、郵送中の事故や盗難、紛失などによって大きな被害となるリスクがあります。

郵送の過程で数多くの人の手を経由するため、貴重な金貨が無事に落札者のもとへ届くまで、出品者としては常に不安を感じることとなりやすいです。

ネットオークションでの取引は便利である反面、このようなリスクをしっかりと考慮する必要があります。

本来の価値より低くなる可能性がある

ネットオークションに記念金貨を出品すると、多くの人に閲覧されるため、売りたいときに素早く売却ができます。

しかし、記念金貨の真の価値を判断できない落札者の場合、本来の価値よりも低い価格をつけられ、意図せぬ低価格で売却してしまう可能性があります。

また、入札者が少なければ、価格が低いまま落札されてしまうことも考えられます。

さらに、出品者自身が金貨の適正な価値を把握していない場合、低い開始価格を設定してしまい、それが落札価格となることもあるでしょう。

このような状況を避けるためには、金貨の発行背景、発行枚数、保存状態などの専門知識が不可欠です。

出品を検討する際は、専門家への相談や市場価値の調査が重要要となります。

記念金貨の高価買取を成功させるポイント

記念金貨は、特別なイベントが行われる際に発行される特別な金貨です。

この記念金貨の価値を最大限に活かすためのポイントについて説明します。

金相場をチェックする

金の価格は、日々変動しています。

ここで紹介した記念金貨は、通貨としての側面に加え、金という素材としての側面もあるため、その価値は金相場に大きく左右されます。

純金(K24)ともなれば、金相場の影響がさらに大きくなるのは想像に難くないでしょう。

そのため金価格の動向を知ることは、記念金貨の適切な売却時期を判断する上で重要です。

金相場の最新情報は、新聞の経済面や専門の金価格情報サイト、さらには銀行や証券会社の公式サイトで確認することができます。

良い保存状態を保つ

金貨の価値は保存状態に大きく左右されるため、金貨に傷や汚れがつかないようにすることが、高価買取のカギとなります。

金貨はコイン専用の収納ケースやアルバムに入れて保管するのがおすすめです。また、不用意に取り出すなどして、傷や錆びの原因を作らないことが大切です。

金貨を磨く際には、通常の洗浄液や薬品は使用すべきではありません。金貨の表面をすり減らしたり、微細な傷をつける原因となります。

銀行で両替しない

記念金貨は多くの場合、額面以上の価値があるため、通常の貨幣として使用するのはおすすめできません。

確かに記念金貨は、他の貨幣と同様に商品の購入で使用することができます。銀行で両替をすれば、自動販売機などでも利用できるようになるでしょう。

しかし、記念金貨は額面以上の価格で取引される可能性が大いにあるため、貨幣としての使用では、その価値を十分に反映できない可能性が高いと言わざるをえません。

記念金貨の買取ならうるココにご相談ください

記念金貨の買取について紹介しました。

日本ではさまざまな記念金貨が発行されており、コレクションとしても投資目的としても魅力的です。

買取において、記念金貨の価値は発行枚数や保存状態、金相場などに大きく影響を受けます。

特に金相場は上昇し続けていることから、高値で取引できる状態が続いているといえます。

もしいずれかの記念金貨をお持ちであれば、一度お気軽に査定をお申し込みください。

それが記念金貨の価値を知るための簡単な方法です。

査定後に必ずしもお売りいただく必要はありません。また、金貨以外の査定も大歓迎です。

得する人は、気兼ねなく買取を利用されています。ぜひ、お見逃しなく。

>> 金貨買取について詳しく見てみる

関連カテゴリー

うるココ鑑定団

関連するコラム