金買取なら
まとめるほどお得な
「うるココ」へ

選べる4つの無料査定 選べる4つの買取
コラム

金価格は今後どうなる?相場を変動させる5つの要因と今後の予想を解説

イラスト コイン 男性

金価格は近年、上昇してきているといわれています。

「金価格の上昇について、実際のところどうなの?金の価格動向を知りたい」

「金を売る最適なタイミングを知りたい」

「金を売却するときにどんなことを考えたら良いのか知りたい」

老後や子どもの将来のために、手持ちの資産を上手に活用したい。けれど、「売りに出すタイミングはどうしたら良いの?」と何から考えたら良いかわからない人も多いのではないでしょうか。

けれども、大丈夫です。金価格が変動する背景や確認するポイントをおさえていけば、金をうまく売却できます。

そこで、本記事では以下のような内容を説明します。

  • 金価格の今後の予想
  • 金価格が変動する背景
  • 金価格を売却するために知っておきたいポイント
  • 買取業者の選び方と、おすすめの買取業者

本記事を読めば、金の今後の動向を理解でき、うまく活用するための判断ができるようになるでしょう。ぜひ本記事を参考にして、自分なりに上手に活用する方法を探してみてください。

「大量」「大きい不要品」「運ぶのが面倒」なら出張買取!
全国無料出張買取の詳細はこちら
目次

【2018~2023年】金価格の相場推移と今後の予想

金価格の相場は近年上昇しています。金価格の相場推移を把握することは、金売買の取引や投資の際の、ひとつの判断材料になります。ここでは、近年における金価格の相場推移のグラフをもとに、今後の予想をしていきます。

金価格の相場(円/1グラム)
2018年4,543/グラム
2019年4,918/グラム
2020年6,122/グラム
2021年6,402/グラム
2022年7,649/グラム
2023年9,576/グラム(6月14日現在)

金価格の相場について、過去のグラフを見てみると、上昇し続けていることがわかり、長期的な視点では上昇していくことが予想されます。

金は工業製品の各種部品やアクセサリー用途、貴金属などにも使われており、私たちの生活になくてはならない存在です。さらに世界中にある量が決まっているとされ、採掘できる場所が限られています。その中で金を求める人が多ければ、金価格の相場は上昇していくといえるでしょう。

今後、金の採掘技術も上がり、今まで掘ることのできなかった海底などで、採掘できる可能性もあります。海底の鉱山を採掘するには、それだけコストもかかります。かかるコストも金価格に影響を与えるので、そういった点を踏まえても、金価格の相場は、これからも上昇を続けていくと考えられます。

一方、短期目線での売買はあまりおすすめできません。金価格の相場は、数多くの要因で変動します。そのため、値動きを予測するのはプロの投資家でも困難です。投資家としての経験や、特別な知見がない場合は、短期ではなく長期目線での投資判断が賢明です。

「大量」「大きい不要品」「運ぶのが面倒」なら出張買取!
全国無料出張買取の詳細はこちら

金価格を変動させる5つの要因

金価格の相場について、これからも上昇が予想できますが、一概にはいえません。価格が変動する要因もいくつか存在し、それらが合わさると、金価格の相場はもちろん下落してしまいます。ここでは、金価格を変動させる5つの要因について、詳しく説明していきます。

「大量」「大きい不要品」「運ぶのが面倒」なら出張買取!
全国無料出張買取の詳細はこちら

世界規模の金融危機による不安

世界の経済状況が不安定だと金価格は上昇し、経済状況が安定していると金価格は下落していきます。

金が「有事の金」と呼ばれる理由は、戦争やテロ、紛争などの急激な景気混乱が生じると、人気が上がるためです。人気が上がる理由は、投資家は万が一に備えて、資産が目減りしないために、現物である「金」を欲しがる傾向が強くなるからです。

世界規模で金融の危機に見舞われた際に、安心材料として金を所持しておきたいと思う人が多くなることで、金の人気が上がるのです。反対に、経済状況の安定は、人々の危機感を薄れさせ、人気も後退し、金の価格が下落するということです。

各国の政策金利の変動

金価格の変動には、「政策金利」が大きく関係しています。政策金利とは、各国の中心となる金融機関の中央銀行が設定する金利のことです。

経済的に不景気になると、国を支えるために、中央銀行は政策金利を下げます。政策金利を下げると、銀行にお金を預けても得にならず、預けない人が増えていきます。世に通貨の流通が増え、通貨の価値が下がることで、金の価値が高くなり、相場が上がるという傾向になります。

政策金利による通貨の価値の変化が、金価格へ影響していくという関係になります。

金に対する需要と供給のバランス

金を欲する人と、金の生産量のバランスが相場を左右します。採掘量に限りがあるにもかかわらず、投資家のように金を欲する人々が増えれば、当然のように金の価格も上昇していきます。

また、現代の技術向上により、金の生産量も上がっています。しかし、それ以上に需要が上回っているため、金の価値と価格が上がり続けているのです。仮に供給量が増えれば、金の価値と価格も下がることになります。

需要と供給のどちらかが高くなり、どちらかが低いと、金価格の相場に大きく影響を与えます。つまり、需要と供給のバランスが、金価格の変動を起こすのです。

世界基軸通貨米ドル価格による影響

米ドル価格は、金価格の相場に大きく関わります。米ドルは世界で最も信用度の高い「基軸通貨」と呼ばれてます。米ドルと金価格は逆相関関係があるといわれ、米ドル価格が高いと金価格は下落し、米ドル価格が低いと金価格は上昇します。

アメリカが好景気になるとドルの価値が上がり、不景気だと下がります。投資家は、好景気の際には金ではなくドルを買い、他の投資商品を買って運用しようとするため、金価格は下落。一方で、不景気の際には、そのものに価値のある金の人気が高まり、金価格が上昇するという関係になります。

世界で最も信用度の高い米ドルは、その信用度から、金価格の変動に強く関係しているのです。

「金・ドルの相関関係とは」の記事も参照ください。

戦争や国際関係などの地政学リスク

戦争や紛争、テロなどによって、特定の国や地域が不安定になる状態を地政学リスクと呼びます。地政学リスクが高まると金価格の相場も上昇する傾向にあります。

戦争やテロが起きると、今後が不安になりますよね。そういった不安から、安定資産である金を買っておこうという思考にいたる人々が多くいます。そのため、金の需要も高まり、相場上昇につながります。

反対に、地政学リスクが低く、世の中が平和になると、金の需要も低くなり、相場も下落します。地政学リスクが引き起こす人々の心理の変化が、金価格にも影響を及ぼします。

「大量」「大きい不要品」「運ぶのが面倒」なら出張買取!
全国無料出張買取の詳細はこちら

金価格がなぜ上昇しているのか

2018年からの相場を見ていくと、1年に1グラム1,000円以上も高騰している年もあります。2023年6月現在は、1グラム9,000円台にも昇り、今後の金価格は1グラム10,000円台に差しかかる勢いで、上昇を続けています。

金価格が変動する要因について説明してきました。なぜ今、金価格が上昇しているのか、理由を解説していきます。

「大量」「大きい不要品」「運ぶのが面倒」なら出張買取!
全国無料出張買取の詳細はこちら

新型コロナウイルス感染症の流行による経済危機

新型コロナウイルスは2019年に中国で感染報告があり、日本では2020年に流行しました。2023年に入り、感染症法上の位置付けが第5類に移行したものの、終息したとはいえない状況です。

新型コロナウイルスによって、世界は経済危機に直面し、現在も終息のめどが立たず、経済の動向が不安定です。そこで、多くの投資家が、再び金を求めるという状況がおき、金価格の上昇につながっています。

新型コロナウイルス自体に、金の相場上昇の直接的な因果関係はありません。これだけ長期に渡って世界を脅かしているため、間接的に影響を与え続けているといえるでしょう。

ロシアのウクライナ侵攻による経済不安

最近、ニュースでも目にすることの多い、ロシアのウクライナ侵攻。2022年に発生したこの戦争は、経済に大きな影響を及ぼしました。実際に日本でも、ロシアからの物品輸入を禁止するなどして、電気やガスの料金が上がり、さまざまな商品の物価が上がりました。

日本以外の複数の国でも日本と同様の状況となり、通貨の価値が下がったことで、安定資産である金の価値と価格が上昇したのです。

世界の情勢が不安定になることで、通貨や株式の価値が下がり、投資家は金を購入します。現在も続くロシアのウクライナ侵攻は、金価格の上昇が続いている、ひとつの理由です。

円安による為替影響

2022年からは円安、ドル高の状況が続いており、その影響も金価格の上昇が続いている理由です。

円安とは、円の価値が下がることです。例えば1ドル100円だったものが、1ドル150円に上がったとすると、円安になったと言えます。

日本で金を売買する際は、一度、米ドルから日本円に換金して取り引きする必要があります。円安の状態で米ドルを日本円に換金すると、価格が高くなりますよね。つまり、円安が進むことで、日本で金を売ると価格が高くなり、金価格が上昇するという仕組みです。円安による為替の影響も、金価格が上がり続けている理由です。

「大量」「大きい不要品」「運ぶのが面倒」なら出張買取!
全国無料出張買取の詳細はこちら

金価格は下落する可能性ある?相場を下落させる3つの要因

現在も金価格は上昇しており、今後も上がり続けていくことが予想されます。しかし、予想とは裏腹に、金価格が暴落する可能性も考えられます。こちらでは、金価格が下落する要因について詳しく解説していきます。

「大量」「大きい不要品」「運ぶのが面倒」なら出張買取!
全国無料出張買取の詳細はこちら

世界経済が安定し好景気に転じた場合

世界経済が安定し、好景気に転じた場合は、金価格が下落する可能性があります。現在は、新型コロナウイルスやロシアのウクライナ侵攻などの影響で、経済が不安定な状況です。経済が打撃を受けている状態では、金価格の相場は上がるという話をしてきました。

反対に、新型コロナウイルスと、ロシアのウクライナ侵攻のそれぞれが終息に向かえば、経済が安定していくことも想定できます。

金は株式や債券と違って利息がつかないため、経済の安定によって金利が上がると、金の人気が落ち、相場が下がる可能性があるのです。

金需要が低下した場合

金の需要が低下した際にも、金価格の下落につながります。金需要と供給のバランスのところで、供給量に限りのある金に対し、需要が高まっている現在は、金の価格が上昇しているという話をしました。

今のところ、地球上で採掘できる金の量は限られているということでしたが、まだ発見されていない金鉱山が見つかるかもしれません。このような状況で、急激に金の採掘量が増えると、供給量が上回り、金の価格が下落します。

また、新型コロナウイルスの影響により、電子部品が不足した時期がありました。電子機器の内部に使われている金メッキなどの需要も減少し、再度同じ状況に陥ると、金需要が低下します。

政策金利が上昇し通貨の価値が上がった場合

金価格が下落する可能性のひとつとして、政策金利が上昇することが挙げられます。

政策金利が上昇すると、人々は銀行に通貨を預け、市場に出回る通貨も減少します。通貨の流通の活気がなくなると通貨の価値が上がります。そうなったとき、金利のつかない金を購入するよりも、他の投資商品を買って運用する方が利得になるので、多くの人は金に目が行かなくなるのです。

人々の思考を探れば、政策金利の上昇も、金価格の下落に大きく影響することがわかります。中央銀行が設定する金利ですから、それだけ影響力もあるということです。

「大量」「大きい不要品」「運ぶのが面倒」なら出張買取!
全国無料出張買取の詳細はこちら

金を売却するなら知っておきたい重要ポイント

貴金属やジュエリー、手持ちの資産を売却する際には、買取業者に買取ってもらうことが一般的です。大事な資産ですから、高値で買取ってもらいたいと、誰もが思うことでしょう。ここでは、金を売却する際に確認しておくべきポイントを紹介していきます。

「大量」「大きい不要品」「運ぶのが面倒」なら出張買取!
全国無料出張買取の詳細はこちら

ポイント①金価格相場の最新情報

はじめに、金価格の相場を確認しておきましょう。買取業者の中には、相場よりも安い価格で買取りしているところもあります。金価格の相場を把握しておくことによって、そういった業者を見抜け、適正な価格を自らで判断できます。

相場の確認ができたら、次に、所持している金の「純度」と「重量」もチェックしましょう。純度は金製品に刻印されていることが多く、K24からK10とあります。数値が大きいほど純度が高く、純度が高いほど、高値で買取ってもらえます。

重量については、0.1グラムの違いでも価格が上下するため、なるべく細かく計量できるもので計ることが大切です。それぞれチェックすることで、出された見積もりと比較し、判断する材料にするとよいでしょう。

ポイント②金売却に最適なタイミング

金売買は、金が安い時に買い、金が高い時に売るのが鉄則です。金価格の相場は主に以下のような状態の時に大きく変動します。

  • 米ドルが下がった時
  • 地政学リスクが高まり、経済的に不安定になった時
  • 円安の時

上記のようなタイミングは、金の売りどきです。世界の情勢により、金価格が変動することがわかりましたが、実際に世界情勢を完璧に把握することは難しいです。今は新聞やニュースなどで、相場をグラフで確認できるチャートがあるため、これらを活用するとよいでしょう。チャートを確認し、最適なタイミングを見つけましょう。

ポイント③高く買取りしてくれる専門業者の情報

高値で買取りしてくれる専門業者もチェックしておきましょう。専門業者をチェックするときのポイントは以下の通りです。

  • 買取実績があるか
  • 実店舗があるか
  • 買取方法の説明対応がしっかりしているか
  • ネットによる評判や口コミ

買取実績がある業者は、それだけ信頼ができると考えてよいでしょう。最近では宅配買取を取り入れている業者が多くあります。現金振り込みがなかったり、返品制度がないというトラブルの事案が複数あるため、実店舗があるかどうかもひとつのポイントです。

買取方法の説明をしっかりしてくれるかどうかも、おさえておきましょう。こちらの質問に対して濁して返答してくるような業者は避けましょう。よい業者は細かく丁寧に教えてくれます。問い合わせた際のメールや電話の内容も、ひとつの判断材料となるため、よくチェックしておきましょう。

ポイント④金売却に必要な書類と事前準備

金売買の際には、本人確認書類が必要です。古物営業法という法律により、本人確認義務が定められているため、買取業者から本人確認書類の提示を求められます。必要書類として一般的に求められるのは、以下のような書類です。

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 住民票
  • 住民基本台帳カード
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 学生証

以上の書類を事前に準備しておけばおおむね大丈夫ですが、買取業者によって必要書類が異なるため、念のためホームページで確認しておくことをおすすめします。

必要に応じて「金買取時の身分証明書」についての記事もご覧ください。

ポイント⑤金の売却時にかかる税金と節税方法

金の売却で得たお金は「譲渡所得」となり、譲渡所得税がかかります。譲渡所得税は、譲渡所得の控除額50万円と、金の取得の際にかかった費用を差し引いた額に課税されます。

50万円の特別控除があるため、そもそも売却益が50万円に達していなければ税金はかかりません。譲渡所得税の課税額は、以下のように算出されます。

  • 所有期間が5年以内 → (譲渡益 − 特別控除)× 税率
  • 所有期間が5年以上 → (譲渡益 − 特別控除)× 税率1/2

 ※譲渡益=(売ったときの金額)− (購入したときの金額)

所有期間が5年以上のものだと、税率が半額になるため、節税できます。「金を売るときの税金」についてもご覧ください。

「大量」「大きい不要品」「運ぶのが面倒」なら出張買取!
全国無料出張買取の詳細はこちら

金の買取ならうるココにご相談ください

金の売買に悩まれている方は、うるココにご相談ください。うるココは査定料が無料であることはもちろん、ほかにはない多様な買取システムが整えられ、自分に合った査定方法を選べます。破損箇所があっても、買取対象にしてくれる場合があるのも嬉しいポイント。そこで、買取業者うるココの良さや強みについて解説していきます。

「大量」「大きい不要品」「運ぶのが面倒」なら出張買取!
全国無料出張買取の詳細はこちら

まとめ売りで買取額アップ

うるココの強みは、まとめ売りをすることで買取額が高くなることです。査定額がつくのは高級品やブランド品だけではなく、あらゆるアイテムにも高額商品が潜んでいます。うるココは多くの品目を取り扱っているため、ジャンルやブランドが様々でも、まとめて買取いたします。

買取金額は時期や商品状態、買取強化の状態によっても変動します。ホームページから実施中のキャンペーン情報を確認してみてください。

国外から買い付けに来るバイヤーと複数提携

うるココは他店と比べて、ブランド品を高額査定できる強みがあります。うるココは本物と偽物を見抜く力が高く評価されており、安心と信頼から、主に中国や東南アジア、アメリカなどの国外のバイヤーが多く買いつけにきます。

国外のバイヤーは高額でも躊躇なく買いつける傾向があるため、円安でも提携が途切れることがありません。そのため、国内の一般のお客様から高値で買取っても、事業が成り立つというカラクリがあります。これが、うるココが高額査定ができる、他にはない理由で、最大の強みです。

即日現金買取

うるココのよいポイントは、即日で現金買取してくれるところです。中には1点だけで数千万円もする宝石や、高級時計の買取も実績豊富です。さらに、法人取引の実績も多くあります。いつでも高額買取ができる状態となっているため、即日で現金買取に対応してくれるということです。

うるココは、どうして即日で現金買取に対応しているのか、業者の内情を包み隠さず公開しています。そういった点も信頼できますよね。即日で現金買取に対応している業者も中にはいますが、安心して換金できる、うるココがおすすめです。

多少の傷や汚れは「なかったコト」にして査定

所有年数が長いものなどは、品物の状態によって査定額が大きく変動します。傷があるために、買取してもらえないケースも多くあります。しかし、うるココは傷や汚れがあっても、クリーニングできれいになる程度なら「なかったコト」として査定してくれるのです。

うるココのスタッフが徹底的にクリーニングしてくれるのも、おすすめポイントです。自分で無理にクリーニングしようとすると、余計に傷つけてしまったり、新たな傷を作ってしまうリスクがあるため、専門のスタッフにクリーニングしてもらった方が安心ですね。

多様な査定・買取方法

うるココは他店にはない豊富な査定方法と、買取方法があります。うるココの査定方法と、買取方法の種類は以下になります。

査定方法

  • 無料出張査定…査定員が直接、品物の状況と状態を確認
  • LINE査定…24時間受付しており、画像を送るだけの査定
  • ビデオ査定…ビデオ通話で商品を映すだけの査定
  • Web査定…商品情報をフォームに入力し、5分で申込完了

買取方法

  • 出張買取…専門の査定員による自宅への無料出張
  • 宅配買取…配送保険付きの品物を送るだけ
  • 店頭買取…来店後、その場で査定し、即日現金払いに対応
  • 大型品持込買取…倉庫に品物を持参し、買取対応

上記のように、査定方法と買取方法が多様なため、自分の状況に合った方法を選べます。

「大量」「大きい不要品」「運ぶのが面倒」なら出張買取!
全国無料出張買取の詳細はこちら

まとめ

これまで、金価格の今後の予想や変動していく背景、金売買のポイントなどを説明してきました。以下が、本記事の要点をまとめたものです。

  • 金価格の相場は上がり続けている
  • 世界情勢によって金の価格は変動していく
  • 金価格の相場は現在の状況を踏まえても、今後上昇を続ける見込み
  • 経済不安が続く今は、金の価格が急激に下落することは考えにくい
  • 買取業者で迷っている方は「うるココ」がおすすめ

新型コロナウイルスや、ロシアのウクライナ侵攻の終息のめどが立たない今、急に金価格が下落することは考えにくいです。むしろ、金価格が10,000円に差し掛かる勢いで上昇を続けていくことでしょう。

金売買は、金価格が高騰している今が狙い目です。金を所有していて換金を考えている方は、本記事で紹介したポイントをおさえ、買取査定を依頼しましょう。

うるココでは無料査定や、まとめ売りでの買取アップも行っております。

ぜひ、うるココへご相談ください。

「大量」「大きい不要品」「運ぶのが面倒」なら出張買取!
全国無料出張買取の詳細はこちら

関連カテゴリー

うるココ鑑定団

関連するコラム