金買取なら
まとめるほどお得な
「うるココ」へ

選べる4つの無料査定 選べる4つの買取
コラム

ウィーン金貨の買取価値とは?高価買取ポイントを押さえる

ウィーン金貨 買取

世界3大金貨のひとつであるウィーン金貨は、世界的に高い人気を誇る金貨です。

オーストリア政府がその品質を保証するウィーン金貨は、音楽の都であるウィーンらしく、芸術的な楽器がレリーフされているのが特徴です。

本記事で、ウィーン金貨の種類や金貨の買取ポイントを押さえ、上昇を続ける金価格の恩恵を受けられる準備を進めてください。

「大量」「大きい不要品」「運ぶのが面倒」なら出張買取!
全国無料出張買取の詳細はこちら
金貨を高く売るならうるココで!
金貨買取の詳細はこちら
目次

ウィーン金貨とは

ウィーン金貨とは、オーストリア造幣局によって発行されている地金型金貨です。

1989年から毎年発行されており、品位は99.99%以上の純金で作られています。

ウィーン金貨には4種類あり、1オンスの額面は100ユーロです。

2004年には発行から15周年を記念し、1000オンス金貨が世界限定15枚で製作され、世界最大の金貨としてギネスブックにも認定されました。

800年以上の歴史を持つオーストリア造幣局から発行されるウィーン金貨は、ヨーロッパや日本をはじめとした世界中で高い信頼を持ち、その価値から金や地金よりも高い取引価格で取引されています。

「大量」「大きい不要品」「運ぶのが面倒」なら出張買取!
全国無料出張買取の詳細はこちら
金貨を高く売るならうるココで!
金貨買取の詳細はこちら

ウィーン金貨は音楽がテーマ

ウィーン金貨は「ウィーン金貨ハーモニー」とも呼ばれます。

その名の通り、ウィーン金貨はオーストリアの代表的な文化である「音楽」をテーマとし、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の使用する楽器が描かれています。

金貨の表面に描写されているのは、楽団の本拠地であるムジークフェライン(楽友協会)のパイプオルガンです。

裏面には、オーケストラを象徴するように、ウィンナホルン・ハーブ・チェロ・ビオラ・バイオリン・ファゴットという6つの管弦楽器がデザインされています。

1000オンスのウィーン金貨も、同様のデザインが採用されています。

ただし、通常の金貨と同じ鋳造機では製造できないため、緻密な設計を基にコンピューターと手作業を組み合わせ、オーストリア造幣局の技術を結集して発行された経緯があります。

「大量」「大きい不要品」「運ぶのが面倒」なら出張買取!
全国無料出張買取の詳細はこちら
金貨を高く売るならうるココで!
金貨買取の詳細はこちら

ウィーン金貨の種類(一覧)

発行元オーストリア造幣局
発行年1989年
品位K24
種類1oz・1/2oz・1/4oz・1/10oz
質量31.1g
直径37.0mm・28.0mm・22.0mm・16.0mm
額面(ユーロ)100・50・25・10

ウィーン金貨は、通常サイズのものが4種類あります(上記の表に記載)。

  • 100ユーロの1oz:37.0mm・31.1g
  • 50ユーロの1/2oz:28.0mm・15.5g
  • 25ユーロの1/4oz:22.0mm・7.7g
  • 10ユーロの1/10oz:16.0mm・3.1g

また、これらに加えて「10万ユーロの1000oz:37cm・31.1kg」の限定品もあります。

2004年当時、世界最大のウィーン金貨は約6千万円で販売されました。

以上のように、ウィーン金貨は通常サイズ4種類と、それらより大きいサイズの合計5種類のラインナップとなっています。

主要な金貨の16種についても参照してください。

「大量」「大きい不要品」「運ぶのが面倒」なら出張買取!
全国無料出張買取の詳細はこちら
金貨を高く売るならうるココで!
金貨買取の詳細はこちら

ウィーン金貨の買取における価値について

ウィーン金貨は、美しいデザインと楽器のレリーフが特徴の地金型金貨として知られています。

高純度の99.99%の金で作られており、品質と純度の面で信頼性は高いです。また、歴史あるオーストリア造幣局によって発行されているため、その信頼性はさらに強化されています。

これらのことから、ウィーン金貨は投資用の資産としてだけでなく、コレクションの対象としても高く評価されているのです。

また、ウィーン金貨には同じデザインで、純度99.95%以上を誇る純プラチナ製1ozコインも存在します。プラチナは希少な素材で、高い資産価値もあります。

「大量」「大きい不要品」「運ぶのが面倒」なら出張買取!
全国無料出張買取の詳細はこちら
金貨を高く売るならうるココで!
金貨買取の詳細はこちら

ウィーン金貨の買取はどこでできる?

ウィーン金貨の買取は、信頼できる買取業者がベストです。

オークションサイトやフリマアプリも金貨を売る選択肢となりますが、個人間の売買となるため金貨の知識に乏しい買い手の場合、適切な価格で売れない可能性があります。

全国展開しているリサイクルショップなどもありますが、金貨の価値を見定められる専門家がいることは期待しにくく、おすすめできません。

そこで、金貨の知識や買取実績を持った買取業者がおすすめとして挙げられます。

買取業者の査定士なら金貨本来の価値を適正に判断し、買取額を提示することが可能です。

買取業者も多岐にわたるため、高い専門知識や安心できる人柄など、信頼できそうな業者を見つけるのが重要なプロセスとなるでしょう。

「大量」「大きい不要品」「運ぶのが面倒」なら出張買取!
全国無料出張買取の詳細はこちら
金貨を高く売るならうるココで!
金貨買取の詳細はこちら

ウィーン金貨の高価買取ポイント

ウィーン金貨をなるべく高く買い取ってもらうためのポイントを、3つ紹介します。

  • 金の相場を確認する
  • 適切に保管する
  • 付属品を揃える

それぞれ説明します。

少し手間をかけ、注意を払うだけで買取額を有利な方向に持っていけることもあるので、最低限のポイントはつかんでおきましょう。

金の相場を確認する

金は高騰を続けています。ウィーン金貨の高価買取を希望する場合、金の相場を確認することは極めて重要です。

金の価格は絶えず変動しているため、日常的に値動きを確認し、最も有利な売却タイミングを見極める必要があります。

買取業者のサイトでは、金の価格推移が毎日更新されるグラフや表として公開していることがあるため、そのようなデータも参照するとよいでしょう。

また、金の価格は単に国際市場の動きだけでなく、経済状況にも影響を受けます。

例えば、円安やインフレが予想される時期には、物価の上昇とともに金の価格も上昇する傾向があります。

このような経済のマクロな動きを考慮し、日常的にニュースなどで最新の情報をチェックすることも、ウィーン金貨をより高価に売却するための鍵となるでしょう。

適切に保管する

ウィーン金貨を高価で買い取ってもらうためには、その保管状態も重要な要素となります。

金貨の表面が皮脂や汚れによって損なわれると、その価値は必然的に低下してしまいます。

日常的な管理においては、金貨に直接触れないよう注意し、皮脂汚れを防ぐようにしましょう。

査定の際には、金貨に付着した汚れを柔らかい布で優しく拭き取り、触りたくなるほど輝きを保った状態にすることが望ましいです。

金貨の適切な保管方法も押さえておいてください、

付属品を揃える

金貨に添付されるケースや証明書などの付属品は、その信頼性を高めるのに有効です。

付属品がしっかりと揃っていると、それは商品が本物であることや、適正な品質を有していることを保証するものとして受け取られ、買取業者からの評価が高まりやすくなります。

特に証明書は、その金貨の真正性や品質、純度などを明確に示すものであり、これが存在することで商品の信頼性が大きく向上します。

また、オリジナルのケースに入った状態で査定に出せれば、さらに高価買取への道が開かれるでしょう。

「大量」「大きい不要品」「運ぶのが面倒」なら出張買取!
全国無料出張買取の詳細はこちら
金貨を高く売るならうるココで!
金貨買取の詳細はこちら

ウィーン金貨の買取ならうるココにご相談ください

ウィーン金貨についてお伝えしました。

ウィーン金貨などの金貨は、昨今の金価格の上昇を受け、買取価格も高値で推移する傾向が続いています。

購入額より高い金額で金貨を売って売却益を得たり、また売って得た資金で新しい金貨を購入したりするには、良い状態が続いているといえるでしょう。

そこで、実際にどれほどの価格がつくのか確かめる最短の方法は、査定を利用することです。

査定は電話やLINEで簡単にお申し込みいただけます。手間のかからない出張査定もおすすめです。

ここまでお読みになった機会に、ぜひうるココまでご連絡ください。お待ちしております。

「大量」「大きい不要品」「運ぶのが面倒」なら出張買取!
全国無料出張買取の詳細はこちら
金貨を高く売るならうるココで!
金貨買取の詳細はこちら

関連カテゴリー

うるココ鑑定団

関連するコラム