ブランド買取なら
まとめるほどお得な
「うるココ」へ

選べる4つの無料査定 選べる4つの買取
コラム

世界の四大宝石の価値を知る!

世界の四大宝石の価値はどのくらいあるのでしょうか?一挙にその価値をご紹介!

世界の四大宝石とそれらの価値はいったいどのようなものでしょうか?

まず、世界の四大宝石と呼ばれる宝石は、

  • ダイヤモンド
  • ルピー
  • サファイア
  • エメラルド

その価値の高さは、名前を聞いただけで宝石好きでなくてもわかると思います。

ここでは、世界の四大宝石とその価値についてご紹介していきます。

世界の四大宝石の筆頭!ダイヤモンド

もっとも美しく、もっとも人気のある宝石である誰もが認めるダイヤモンドは世界の四大宝石の筆頭といえる価値の高い宝石です。

「宝石の中の宝石」と呼ばれるダイヤモンドは、マリッジリングなど一生の記念になるジュエリーとしてもとても人気も価値も高い宝石です。

ダイヤモンド自体は昔から知られていたのですが、その硬さから加工が困難で長い間、宝石としては扱われていませんでした。

宝石としてのダイヤモンドは、15世紀にダイヤモンドを研磨する方法が発見され、17世紀にその美しさをもっとも引き出すブリリアンカットが発明されたことで、不動の評価と価値を得るようになりました。

ギリシャ語で「征服されざる石」という意味にその名が由来するダイヤモンドは、地球上でもっとも硬いことから「不屈の精神の象徴」でもあります。

ルビー

赤い宝石でも圧倒的な赤が宝石好きの目をひく世界の四大宝石の一つであるルビーは、ダイヤモンドと違い、原石が地中から出てきた瞬間にきらめくとも言われる宝石です。

ルビーは鉱物的にはコランダムに属し、そのコランダムに2%弱のクロムが混ざったとき赤いルビーになります。

実は、サファイアも同じコランダムですが、違うのはカラーだけで、

  • 赤い色のコランダム:ルビー
  • 他のカラーのコランダム:サファイア

となります。

世界の四大宝石のルビーの価値はその赤の色味が全てを決めます。

ミャンマーで採掘されるピジョンブラッド(ハトの血)と呼ばれる、赤が美しい最高級のルビーは有名ですね。

サファイア

世界の四大宝石の一つ、サファイヤの特徴は深い海の底のような静かな青にあり、見ているだけで心が落ち着く価値の高い宝石です。

「神の意志を伝える石」として、中世ヨーロッパでは歴代のローマ法王や聖職者たちが崇拝していました。

サファイヤの深い青は、赤いルビーと対照的ですが、前述の通り鉱物的には同じコランダムです。

クロムが混じるとルビー、チタンや鉄分が混じると青いサファイアになります。

ルビー以外のカラーはすべてサファイアになるので、サファイアは青だけでなく、

  • ピンク
  • オレンジ

など色味が豊富で価値も変わります。

世界の四大宝石のサファイアはラテン語で青という意味ですが、他カラーのサファイアは、ピンクサファイア、イエローサファイアなど色の名がつけられています。

世界の四大宝石のエメラルド

世界の四大宝石のエメラルドはクレオパトラが愛したとされる価値の高い宝石で、新緑があざやかな5月の誕生石でもあります。

エメラルドの緑は生命力があふれる力強さがあり、昔から宝石として愛されてきました。

世界の四大宝石のエメラルドは、クレオパトラが自分専用の鉱山を所有し、エメラルドに囲まれて生活をしたと言われるほど魅力的で価値がある宝石で、インクリュージョン(内包物)が多い宝石としても知られています。

お手持ちの世界の四大宝石の価値を調べてみませんか?

お持ちの世界の四大宝石がいったいどのくらいの価値が現在あるのか、一度査定を受けて把握しておくとよいでしょう。

宝石は世界の四大宝石とはいえ、業者によって査定額に差が大きくでます。

ですので、複数の宝石買取専門業者に査定を依頼し、その中から一番高い査定額をだす業者の価格を参考にするとよいです。

関連カテゴリー

関連キーワード

関連するコラム

コレいくら? 電話で聞いてみる

写真を送るだけ! LINEで無料査定